変な頭が確定する?!美容室でやってはいけないオーダー【まとめ】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容室での失敗には
美容師の技術不足
あなたとお店との相性というものがあるでしょう

技術不足はそのまんまですが
相性というのは
あなたがお洒落なデザインカラーをしたいのに
縮毛矯正に特化したお店に行ってしまった場合
時間をかけてゆっくり丁寧に仕上げて欲しいのに
安売りの大型店に行ってしまった場合でしょう

 

美容師ってどんな技術も
まんべんなく出来るわけではなくて
(一応できるけど、その技術に費やしてきた時間がそれぞれ違う)
それぞれ得意だったり好きな技術がありますからね

安売りの大型店も、仕組み上
お客様1人にかける時間が限られるのは
仕方のないことです

 

極端な話ですけど1000円カットで
1人に1時間かけてたら
その日の売り上げは8000円です 苦笑

 

そんなんで商売成り立ちませんから
ゆっくり丁寧に仕上げて欲しい人は
それなりに高単価なお店に行くべきでしょう

いくらヘアスタイルがいい感じになっても
時間かけてくれなかったら不満足に感じ
おそらくその髪型気に入らないですよ 苦笑 =失敗

 

流行りのデザインカラーのクオリティを
縮毛矯正を得意とする美容師に求めるのも
安売り大型店で、時間をかけた丁寧な施術を
求めるのも酷なことですよ。という話

なので美容室で失敗しないために、まずは
自分に合った美容室、美容師にお願いすることが大切です

 

そしてもう一つ今回お伝えしたい
美容室で失敗する理由に
”オーダーの仕方”というものがあります

 

美容室に行って、イスに座れば
勝手にあなたが思い描いてる
理想通りの髪型になるわけはなく
まずはその要望を伝えなくてはなりません

しかしそのオーダー方法が
なっていない方が非常に多い

 

美容師がなんとか汲み取れよ!
と思うかもしれませんが
そんなのできる美容師は
ツチノコレベルのレア度でございます 苦笑

美容師は(僕含め)髪の毛のプロではありますが
コミュニケーションのプロではないですからね

そしてあなたも”伝えるプロ”ではないでしょう

 

残念ですが、オーダーの方法が変なら
変な頭になっても仕方のないことかもしれません。。

ということで、まずは
とりあえず変な頭にならないための
”やってはいけないオーダー”
ってのをお伝えいたします

 

今日紹介するオーダーを
しないだけでも
失敗して変な頭になる確率を
減らせるかと思いますので
ぜひ最後までご覧ください

 

変な頭が確定する?!美容室でやってはいけないオーダー【まとめ】

毛量の指定

 

・量が多いのでたくさんすいてください

・この辺がなかなか乾かないので
軽くしてください

・重ためが好きなので
あまりすかないでください

・ハネるのであまりすかないでください

 

このような髪の毛の量に関するオーダーは
美容室では日常茶飯事なのですが
実は変な頭になる可能性が非常に高いです

 

というのも、そもそも勘違いしてる方が多いのですが
髪の毛の量は好みで減らすものではなく

あなたの頭で
あなたがやりたいヘアスタイルを作ったら
このくらい量が減りましよという結果なわけです

 

髪型と髪の量を別々に考えちゃってる人が
大半なのですが
その二つは連動しており
その髪型をあなたの頭で作る場合の
ベストな量ってのは決まってるのですよ

そこを乾かないから、などという理由で
必要以上にすいたら
たちまちバランスは崩れ、変な頭になるということです

 

また、過去にそーいった失敗があったのでしょうから
〇〇だからすいてくれ
〇〇になっちゃうからすかないでくれ
っておっしゃると思うのですが

そもそもそれは勘違いや
思い込みの可能性も非常に高いです

例えば
「すくとハネるからすかないでくれ」
っておっしゃる方が多いですけど
それはすいたからではなく
(もちろんアホなすき方したらハネるけど)

