傷まないカラーの驚きの正体とは?!【カラーをすると手触りが良くなる理由】

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

以前にこんな記事書かせていただきました

⇓ ⇓ ⇓

カラーは毎回毛先まで染めた方がいいのか染めない方がいいのか?!

 

カラーは毎回毛先まで染めた方がいいのか
染めない方がいいのか?

ってことなのですが

結局は好きにすればいいし
キレイに見えることが大事なわけで
キレイに見えるための方法をとればいいと思うのですが

 

「ずっとキレイに見える」
ってのはもっと大事だと思うのです

その時だけキレイでもしょうがないですから
やはり髪の毛は
長い目で見て扱い方を考えた方がいいわけです

 

後先考えないブリーチなんて本当に最低です 笑

 

細かいことをいうと
上のリンクした記事でいう

カラーは毎回毛先まで染めた方がいいのか
染めない方がいいのか?

って言われたら
当然毎回毛先まで染めない方がいいってことになるのですが

最近のカラー剤は優れているので
染めると手触りが良くなるのがやっかいなところ 笑

 

傷むはずのカラー剤を塗ったのに
手触りが良くなっちゃうわけです

なので毎回毛先まで染めた方がいいじゃん
って美容師もお客様も多いんだと思うのです

 

カラーすると手触りが良くなる理由

 

そもそもなぜ傷むはずのカラーをすると
髪の毛の手触りがよくなるのかというと

手触りの悪い髪の毛ってのはこんな感じ

⇓ ⇓ ⇓

ダメージホールっていう
穴が開いているような状態なわけです

ダメージが強いほど穴も多くなり
表面もボコボコしちゃうので
手触りが悪くなるってイメージでいいと思います

 

そこにカラーをするとその穴にカラーの色素入り
ボコボコが消えるので手触りが良くなるってわけです

⇓ ⇓ ⇓

 

ものすごく簡単ですが。。。苦笑

 

さらにカラー剤には
手触りよくしたりツヤを出す成分も含まれているので
なおさら手触り良くなっちゃいます

しかしカラーの色が抜けるにしたがって
また穴が出てきちゃうし
むしろダメージしないカラー剤はないわけですから
もっと穴が増えていく=さらに手触り悪くなる ってことです

 

ちまたで言われている
ダメージレスなカラーってこんな感じ

傷んでない気がするように
作られているだけで傷まないわけないんですよ

 

ということで長い目で見たら
毎回毛先まで染めずに伸びてきたところだけを
染めるリタッチをおすすめしたいわけです

っていっても
最近のカラー剤はひと昔のと比べると
やっぱり良くなってるのは確かだし
そこまでシビアに毛先は染めちゃいけないんだ
ってなる必要はないとは思いますけどね

ただ
月1でカラーしたり
明るくしたり暗くしたりを繰り返したり
傷みやすかったり
パーマや縮毛矯正をしたい している
って方には知っておいてほしい知識です

チリも積もれば だし
傷みが強くなっちゃったからどうにかしてくれ

って言われてもどうすることもできないですからね

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です