骨格補正カットはクソ?!絶壁をカバーする唯一の方法!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

・絶壁が気になるんです
・後頭部のボリュームが出ないんです

これらは
毎日のように聞く悩みなのですが
毎日ってことは大体の人がもってる悩みというわけです 笑

 

というか
日本人は西洋人に比べて
後頭部に丸みがない人種ですからね

そっちの人と比べてもしょうがないのですが
人種的に後頭部がペタってしやすいのは事実です

 

それらを解消するための
骨格補正カットなる技術をよく耳にすると思うのですが

実は

カットで絶壁を補正なんて不可能です 苦笑

 

 

後頭部の頭の形が平面的なわけで
そこから髪の毛は生えているわけで

どんなカットしようが髪の毛は重力に逆らえず
結局は地肌に沿うわけですからペタってしますよそりゃ。。。

頭蓋骨の後頭部の丸みという
ボリュームを出す土台がないんだから
カットだけでフワッとなんかするわけないんですね

 

 

先日の記事

「独自の似合わせ理論によりに絶対にあなたに似合う髪型が見つかる!」

なんて宣伝は恥ずかしいと書かせていただきましたが
今回の絶壁も同じです

 

「骨格補正カットにより360°美しいカット」

みたいな宣伝してる美容室は
恥ずかしいからやめた方がいいと思います 笑

 

だってカットだけで
骨格や髪質すべてのコンプレックスを解消とか無理だから 苦笑

 

 

先日のお客様です

⇓ ⇓ ⇓

 

 

メンズのお客様なのですが

伸びてくると
クセでジャムおじさんみたいになってしまうらしく
気になったら縮毛矯正をかけているようで
今回も縮毛矯正をご希望です

そして例のごとく
絶壁が気になるようです。。。

 

で よくある骨格補正カットとしては
襟足を短くして
後頭部(ボリュームが出ない位置)とのメリハリをつけて
丸みを感じさせるわけですね

が 結局はそう感じさせるだけで
後頭部にカットでふっくらボリューム出すなんて無理です
(髪は重力に逆らえない 地肌に沿う)

長さがあったらなおさら無理

 

ジャムおじさんだって
ふくらし粉がなければ
ふっくらアンパンマンを焼き上げることは
出来ないのです

 

ではどうしたら良いかというと

 

 

スタイリングです 笑

 

絶壁をカバーしたければ
スタイリングしてください!

 

ボリューム出すだけなんで
たいして難しくないと思いますし
それをやらなきゃ絶対に絶壁はカバーできないです

それが嫌ならそれこそ
ジャムおじさんに新しい頭作ってもらってください 笑

それしかないです

 

 

カットと縮毛矯正させていただきました

⇓ ⇓ ⇓

 

 

良くある骨格補正カットのようにに
下を短くして上を残してメリハリを作ったわけなのですが

後頭部にボリュームを感じるのは
スタイリングしているからです 笑

カットだけで骨格補正なんて不可能ですからね

 

そういったことではなく

「縮毛矯正したのに全然ツンツンしてない!」

って事で喜んでいただけたのですが
確かにメンズの縮毛矯正はツンツンの不自然な感じになりやすいです

が 条件を満たしていれば
自然なストレートは難しくはないですね

 

メンズの縮毛矯正は【不自然なりやすいわけ】と その解決策!!

メンズでも自然な縮毛矯正はできるのか??


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です