スタイリングしてないからハネてるんですよ
髪質でハネてるんですよ
って言いたい場面めっちゃあります 苦笑

もちろん
軽くしたい。重ためが好き。
といった要望を伝えることは大切ですが
そのための具体的な手法や「細かな毛量の指定」
ってのはやめるようにしましょう

 

ボブにしたいときのやってはいけないオーダーはこれ!【変な頭確定】

「重ためが好きなのですかないでください」って言うと【芋くさヘアー】になる理由

 

道具の指定

 

・すきバサミは使わないでください

・レザーは使わないでください

美容師をしているとたまに
こーゆーこと言われます

これもおそらく過去に
すきバサミを使われてバサバサの頭になったとか
レザーで痛んだとかの経験があったり
もしくはそーいった情報を
どこかで仕入れたのだと思うのですが

またまた勘違いの可能性が非常に高い

 

すきバサミでバサバサになったのは
そのハサミが悪いのではなく
ただ使い方が悪かっただけ

レザーで痛んだのも
レザーの使い方が悪かっただけ

もしくは髪の毛の問題を
道具のせいにしてるだけでございます

 

なぜなら多くの美容師が(カリスマも)
すきバサミを使い散らかしてるわけですが
すきバサミでバサバサになるなら
みんなバサバサなんですよ 苦笑

今、周りにいる人たちの頭にも
ほとんどすきバサミ入れられてるわけですが
(9割以上)
みんなバサバサですか?キレイな人もいますよね?

それが、バサバサはすきバサミせいではない
何よりの証拠でありますよ

単純に使い方が悪かっただけか
髪質を道具のせいにしてるだけ

 

レザーもレザーにしか出せない質感がありますから
スタイルによっては使った方がいい場面もあり
それで痛んだのであれば
ただの使い手のミス

というか、そもそもその美容師が
やりやすい道具使った方がいいと思いません?

例えば
すきバサミ使わないでくださいって
お願いした美容師が
量の調整や空間づくりを
すきバサミでしかできない美容師だったら
どーするんですか?

できもしない方法で
無理やりやることになるわけですから
変な頭になるのは当然でしょう 苦笑

 

変な頭にならないための美容室での【正しいオーダーの作法】

 

抽象的な言葉

 

・可愛い感じがいいです
・タイトな雰囲気がいいです
・クールにしてください

このような
抽象的な言葉でオーダーするのは
明日からやめてください w

 

なぜなら
可愛いもタイトもクールも
それを聞いて想像するスタイルは
人それぞれだからです

もちろん長い付き合いで好みもわかってくれて
絶対的信頼のある美容師さんがいるのなら
いいけども、そーでないのであれば
それらの明確な定義のない
抽象的な言葉でのやりとりはギャンブルです

 

例えばペットショップで
”可愛い犬”を連れて帰ってきてと言われたら
僕は可愛い犬といったら
パグを思い浮かべるのでパグを連れて帰るでしょう

しかし僕の奥さんは可愛い犬といったら
パピヨンだそうなのでパグなんて連れて帰ったら
追い返されること間違いなし

可哀想。。。w

それと同じです

 

可愛い犬が欲しかったら
イメージを共有できるように
パピヨンっていう誰もが同じイメージできる言葉か
または写真を見せるべきでしょう

 

美容室で思ってたのと全然違うスタイルになった
って経験ある方もいると思うのですが
それは美容師の技術というか、おそらく
抽象的な言葉のやり取りにより
イメージのすり合わせができていたかったから

 

ということで
美容室で抽象的な言葉でのオーダーは危険ですから
あなたが思う
可愛い、タイト、クールな写真を複数枚持っていくのが
間違いないかと思うのです(今は画像か)

 

やりたい髪型が美容師に伝わらない原因と超簡単な伝え方!

【へんな頭確定?!】やってはいけない美容師に見せる”やりたい髪型の画像の選び方!”

