【ショートにすると縮毛矯正はできない】はウソ?!ショートと縮毛矯正の相性とは?

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「ショートにすると縮毛矯正できない」

なんてことを言われたり、聞いたりしたことある方も
多くいると思うし、実際このブログでも
縮毛矯正したらボブかロングみたいな記事を
たくさん書かせていただいています

 

縮毛矯正したらロングかボブしかできないの?の答え

 

しかし今回は
ショートでも縮毛矯正できますよ
って矛盾満載の記事になってます w

実際にロングやボブをお勧めしつつも
ブログ内ではショートの縮毛矯正施術例の記事も
多くはありませんが、それなりに載せてます

最近のだとこれ

広がる頭をコンパクトにする方法【結論】縮毛矯正のみ

 

 

しかし確かにショートと縮毛矯正の
『相性』といった面では
考える部分がありますし

ショートでの
縮毛矯正は扱いにくく感じたり
デメリットもあることが事実ですから

今回の記事は
ショートでも縮毛矯正はできるけど
その前に確認していただきたい内容となっております

ショートにする前にぜひご覧ください

 

やる前に確認したいショートの縮毛矯正のデメリット

 

ショートの縮毛矯正ができないと言われる理由や
デメリットであるのが、何といっても

 

・不自然な感じになりやすい(カッパ)
・もちが悪い
・朝のスタイリングは必須

この3つです

1つずつ見ていきましょう

 

不自然な感じになりやすい(カッパ)

美容師によって
縮毛矯正の技術の差はもちろんあるのですが

ロングの方の縮毛矯正に比べたら
ショートの方が難易度が高いし
やはり不自然な感じになりやすいです

このブログでは
いつも言ってることなのですが
自然な矯正のためには(丸みのある矯正)
痛んでいない髪の毛と、毛先の厚み
が必要になります

しかしショートってことは
根元からガッツリすいて
軽さを出すことが多いですから
何も考えずそんなことしちゃうとカッパ確定です w

ショートはショートでも
地毛で作るショートと、矯正して作るショートでは
カットの手法が異なるわけで
それをわかってない美容師にお願いすると
1000000%カッパになります

 

そして、なんとか自然な雰囲気に
うまく毛先に丸みをつけれたとしても
ショートはバランスが崩れるのがはやいので
細かめにカットする必要があります

すると丸みをつけた毛先は
すぐに切られちゃうわけですから
そういった意味でも
毛先がツンツンの不自然なスタイルになりやすいです

 

もちが悪い

今さっき書いちゃいましたけど
ショートはヘアスタイル自体のもちも悪いですし
クセの影響をうけやすいですからね

ちょっと伸びただけでもクセが目立ちやすい
(髪の毛のくせ毛の割合が多くなるため)

下手したら2〜3ヶ月に1度の矯正が必要です

 

朝のスタイリングは必須

そもそもイケてるヘアスタイルを
したいのであれば
どんな髪型でもスタイリングは必須ですが
ショートなら尚更

 

縮毛矯正をかければ
朝起きたらクセはないかもしれませんが
寝ぐせは当然ついてます 苦笑

1度濡らして寝ぐせをとり
ドライヤーでしっかり乾かしスタイリングしてください

それが嫌なら座って寝てください
もしくは寝ないでください 笑

 

のような
デメリットがあるわけなのです

 

こんな風にデメリットを並べてしまうと
いいことねぇじゃんって感じですが

クセでまとまらず
上手くスタイリングできないのであれば
縮毛矯正をかけると
楽になることも多々ありますからね

事実短くして良かったって
おっしゃる方もいるわけですから

ご自身にあったスタイルを
見つけられることを祈っています

 

そしてもし
ショートの縮毛矯正をされるときは

くれぐれも信頼できる美容師さんに
お願いするようにしてくださいね

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】

縮毛矯正をかける美容室はよーく選んだ方がいい理由?!

【完全保存版】縮毛矯正が上手い美容師の見つけ方!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です