縮毛矯正したらロングかボブしかできないの?の答え

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

たまにいただくご質問で

『縮毛矯正かけるとロングしかできないんですか?』
または
『ボブしかできないんですか?』

と言ったことを聞かれることが
あるのですが、これに関しては

できないことはないけど。。。。。

といった具合に
僕の表情は若干ひきつり気味の顔に
なってしまいます 苦笑

 

ロングは言わずもがな矯正に
向いてると思うのですが

このブログの
施術例を見ても実はボブが多いです

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

縮毛矯正の施術例でボブが多い理由

 

というのも
僕が特別ボブが好きというわけでないし
矯正したら絶対ロングかボブじゃなきゃ
ダメってわけじゃないのですが

結果
ロングとボブが扱いやすい
というわけです

 

レイヤー(段)が入っている
毛先に軽さを感じるスタイルより
ボブの方が断然まとまりが良いのは
なんとなくご理解いただけると思うし

ボブなら伸びてきてもクセ毛の影響受けにくいし
縮毛矯正のもちもいいです
(表面の毛が長いため。ロングなら尚更。)

 

また
縮毛矯正特有の毛先ツンツンの不自然な印象。。。

これがボブのように
毛先に厚みがあるスタイルだと
自然な感じの内巻きをつくりやすいわけです

 

また
クセ毛が扱いにくくて
縮毛矯正をするんだと思いますが

言い方はあれですけど
言ってしまえば、髪の毛の扱いが苦手な人。。。
が縮毛矯正を多く希望します

超クセ強いとかでなければ
上手な人は自分でアイロンとかブローで
どうにかできちゃいますからね

 

そんな髪の毛の扱いが苦手な人なら
やっぱり扱いやすいボブがいいでしょ
ってことでボブをすすめたりもします

 

簡単ですがそんな理由で
ボブが多いわけです

 

もちろん条件はあったりしますが
ボブやロング以外もできますし
縮毛矯正してても
毛先にパーマされる方もいますからね

⇓ ⇓ ⇓

 

 

ってことで

縮毛矯正してても
ロングやボブ以外のヘアスタイルはできますけど
”ロングかボブが扱いやすく後悔もない”
ということです

これも必読

↓ ↓ ↓

縮毛矯正でアホみたいな頭にならないためのやるべき髪型【解体新書】

縮毛矯正をかけつつキレイな髪の毛を保つための『鬼の鉄則』とは?!【重要記事】

ショートの縮毛矯正のメリット・デメリットを徹底解説!

縮毛矯正かけてる髪の毛にウルフカットは超危険!【もはや禁止】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です