「量が多いのですいてください」ってオーダーすると変な頭が確定する理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「量が多いのですいてください」

美容師なら何回聞いたかわからないほどに
クソほど多いオーダーなのですが
美容師の本音を代表して言わせていただくと

もういい加減うんざりしているのが
正直なところです 苦笑

 

まず、そういったオーダーをされるかたって
ほぼ間違いなくご来店時の時点で
もう十分すぎるほどすかれています

 

美容の技術ですくという行為は
ヘアスタイルを作るうえで
大事なプロセスかと思いますが

あれは量が多いから
髪の毛をすいているわけではなく
目指すヘアスタイルを作るために
いらない髪の毛をなくすために
すいているわけです

 

結局量を減らすことには
変わりねーじゃん!とおもうことかと思いますが
すく目的が違うだけで
仕上がりは大きく違います

 

量が多いから
または、軽くしたいからといって
すくとこんなんになりますからね 苦笑

 

 

美しいヘアスタイルを目指してすいたら
こんなことになるわけありませんからね 苦笑

これを美しいと感じる
特殊な趣味をお持ちの方以外は。。。

 

ちなみにこのブログでは幾度となく
すきすぎの注意喚起をうながしてるわけですが
いつまでたってもなくならないので
いつまでもお伝えする覚悟です w

 

例えば
これも良くあることなのですが

美容室でやりたいヘアスタイルをオーダーして
シャンプーしてカットして
オーダー通りのヘアスタイルが完成しました

しかし最後の最後で
「この辺が重たいのでもう少しすいてください」

 

 

正直、美容師は絶叫したくなります。。。w

 

 

それは、当然めんどくさいとかじゃなく
せっかく作ったヘアスタイルを
壊す作業になるからです

 

さっき書きましたが
量を減らすためにすいてるのではなく
そのヘアスタイル作るのに
必要な部分に必要な量だけすいてるわけですから
それ以上すくのは
完成したヘアスタイルの破壊行為

なのでもし、重たいと感じるのであれば
”それがあなたの髪質でできるそのスタイルの限界”
ということです

 

もちろん髪型が思った感じと違う場合や
もう少しこうしたいなどの
要望は伝えるべきかと思いますが
すいてくれとかの量の調整や具体的な方法は
あなたが指定することではない
(偉そうだけど変な頭にならないためには大切なことなので)

ということです

 

そんな
「量が多いのすいてください」
ってオーダーのお客様です 笑

 

ケーススタディ

 

例のごとく
もうすでに十分すぎるほど
すかれております

よく見ると毛先ペラペラ。。。

 

パーマがかかっているし
動きやすくということで空間づくりのために
すくのはいいのですが
すきすぎで毛先がペラペラでは
ヘアスタイルがぼけてきます。。。

てかパサパサで扱いにくくなる

 

なので美しい状態を作ったり
扱いやすくするためには
多少の毛先の厚みは必要ですからね

 

ご理解いただき
少し切らせていただきました

 

 

パーマはいい感じに残ってるし
セットもしやすくなったと思います

 

「髪の毛の量が多いからすく」

これは間違いで
変な頭になる可能性がぶちあがりますから
そういったオーダーはしないほうが賢明です

 

じゃあ美容師がとめてくれよって
話だし、その通りなのですが
量が多いからすいてくれって方に
(すけば軽くなって快適になると思い込んでる方)
納得いただくのも難しいのも事実です

すいてくれって言ってんのに
すいてくれないって
その人からしたら不親切ですからね 苦笑

結果変な頭になってから
こういったブログなどのメディアで
カットの仕組みに気づく人がなんて多いことか。。

 

ということでぜひ変な頭になる前に
「量が多いのですいてください」
というオーダーはやめておきましょう

もう変になっちゃってるかもしれないけど。。。苦笑

変な頭が確定する?!美容室でやってはいけないオーダー【まとめ】

ボブにしたいときのやってはいけないオーダーはこれ!【変な頭確定】

髪の毛が多い人がやりがちな変なカットとは?!

やってしまいがちな変な頭になるオーダー方法

髪の毛を軽くしたい方は読むべし!「すく」と「軽い」の関係性


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。