必見!!絶対にボブにしてはいけない髪質と【失敗した時の対処法】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

ご存知”ボブ”といえば世代問わず
皆さんに親しまれているヘアスタイル

 

 

 

今日はそんな”ボブ”についての記事になるのですが
実際に扱いやすいということで
このブログの施術例でもボブが多いですし
髪の長い人がバッサリ短く切るときも
ボブをオススメしております

 

短く切ると、長い時には感じなかった
”生え癖”なんかを感じることが多いですし
ショートであればそんな生え癖の影響を
モロに受けやすい。。

 

さらにショートは寝癖もつきやすいし
セットもそれなりに大変だったりします

しかしボブであればショートに比べると
表面の毛が長いわけですから
”生え癖”の影響も多少うけにくいし
まとまりがいいスタイルなのでやりにくい
ってことも起こりにくいわけです

それと切って後悔したときもカバーしやすいです 苦笑
(いくら似合うからって言われても仕上がったそれをみたあなたの感情はわからない)

 

とはいえ、人の髪質はそれぞれだし
誰にでも万能な髪型なんてないわけですから
もちろん全ての方にボブをお勧めするわけでもないし

『ボブをしていけない髪質』

ってのもありますから、今回はそちらをご紹介

ボブにしたいけど
後悔したくないなんて悩んでる方は必見の記事です

そして、もうやっちまったよ。。。
とんでもないことになってるんだけど
どーしてくれんねん?!

という方にも対処法をお伝えしたいと思います

 

 

絶対にボブにしてはいけない髪質と【失敗した時の対処法】

ボブをしていけない髪質とは

 

さっそく答えからお伝えすると

・量がめっちゃ多い(後頭部 えり足)
・ド直毛
・クセが強い
・夜乾かさない(髪質じゃないけど)

 

これに1つでも当てはまるとボブは難しいです
(失敗してしまった人も当てはまってるのではないでしょうか?)

 

髪型なんて好きなのやるのが1番ですから
別にやりたいならやるべきですが
僕なら止めて差し上げたい。。。

 

夜乾かさないのはボブに限ったことではないですが
ボブのメリットである
“まとまりやツヤ感”を放棄してるようなものです

 

 

量がめっちゃ多い(後頭部 えり足)

 

量があまり多い人が無理にボブにすると
爆発ヘアーになったり
ヘルメットになったりします 苦笑

「量を減らせばいいんじゃないか?」
って思われる方多いのですが

髪の毛はすけばすくほど毛先がなくなるわけですから
毛先に厚みのあるスタイルであるボブなのに
毛先がスカスカって
もはや、ヘアスタイルではなく
使い古された竹ぼうきや
歯ブラシのような頭になります 苦笑

 

またボブの命はえり足のおさまりです

特に後頭部やえり足の髪の毛が
あまり多いともっさりしちゃいますから
シルエットが美しくない。。。

 

量がめっちゃ多い方は
耳出るくらいのショートかロングを
選択するのが間違いないでしょう

中途半端な長さだと広がりまくって
結局いつもまとめることになります 苦笑

そーなってません?

 

もちろん美容師の技術により
ヘルメット感の大小はありますが
量がめっちゃ多い方は
残念ではありますが技術以前に
向いていない。と言わざるを得ません

 

 

 

ド直毛

 

直毛すぎると単純にこうなります w

⇓ ⇓ ⇓

 

 

毛先に柔らかさを出すためにパーマとか
自身でコテで巻いたりすればなんとかなると思いますが
そーいった髪質の方は基本巻いてもすぐとれます 苦笑

 

求める方多いのですが
『カットで内巻き』とかどーやっても無理ですからね?

