ロングからショートにするなら【とりあえずボブにした方がいい理由】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

先日このブログを読んでくれているお客様に

「施術例を見るとボブが多い気がする」
「ボブが好きなんですか?」

とのご質問を頂いたのですが
嫌いじゃないけど
ちょー好き♩みんなボブにすればいいのに!
ってわけでもありません 苦笑

 

しかし、もしかしたらおっしゃる通り
パーマスタイルを除けばボブが多いかもしれません
(数えたことないけど)

おそらくこのブログの施術例でボブが多いのは
髪質の影響も受けにくい
結果的に扱いやすい人が多いヘアスタイル
だからかと思います

もし僕がボブが超絶に好きだったとしても
僕の好みをお客様の頭に
押しつけたりしないのでご安心ください w

 

たとえば
ロングのお客様がバッサリ短くしたい

そんなとき
思い切ってショートにしたとしましょう

 

すると、ロングのときにはわからなかった
生えグセが出てくることが多々あります

ショートはそんな生えクセなどの影響を
モロにうけますし誤魔化しがききにくいです

寝ぐせもつきやすいですし
朝のセットもそれなりに大変だったりします

 

しかしボブであれば
ショートに比べると生えグセの
影響もうけにくいし(表面が長いので)
まとまりがいいスタイルなので
”やりにくい”ってことも起こりにくいわけです

 

髪の毛短く切って
セットがうまくできない

では、よくないですからね
扱いやすいボブをお勧めさせていただくことが
多いわけです

 

縮毛矯正の場合でも
ボブでなければいけないわけでもないし
ショートにさせていただくこともありますけど

結果、ボブのほうが扱いやすくもちもいいですね

 

そして短く切って後悔したときに
比較的ダメージが少ない
というメリットもございます w

 

結局のところ髪型なんて
切ってみてその髪型になったご自身を
鏡で見た時の感情
似合ってるとか、満足とかの判断をするわけですから
切ってみないと分からないわけです

 

ですからいくらカリスマ美容師に
似合うと言われたショートに切ってもらっても仕上がり見て
なんやねんこの頭?ただの少年やん。。。

または、ハネまくって
上手くスタイリングできなくて切らなきゃよかった。。。
どーしてくれんねん?!
って思う可能性は少なからずあるわけです

 

しかし表面の長いヘアスタイルであるボブなら
伸ばしやすいわけだし
ハーフアップくらいはできるでしょうからね

比較的被害の少ないヘアスタイルといえるでしょう 苦笑

 

といった意味でも
ボブはやはりオススメしやすい髪型なわけです

 

とはいえ当然
ボブに向かない髪質ってのもありますから
そこはご注意いただきたいところです

向いてないのにボブにすると
ヘルメット頭や
スフィンクスのようなシルエットが
待ってます 苦笑

 

必見!!絶対にボブにしてはいけない髪質と【失敗した時の対処法】

【長めのボブ】一般人がやってはいけない超危険な髪型?!

【必読】切りっぱなしボブにして絶望する前に読むべき記事!?

切りっぱなしボブにして【失敗・後悔】する人の特徴と修正施術例


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。