【知らないと損する】髪の毛のもっさりの解消に”量を削るのは間違い”な理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

いきなりではあるのですが

髪の毛のもっさりを解消するために
「量削る」という選択をされるかたも
多くいらっしゃるかと思います

 

しかし、まずはもっさりの原因を考えましょう
ということは
このブログでは一貫して
お伝えさせていただいていることです

 

先日のお客様ケーススタディ

 

 

このような状態の方が
「もっさりするから量を削ってくれ」
とおっしゃることが多いのですが

正直、量を削ったところで
”もっさり””もっこり”になる程度。。。

もちろん量を削れば
気分や触った感じはすっきりするだろう
髪型のボリュームダウンに
多少の貢献はしてくれるわけですが

あなたが思っているほど
シルエットに劇的な変化なんてないわけですよ
(シルエットや見た目の美しさより
早く乾かしたいとかの機能性を重視するなら
削りまくるのが正解)

 

ちなみに”もっこり”という表現は
まちがいなく適切ではないのですが
このブログの目的は
あなたにパラダイムシフト(価値観の革命的な変化)
を起こしてもらうことですから

少しでも記憶に残っていただくような
僕なりの工夫なのでご了承ください 笑

 

話を戻して、実際にお客様の髪の毛も
量がすごい多いわけでもないしもっさりの原因は
量というより、長さ(髪型)やクセでしょう

 

この日もストレートアイロンで
クセを伸ばしてこられたようですし
(なのであんまクセないように見える)
長さ的にも肩に当たって横に広がって
もっさりシルエットになりがちでありますよ

そしてそれらは量を削っても
解消されるようなものではありませんからね

 

なのでお客様の場合
目に見えてもっさりをどーにかするには
段差をつけるか、長さを切るか
クセを伸ばすことでございましょう
(縮毛矯正でご来店なのでクセを伸ばすことは確定済み)

 

段差をつければ
毛先に厚みがなくなり
すっきりするのはご理解いただけるかと

しかしその場合
人によってはハネやすくなったり
慣れてないとスタイリングしにくかったり
そもそも好みもあるでしょう

そしてお客様のようにクセがあると
その影響を受けやすくなることも
少なからず。。。

 

てか縮毛矯正はさせていただけるので
それだけで”もっさり”はだいぶすっきりすることが
予想されるのですが
この長さをキープする限り

肩に当たることには変わらないので
段差のあるなしに関わらず
ハネることとなるでしょう 苦笑

 

ということは
短く切るのがベストアンサー

 

 

縮毛矯正かけて乾かしただけ

ご覧のとおり
もっさりももっこりもせずに
すっきりシルエットへおかえりなさい

 

もちろん、イキって
ベストアンサーとか言いつつアレですが
別にコレがもっさり解消の答えでも
絶対的なベストな髪型でもないですよ 苦笑

お客様の場合の
髪質や普段の扱い方など
色々考慮した上でこーなっただけで
(僕が思うお客様のベスト)

もっさり解消の方法は
それぞれかと思います

 

しかし、「もっさりするから量を削る」

これは明らかに短絡的すぎな考えであり
ぶっちゃけそーやって削りまくったヘアスタイルって
総じて美しくないし
やっぱりたいしてシルエットも
すっきりしないですからね

まずはもっさりの根本的原因を
模索しようではありませんか

 

髪の毛広がるからすいてもらってるけど【広がりがおさまらない理由と対処法】

ボリュームが出る。広がる。髪の毛の【物理的に正しい対処法】はコレ


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
イシカワ マサキ
イシカワ マサキ
神奈川県小田急相模原駅エリアで活動中の「クセ毛美容師」 クセ毛に23年間悩み、葛藤した末に得た”目からウロコ”の解決策や 髪の毛の悩みやストレスから解放され、人生をたのしむために必須の 【美容師が教えたがらない】本当の知識を常時発信。