パーマのもちを良くする唯一の方法?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「コレってどのくらいもつの?」

パーマをかけたお客さんに
良くいただく質問なのですが

答えは知りません 苦笑

 

そんなものはあなたがもったと思うまでなので
僕が判断できることではない
ってのが本音ですが
そんなこと言ったら嫌われそうなのでお答えします

 

というか
普段の髪の毛の扱い方で変わってくるので
お答えするのが難しいってのが本当のところです

 

パーマのもちってどのくらい?

 

パーマもちは
髪の毛のダメージ具合や元々の髪質で
ほとんど決まります

 

髪質に関しては正直どーしようもないので
受け入れてもらうしかないわけで
大変お気の毒なのですが、中にはマジですぐとれちゃう方もいらっしゃいます。。。

 

で、髪質はコントロールできないわけですから
パーマのもちを良くしたいのであれば
できることはダメージの管理くらいです

 

例えばコチラの方

 

 

1年前にデジタルパーマをかけてるのですが
まだ毛先にパーマが残ってるのが確認できると思います

で、当然髪質もあるのですが
コチラのお客様、なるべくダメージをしないように
基本的にカラーはリタッチです(伸びてきた部分だけ染める)

 

ぶっちゃけ1度毛先まで染めたからって
とんでもないダメージをおうことはありませんが
チリツモです

 

月1で毎回毛先まで染めてる人と
半年に1回毛先まで染めるのとでは
徐々にダメージ具合も変わってきますし
パーマのもちに関しても無視できない要素です

 

まあカラーの色味
って部分ではリタッチでは毎回期待に応えられませんが
毛先のダメージは圧倒的に少なくなるので
パーマのもちは良くなるよってことですね

 

とはいえ流石に1年経てば
カールも出しにくいですから
デジタルパーマせてていただきました

 

 

 

プルンプルンに
キレイにかかったと思います

 

また1年後にパーマかけましょう

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です