広がる髪質の方が雑誌のモデルみたいなパーマスタイルができる唯一の方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

・髪の毛が広がってまとまらない
・雨の日なんかは2倍ほどに膨らむ

そんなときにパーマをかけたら
スタイリングが楽になるのではないだろうか?

と、パーマを選択肢の1つとして
考えることもあると思うのですが

やめておけ

と、全力でお伝えするのが僕の立場です 苦笑

 

もちろんクセや広がり具合によっては
パーマもなくはない選択かと思いますが

基本的に広がる髪の毛に
パーマという少なからず広がるメニューを施したら
余計に広がるのは当然の話なのです

単純な足し算

キャラメルフラペチーノに
チョコシロップ追加したら
もっと甘くなるのと同じですよ 苦笑

 

なので、広がりまくる髪質の方は
パーマでイケてるヘアスタイルをすることは
諦めてください

ましてや
あなたがやりたいと持ってくる
雑誌やインスタのモデルのように
映えちゃうようなパーマスタイルになんて
なるわけがございません

なぜなら髪質という
前提条件がまるで違うのですから
(そもそも雑誌やインスタのモデルに広がる髪質の人は皆無です

僕だってこんなこと言いたいわけではないけれど
残酷な話、広がる髪質にかけたパーマと
広がらない髪質にかけたパーマのクオリティは
天と地ほどの差。。。

これは紛れもない真実なのです

 

ということで
パーマなんてかけたら後悔しかありませんから
マジで無謀なことをするのはやめましょうね

今以上に広がって大変な思いをするのは
あなたなのですから

 

1つの方法をのぞいては。。。。

 

 

広がる髪質の方が雑誌のモデルみたいなパーマスタイルができる唯一の方法

 

ということで
広がる髪質の方はパーマを諦めろ
ということをお伝えしたのですが

今度は諦めるな
という話をします w

 

さっきも言ったように
基本的に広がる髪質の方がパーマなんてかけたら
さらに広がるのは当然の話なのですが

ある条件を満たしていれば
唯一広がらずに、しかも雑誌のモデルのような
パーマスタイルが出来る方法があるので
今回はそれをお伝えしたいと思います

 

雑誌のモデルみたいなパーマができる条件とは?!

ということでまずは早速
その条件ってのをお伝えしたいのですが

・セミロング~ロング
・痛みが少ない
・広がり具合により縮毛矯正

この3つになります

がんばれば誰でも満たせる条件でしょう

 

 

まず、髪の毛が長ければ長いほど
重たさで広がりが抑えられるってのは
良く言われることかと思いますが
その通りでございます

広がる髪の毛の方が
イケてるパーマをするなら
長いことが必須条件です

肩くらいのボブとかサイテーです w

ただでさえ肩に当たってハネやすいのに
そんなところにパーマしたら
スフィンクス確定です 苦笑

 

次に、これも当然な話なのですが
痛みが強ければ
そもそもキレイにパーマかからないですから
なるべく痛んでない状態が好ましい

広がるなら尚更のことです

 

そしてあまりにも広がるようであれば
やはり縮毛矯正は必須です。。。

広がる髪の毛を落ち着ける
最も有効な手段ですからね

広がる原因ってだいたいがクセ毛ですから
そのクセをどーにかしないと
落ち着くわけがなくって
その解決策は当然、縮毛矯正なわけです

 

 

ケーススタディ

 

 

広がりまくっておろせない。。。
結局いつもまとめてしまう
というお客様なのですが

例のごとくパーマをしたら
楽に下ろせるようになるかな?とのこと

 

で、さっきまで書いてきたように
このくらいの長さがあって(セミロング~ロング)
痛みがないようであればパーマも可能

そして実際にお客様の場合
その条件を満たしていますから
パーマしてもそこまで広がらずに
スタイリングも簡単に
パーマスタイルを再現できるでしょう

 

しかし、ヘアスタイルのクオリティを求めるのであれば
縮毛矯正は必須です

セットが楽になりたい
何となくパーマスタイルが楽しめればいい
ってのであればいいのですが

雑誌のようなパーマスタイルを求めるなら
広がるクセ毛をまずは
なんとかしなくてはなりません

 

 

 

ということで、お客様もそりゃ出来たら
モデルみたいなパーマスタイルしたいってことで

根元から毛先以外に縮毛矯正。
毛先にはパーマをさせていただきました

 

乾かすだけなので、スタイリングも楽だし
なにより広がる髪の毛とは
思えない仕上がりではないでしょうか

 

ということで、広がる髪質の方が
雑誌のモデルのようなパーマスタイルを
したかったら

セミロング以上の長さと
痛んでない髪の毛が必要で
場合によっては縮毛矯正が必須ですよ

ということでした

 

ぜひ参考に


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です