【地獄を見る前に知るべき】縮毛矯正でチリチリバサバサになりやすい髪の毛とは?

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正って
髪の毛のクセが強かったりで
扱いにくかったり
広がってまとまらない方にとっては
絶対に必要な技術なのですが

1歩間違えれば
チリチリバサバサになってしまうこともある
ちょー危険なメニューってことは
ご存知の方も多いでしょう

 

実際にチリチリバサバサにするのは
美容師の仕業ですから
縮毛矯正の上手い美容師だったり
経験の多い美容師にお願いするのが
間違いないのかと思います

しかし
100000%失敗しない美容師なんていないし
条件が厳しければ
美しくかかる確率が下がるのは
どんだけ上手い美容師でも当然のことでしょう

 

なので、矯正の失敗で
どこの毛か判別不可能な状態にならないためにも
(なったら治らないし)
素人の方もある程度、正しい縮毛矯正の知識は
つけておくべきかと思うのです
(なのでこんなブログを毎日書いてる)

 

ということで今回は
その知っておくべき知識の1つとして
”縮毛矯正でチリチリになりやすい髪の毛”
ってのがあるのでそちらをご紹介

ご自身の髪の毛と
当てはめて考えてみてください

 

 

縮毛矯正でチリチリになりやすい髪の毛

 

ということで
さっそく結論からお伝えすると

 

・細くて柔らかい髪の毛
・ホームカラーをしている髪の毛

この2つに該当する方は
気を付けないと縮毛矯正でチリチリです

縮毛矯正かける前の
クセ毛で広がりまくってる時の方が
可愛く思えるほどにチリチリです w

 

なぜかというと
細く柔らかかったり
ホームカラーをした髪の毛は

縮毛矯正の薬剤に
耐えられるほどの耐久力がないから
であります

 

薬剤反応をさせないとクセは伸びないけど
反応させすぎると髪の耐久力がないため
チリチリバサバサ。。。

ということです

 

髪の毛が細く柔らかい人って
ご自覚あるかと思うのですが
非常に髪が痛みやすい。。。

ただでさえ痛みやすいところに
危険な薬剤塗っちゃって
高温のアイロンでプレスしていくわけですから
リスクが大きいわけですよ

 

また縮毛矯正の薬剤って
頭皮から1センチほどあけて塗るのが
基本なのですが
(頭皮付近に塗ると体温で薬剤浸透しすぎたり
アイロン操作の時に毛が折れるので)

細く柔らかいと
薬剤つけるとその重みで
頭皮付近につきやすい=危険

ということもあり技術的にも難しい。。。

 

そしてホームカラーは
ダメージが強い=チリチリになりやすい
ってのは言うもでもないでしょう

 

そしてダメージ以外に厄介なのが
カラーの染まりがムラになっていることで

染まりがムラってことは
ダメージ具合もムラになっているわけで
本来やるべきダメージレベルに合わせた薬剤選定
ってのが不可能になります

 

ダメージって見ただけでは分かりませんから
髪のどこにどんな薬剤を使ったなどの履歴を
詳しく知る必要があるのですが
ホームカラーしちゃうと、もうそれが無茶苦茶。。

結果的に勘で薬剤を選択するわけですから
仕上がりは言うまでもないでしょう 苦笑

 

ぶっちゃけホームカラーしたら
縮毛矯正の仕上がりには
妥協していただきたいです w

接客業でなければ
仕上がりに文句言わないでくださいね
って言いたいです 苦笑

 

でもマジでそうで
ホームカラーした髪の毛に
完璧な仕上がりを求められても
それはあまりにも酷であります。。。

 

美容の技術ってどうしても
髪の毛の状態に依存しますから
美しくなりたければ
良い状態を保つことはもはや義務
髪の毛への礼儀であります 苦笑

 

ちなみに髪が細く柔らかいうえに
ホームカラーなんてしちゃってると
問答無用でチリチリですから
矯正をかけることは諦めることを
オススメします

残念ですけどチリチリの方が
辛いと思うので。。。

 

ケーススタディ

 

 

髪が細くやわらかい方(カラーはお店)

半年前に縮毛矯正させていただいていますが
そろそろ顔周りのクセが
気になってきたみたいです

後ろはそこまでクセ強くないですけど
広がりやすいし
扱いにくいということで
全体的にかけていきます

 

 

全体って言っても、もちろんリタッチ。
伸びてきたクセ毛部分を
ストレートしていきます

そして今回チリチリに
なりやすいであろう髪の毛でありますから

・襟足
・顔周り
・それ以外

と3カ所すべて違う
薬剤で施術していきます

 

というのは
場所によって若干ですけど
髪の毛の太さや柔らかさも違うので
さっき言った通り耐久力が違うわけです

 

ということは
逆に全箇所を同じ薬剤でやると

反応が弱い部分ができたり(クセが残る)
必要のない余計なダメージを
負うことになりかねません

縮毛矯正でチリチリバサバサに
なりやすい髪の毛であれば尚更。。。

 

 

 

 

乾かしただけですがチリチリせずに
なんともお美しい仕上がり(毛先は軽く巻いてます)

細くて柔らかい髪の毛は
とってもデリケートですからね

美容師も
薬剤選定など気を付けなければ
ならないことたくさんありますけど

 

自宅でのケアも大切ですから
なるべく痛ませないように
心がけてください

そしてホームカラーには
手を出してはいけません

あんなもん脱法ドラックのようなもんです w

 

美容師が教えたがらない【縮毛矯正のデメリット】を徹底解説


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
イシカワ マサキ
イシカワ マサキ
神奈川県小田急相模原駅エリアで活動中の「クセ毛美容師」 クセ毛に23年間悩み、葛藤した末に得た”目からウロコ”の解決策や 髪の毛の悩みやストレスから解放され、人生をたのしむために必須の 【美容師が教えたがらない】本当の知識を常時発信。