ボブにしたいときのやってはいけないオーダーはこれ!【変な頭確定】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「ボブ」といえば世代を問わず人気のあるスタイル

こんな髪型

⇓ ⇓ ⇓

 

あまり段の入ってない
重めのスタイルになるのですが

重ためのボブにしたいにもかかわらず
軽くしたいってことで

「量が多いからすいて」

なんて美容師に伝えると
だいたいこんな感じの髪型になります 笑

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

確かに段差はあまりなく
ボブのようなカットなのですが
仕上がりはボブでもないし
よくわからないヘアスタイルです w
(寝癖もありますが)

 

いつも、量が多いからすいてくれ
みたいな髪の量の指定は美容師にしない方がいい
ってお伝えしているのですが
ボブの場合は特にです

 

そもそもカットにおいて”すく”ってのは
いらない髪の毛を削る事なのですが

そのスタイルを作るための
いらない髪の毛の量は決まっているわけです

 

すいて、そのいらない髪の毛を
なくしてボブを作っていくわけで
軽くしたいからすいてるわけじゃないのです

何言ってるかわかんないかもしれませんが

 

量が多いからいっぱいすいてくれってことは
本来のいらない毛以上の髪の毛を
すくことになりがちで
そしたら当然ボブにならないよって話

 

だって
その髪の毛でボブにするために
いらない髪の毛の量は決まっているのに

それ以上量をとってしまったら
ボブじゃない
よくわからない毛先ペラペラに
ヘアスタイルが完成するに決まってるじゃないですか。。。

 

ヘアスタイルと
髪の毛の量を別々に考える人多いのですが

長さや段のつけ方と
すく行為はすべて連動されてますからね

 

変な髪型したくなかったら

「この辺が多いからもっとすいて」とか
「この辺が蒸れるから軽くして」とか
「中の方が乾かないから軽くして」とか
言わない方がいいですよ?

 

長さ 段の入り 量感

は、全て連動してるので
「この辺多いからもっとすいて」っ言って
すいてしまったら

たちまちバランスは崩れ
よくわからないヘアスタイルになりますからね。。。

 

ってことで
お客様の場合あきらかすきすぎてますから
普通のボブにするために長さを切る必要があります

 

 

 

ギリ縛れるくらいの長さということで
こんな感じ

ボブっぽくは見えますが
サイドの毛がペラペラなのは
見てよくわかると思います。。。

もう少し頑張ってすきすぎた部分が伸びれば
もっとまとまりもよく扱いやすいかと思います

 

もしあなたがボブにして

「髪の毛が重い」

そう感じるのであれば
あなたの髪の毛でできるボブはそれなわけですから

ボブをやめて
段の入った軽いヘアスタイルか

量に関しては
理解していただく必要があります

 

変な頭になりたくなければ。。。。

 

髪の毛を軽くしたい方は読むべし!「すく」と「軽い」の関係性


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です