毛先のパーマや動きを残しつつの【縮毛矯正施術例】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正って言ってしまえば
クセをまっすぐにするだけの技術なのですが
実は色んなかけ方があります

 

例えば、前髪や生え際だけかける方法もあれば
表面だけかける方法もあります

要は気になる部分だけかけることが可能なわけです

 

もちろん、髪質や髪の毛の状態的に
全体にかけた方がいい場合もありますが

実際に気になる部分だけ
かけられる方も多くいらっしゃいます

 

そしてもちろん
毛先のパーマを残しながらの縮毛矯正も可能です

 

お客様ケーススタディ

 

 

約4カ月前に
毛先にデジタルパーマさせていただいているのですが
根元から中間にかけての
チリチリジリジリが気になるとのこと

確かにこの時期の湿度により
チリついたりもわって広がってしまうのはあるあるです

そしてその解決策で最も有効なのは縮毛矯正

 

数日〜数週間しか持たない
トリートメントなんかよりまじで効果的ですからね

よし!それはわかったと。。。

でも、せっかくかけたパーマは残したいんだよ!
矯正なんかかけたら
チリつきはなくなるのかもしれないけど
パーマがなくなっちゃうじゃないかよ!?

って思う方も
いらっしゃるようなのですが

毛先のパーマは残しつつ
縮毛矯正って全然できますからね

 

 

 

乾かしただけですけど
チリチリ部分はストレート
毛先はまるで問題なく動きが出ると思います

 

こういった技術は美容師からしたら
当たり前なのですが

「こんなことできるんだ」って
お客様もいらっしゃるので記事にしてみました

 

今回はパーマを残した縮毛矯正ですが
毛先のクセを残すこともできます

 

毛先のクセは「動き」になるけど
根元のクセは「ボリュームが出過ぎる原因」だったり
「ツヤの出ない原因」になってしまいますからね

 

根元のクセはストレートにして
毛先のクセはそのままいかす

そういったかけ方もありかと思います

 

こちらの方みたいに

↓ ↓ ↓

トリートメントしても髪の毛のチリチリぱやぱやは一生改善されない理由と【正しい改善策】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です