【あなたのクセ毛は活かせない】という残酷な真実と唯一の解決策?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて、いきなりではありますが
コチラのお客様

 

ご覧の通り
ジリジリゴワゴワするのがお悩みであり
いつも縛っているとのこと

なので、どうにかおろしたいと
縮毛矯正をご希望です

 

「痛んでいるから縮毛矯正かけれるかな?」
とのことだったのですが
その心配には及びません。。。

なぜならカラーもパーマもしてないし
もしろ、ほとんど痛みの感じない
健康な髪の毛だからでありますよ

 

”良いこと”のような”残念なこと”なのですが
クセ毛って痛んでないのに痛んで見えますからね
辛すぎ 苦笑

僕もクリクリのゴワゴワのクセ毛ですから
そのお気持ちは痛いほどに察します。。。

嫉ましい直毛の人って
痛んでいても光がキレイに反射するため
ツヤが出て見えるわけですが

我々クセ毛は、どんだけ髪の毛丁寧に扱かおうが
ヘアケアにいくら金をかけようが
ツヤツヤに見えることはございません
髪質格差ドイヒー 苦笑

 

なので仕上がりはどうあれ
痛んでるわけではないので
問題なく縮毛矯正をかけることは可能でしょう
(あまり痛みが強いと矯正したらゴワゴワがチリチリ)

 

また、もう一つの策として
「縮毛矯正じゃなくてクセを活かす感じで
下ろせることができるならそれでもいい」
とのことだったのですが
これまた残念なお知らせです。。。

 

ボディタッチのやたらに多い
思わせぶりな女性がもたらしてくる
”中途半端な期待”は余計に辛いだけでありますから
正直に申しますと

クセを活かすのも難しいと思うのです。。。

 

”クルクルのクセ毛”だったり
”うねるクセ毛”なのであれば
そのクセを全開にしてパーマっぽく
スタイリングできることもあるわけですが

お客様のようにうねりもあり
縮れや、ねじれが細かくあるような髪質の方
(捻転毛、縮毛、波状毛のミックス)
それ活かすってチョーゼツ難易度高いわけです

 

そのカットが難しいのはなおのこと
クセ毛を活かすカットやらが得意な美容師に
お願いしてやってもらったところで

髪質を変えれるわけでもないので
収まりの良さには限度がある。。。

 

そしてその頭をスタイリングするのは
あなた自身であり
あまりクセが強いとそれが結構難しいわけですよ

そもそもそのスタイルが
”あなたが許容できるものなのか?”
という問題もありますでしょう

(インスタに載ってるような一般的な
美しいスタイルにはならないため。コレまたひどい 苦笑

 

運よく許容できるヘアスタイルだとしても
朝は一度ビショビショに濡らしてから
あなたにあったスタイリング剤を
てんこ盛りにしながら形を整える

朝は上手くいったとしても
お昼休み頃には再度広がりだすために
お手洗いでコソコソとスタイリングをし直す必要も

帰る頃には、また広がり出すわけですけど
もう帰るだけだからいいやと
良くわからない頭で帰路につく。。。

そしてそもそも雨が降ったら
何しても終わるので
結局縛ることになるでしょう 苦笑

(ちなみに僕はまさにコレ w
そして縛れないので雨の日は終わってる)

 

と、ひどい事ばっか言ってますけど
これを理解しておかないと
後悔することになりかねませんからね

 

もちろんその選択(クセを活かす)をして
良かったと感じる人もいるわけですが

クセを活かすのもそれなりに大変だよ
ということは理解しておくべきでしょう
(特にお客様のような髪質の方は)

 

ということで、僕的には
お客様の髪質でおろせるようにするに
縮毛矯正がおすすめ

ちなみにクセがあまり強い方は
縮毛矯正専門店というか
縮毛矯正に力を入れているというか
矯正の経験豊富な美容師さんに
お願いするようにしましょうね

 

あんまり調べもせずに
その辺の近所の美容室や
ホットペッパーのクーポン目当てで行っちゃうと

まるでクセが伸びない。ただ痛んだだけ。
伸びたとしてもパツパツの
カッパみたいな頭になることはあるあるですからね

 

 

もちろん、えらそーに言ってる僕自身
神がかった縮毛矯正のテクニックを
持っているわけでも

科学者並みの変態的な薬剤知識を
持ち合わせているわけでありませんので
無理なもんは無理でありますよ 苦笑

 

しかしながら
ブログ見てもらえればわかると思いますが
一般的な美容師よりは
縮毛矯正の経験豊富と自負しておりますので
全力で頑張らせていただきます

 

 

乾かしただけでこの仕上がりなので
なんとかおろせるようになるのかと

 

ということでまとめると

クセ毛の種類によっては
そのクセを活かすのは難しいです
という残酷な真実をお伝えしました

そしてその場合は縮毛矯正がオススメ
(てかおろすならそれしかない。)

最後に縮毛矯正をかける選択をするのであれば
縮毛矯正の経験豊富な美容師さん
お願いするようにしましょうね

という事でした

 

ぜひ参考に

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。