ボブにしたいときのやってはいけないオーダーはこれ!【変な頭確定】

アフター

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「ボブ」といえば世代を問わず人気のあるスタイル

こんな髪型

⇓ ⇓ ⇓

 

あまり段の入ってない(段の幅が小さい)
重めのスタイルになるのですが

重ためのボブにしたいにもかかわらず
軽くしたいってことで

「量が多いからすいて」

なんて美容師に伝えると
だいたいこんな感じの髪型になります 苦笑

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

こちらの方はブログ見て
なんかカットがおかしいので見てくださいってことで
ご来店いただいたお客様なのですが
確かにおかしなカット。。。苦笑

 

段差はあまりなく
ボブのようなカットなのですが
仕上がりはボブでもないし
よくわからないヘアスタイルです w
(寝癖もありますが)

 

いつもこのブログで、「量が多いからすいてくれ」
みたいな”髪の量の指定”は美容師にしない方がいい
ってお伝えしているのですがボブの場合は特にです

 

そもそもカットにおいて”すく”ってのは
いらない髪の毛を削る事なのですが
そのスタイルを作るための
いらない髪の毛の量は決まっているわけです

 

例えばさっきの

 

こんなスタイルをやりたいと、カットする場合

あなたの髪の毛に、この髪型を当てはめたら
その時点ですく量はきまってくるので
たくさんすいてくださいって言われても
限度があるわけです(てかすく量は決まってる)

 

目指す髪型にするために毛量調整をしてるわけで
軽くしたいからすいてるわけじゃないのです

 

何言ってるかわかんないかもしれませんが
量が多いからいっぱいすいてくれってことは
本来のいらない毛。それ以上の髪の毛を
すくことになるわけで
そしたら当然あなたの思うボブにならないよって話

 

だって
その髪の毛でボブにするために
いらない髪の毛の量は決まっているのに

それ以上量をとってしまったら
ボブじゃないよくわからない毛先ペラペラに
ヘアスタイルが完成するに決まってるじゃないですか。。。

 

ヘアスタイルと
髪の毛の量を別々に考える人多いのですが
長さや段のつけ方と
すく行為はすべて連動されてますからね

 

変な髪型したくなかったら

「この辺が多いからもっとすいて」とか
「この辺が蒸れるから軽くして」とか
「中の方が乾かないから軽くして」とか

言わない方がいいですよ?

 

『長さ、段の入り、量感』
全て連動してるので
「この辺多いからもっとすいて」っ言って
すいてしまったら

たちまちバランスは崩れ
よくわからないヘアスタイルになりますからね。。。

 

「内側を軽くしてください」

これも良くいただく要望なのですが(アホな美容師も提案しがちw)
それも同じことです

髪の内側をすきまくったところで得られるのは
触った感じの軽やかさや乾かす手間の解消だけであり
見た目はペラペラのイイダコみたいなシルエット w

 

 

こんな頭に誰がなりたいんだという話でございます

嫌味じゃなくて、逆にいえば
とにかく触った感じの軽やかさや
乾かす楽さが欲しいならそうするべき

しかし美しくありたいなら
タコになってる場合ではないでしょう 苦笑

 

ってことで
お客様の場合あきらかすかれすぎてますから
普通のボブにするために長さを切る必要があります

 

 

 

ギリ縛れるくらいの長さということで
こんな感じ

ボブっぽくは見えますが
サイドの毛がペラペラなのは
見てよくわかると思います。。。

もう少し頑張ってすきすぎた部分が伸びれば
もっとまとまりもよく扱いやすいかと思います

 

もしあなたがボブにして

「髪の毛が重い」

そう感じるのであれば
あなたの髪の毛でできるボブはそれなわけですから

ボブをやめて
段の入った軽いヘアスタイルか

量に関しては
理解していただく必要があります

 

変な頭になりたくなければ。。。。

 

もちろん今現在がまるで毛量調整のされていない
もっさりおかっぱ頭なのであれば
適切に毛量調整すれば軽く感じるとは思いますが

そうでないならこんな感じになるでしょう

 

 

どれもこれもボブベースだけど(段差があまりないけど)
すかれまくりで変な頭になってしまわれた
被害者の方々です。。

 

恐怖を煽るわけではありませんが
多いから。重たいからってすきまくると
恥ずかしい頭になっちゃいますから
ぜひお気をつけください

 

最後に遠慮なく言わせせていただきますと

『美しいボブにしたいけど重たいから軽くしたい』

これは保育園児のわがままと大して変わりありません w

 

先日5歳の娘が
”空を飛びたい”っていうので

「じゃあパイロットにでもなったら?」
って言ったら
乗り物ではなく自身が飛びたいというのです w

ということは

・舞空術を身につける
・鳥になる
・タケコプターを手に入れる
くらいしか
僕にはアイディアが浮かばなかったので
それを伝えると

じゃあどうすればそれらが手に入るか
という話になるのですが
まぁ無理なわけですよ。。。 苦笑

 

舞空術マスターのための
気のコントロールで精神統一されても
その時間で何がしかの勉強をして欲しいし

鳥になるために
腕をパタパタさせて胸筋、背筋を鍛えるより
友達と園庭を走り回って欲しい

タケコプターを手に入れるために
未来に行くより現実を生きて欲しい

彼女のために。。。w

 

ですから
「やっぱり人間が空を飛ぶには
パイロットになるしかないんだよ」と伝えると
どうしても空を飛びたいと泣き喚いておられました
(子育てむずかしーーw)

 

重ための髪型であるボブをしたいけど軽くしたい

これは娘の”空を飛びたい”と変わらないですよ

という話でございます w

 

長さを変えないですくとどうなるのか?!

知らないではすまされない?!量が多い人が言ってはけない危険ワード【変な頭修正施術例】

「量が多いのですいてください」ってオーダーすると変な頭が確定する理由

【知らないと損する】髪の毛のもっさりの解消に”量を削るのは間違い”な理由

髪の毛を軽くしたい方は読むべし!「すく」と「軽い」の関係性

要注意!!「量が多いのですいてください」は変な頭への片道切符?!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
イシカワ マサキ
イシカワ マサキ
神奈川県小田急相模原駅エリアで活動中の「クセ毛美容師」 クセ毛に23年間悩み、葛藤した末に得た”目からウロコ”の解決策や 髪の毛の悩みやストレスから解放され、人生をたのしむために必須の 【美容師が教えたがらない】本当の知識を常時発信。