【絶対に失敗しない】髪型のオーダーの方法とは?!〇〇を言うと失敗確定

 

 

インスタのこの髪型にしてくれ

 

美容室にやりたい髪型の画像を
持っていくの便利なのが、やはりインスタでしょう

インスタにヘアスタイルたくさん載せてる
美容師さんも親切に
この画像を美容師に見せてくださいね

みたいなこと書いてると思うし
その通りにこの髪型にしてくださいって
持っていくと思うのですが

そこには罠が仕掛けられております

 

それは、その髪型はそのモデルの髪質ありきですよ
ということです w

そしてその美容師が
ゴリゴリにスタイリングしたものだということも
忘れてはいけません

そしてさらに
それは止まった時の中での
ヘアスタイルであり(静止画なので)
毎日、鬼の形相で職場や学校へダッシュして
TMレボリューションの如く風にあおがれてる
我々にとっては
現実的にありえないスタイルだったりもします 苦笑

 

例えば、インスタ映えするくびれショート

 

美容師は、どうだ俺のカット技術は!
あなたをキレイにできるのは俺の技術だけです!
と言わんばかりに写真をアップするのですが

そんなん8割髪質のおかげやん。。。

くびれる骨格にくびれる髪質に生え方
おまけにゴリゴリにスタイリングしてるやん。。。

ってものに溢れており、僕のように
髪の毛にコンプレックス(クリクリのくせ毛)を
抱えてる人間にとっては
叶いもしない希望をいだかせるだけの
フィクションでしかありません 辛い。。泣

 

画像を見せろと言いつつ
それにはなりませんというひどい話なのですが

そもそも画像を見せていただきたいのは
あなたの好みを知ったり
イメージのすり合わせをしたいだけで
その髪型になるかは別の話です

 

なりもしないヘアスタイルを目指して
変な頭にならないためには
そのヘアスタイルをあなたの頭にあてはめると
こーなりますという
現実的な落としどころが大切になるわけです

もちろんスタイリングが上手なのであれば
比較的理想のスタイルに近づけると思いますけどね

 

【やりたいスタイル】と【できるスタイル】の落としどころの判断が重要って話

 

アホみたいな頭になりたくなければインスタは見るな?!

 

ちょー細かい。または現実的に不可能なオーダー。

 

たまにいらっしゃるのですが

ここはこのくらいに切って
ここは○センチ切って
ここは内側を短くしてください
あとこのくらいすいてください
でもスカスカは嫌なので
ある程度重ためにしてください
でも軽い雰囲気にしてください

といったちょー細かいオーダーだったり

・ペタンコなのでフワってするように切ってください
・前髪が流れないので流れるように切ってください
・分け目をカットで変えてください
・直毛なので内巻きになるようにしてください

といったカットで髪質を変えてくれって
物理法則を無視したオーダーをされる方

 

ぶっちゃけ
もう自分で切ってくれって言いたいです w

てかその方が満足するのでは?
とも思います

 

まず細かいオーダーに関してですが
美容師にめんどくさいって思われるのとw
それ通りにやったらだいたい変な頭が完成します

 

前半にも書きましたが
ヘアスタイルが決まった時点で
すく量なんかは決まってきますし
○センチってのもバランスがあるわけですよ

または物理的に無理なオーダーは
言うまでもなく無理で

・ペタンコなのでフワってするように切ってください
・前髪が流れないので流れるように切ってください
・分け目をカットで変えてください
・直毛なので内巻きになるようにしてください

これってカットではなく
スタイリングの領域ですからね 苦笑

 

ということで
以上になるのですがいかがでしょうか?

 

別にこれらをやっちゃうと
絶対に変な頭になる。なんてことはないし
洞察力にたけた美容師さんであれば
あなたの発する言葉のキーワードから
真意を見抜き、理想のヘアスタイルを
作ってくれる人もいると思うのです

しかし、やはりそんな美容師はわずかですし
多くの美容師が(僕も)
コミュニケーションのプロではないし
あなたも伝えるプロではありませんから
今回書いたことを意識していただきたい

そして変な頭にならないために
お祈り申し上げます

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です