髪の毛が内巻きになるのは
髪質とスタイリングによるもので
ど直毛にどんだけ神がかった技術の持ち主がカットしても
内巻きになるわけもありません

だって直毛なんだもの。。。

 

ド直毛をカットで内巻きにできるのであれば
ソーメン切っても縮れ麺にできる人

いわゆるこの世のものではない人ですから
どーにか成仏されてください 苦笑

 

ド直毛の方は、すぐとれてしまうけど
それ覚悟でパーマやコテで巻くのもあり

しかし、楽したいならショートかロングがオススメです

 

クセが強い

 

まとまりのいいボブとは言え
たいていクセで広がって爆発します

クセ毛のカットも「カットで内巻き」同様
クセをなくすことは不可能です

 

なので、クセが強い方は

縮毛矯正などでクセ毛をストレートにすれば
問題ないですけど
下手するとやっぱりこうなります 笑

⇓ ⇓ ⇓

 

 

縮毛矯正を下手にかけると
毛先がツンツンの不自然な感じになりますから
わかってる人がやればこうはならない)
色々リサーチして
縮毛矯正が得意な美容師さんに
お願いするようにしましょう

 

 

他にも細かくいえば
髪の毛の硬さだったり
頭の形だったり襟足の生えグセだったり

細かいことの積み重ねでも
ボブが難しくなってしまう方もいますが

 

とりあえず

・量がめっちゃ多い(後頭部 えり足)
・ド直毛
・クセが強い
・夜乾かさない(髪質じゃないけど)

って方はボブにしない方が賢明。。。

 

 

ケーススタディ

 

たとえばこちら方

⇓ ⇓ ⇓

 

 

髪の毛多い(後頭部とくに)
そしてクセ強いです

 

ばっさり切りたいとのことですが
こういった髪質の方がボブにすると
上記の通り、だいたい爆発して
手におえないヘアスタイルになります

 

中途半端に短くすると
縛ってまとめてしまえ!という
セーフティーネットも消え失せますから
ボンバーヘッドで過ごすハメに。。。

 

縮毛矯正ができればいいのですが
矯正も、定期的にかけなくてはならなかったり
下手にかければカッパみたいな頭だし
ダメージが強いと、そもそもキレイにかからなかったり
場合によってはチリチリになることもありますから
デメリットもなくはない

 

そんなときは
ボブじゃなくてショート
しちゃった方が扱いやすかったりします

 

 

 

 

楽に扱えるなら
短くてもいいとのことだったんで
バッサリ切らせていただきました

 

できたら耳出るくらい短くした方が良かったのですが(楽さを追求するなら)
お客様の場合、あまり短く切ると
後頭部の丸みが作れない=男性的になる
って判断でこの長さ

 

今回は喜んでいただけましたが
まぁ短くしたくない方もいると思います

そんな方はロングのままのほうがいいと思います
中途半端に切ると変な頭になりますからね

 

そしてもうすでにボブにしちゃって
とんでもないことのなってるんですけど。。。

という方に対処法を
お伝えしたいと思います

 

 

毛量が多くボブにして失敗した時

 

残念ですが
しばらく我慢するか
さらに短く切る(耳出るくらいのショート)
しか対処法はございません。。。

切ってくれた美容師を呪うのも
個人の自由ではありますが
切ってしまったものはどーにもなりませんから
どうか大人の対応を。。。苦笑

 

おそらくヘルメットになっているかと思いますが
頑張ってヘルメット感の出ないように
アイロンなどを駆使して
内巻き、外ハネなどにスタイリングしてください

なんに慰めにもならないかもしれませんが
ポジティブにいえば
やってはいけない髪型を知れたのですから
今後一切それをしなければいいだけですよ w

 

 

ド直毛で失敗したとき

 

この場合もショートにするか
もしくはパーマをかけて動かすことを
オススメします

さっきも言った通り
ド直毛の人はパーマもかかりにくく取れやすい
傾向にあるわけですが
現状、日本人形のような頭になってしまっているのであれば
それしかありません。(またはコテで巻く)

 

ちなみに”ド直毛で毛量が多い”人は
パーマでも失敗する確率が高いので
まじで注意が必要ですよ。。。

 

髪が多い人がパーマで失敗しないために知っておくべきこと?!【ウケる頭回避法】

 

クセが強い

 

この場合も髪質的に
ボブに向いていなかったとしか
言いようがありませんから

クセが目立たないほどのさらに短くするか
縮毛矯正をしてクセを伸ばすしか
現状のストレスから解放されるためには
あり得ません。。。
(またはクセを丸出しにするスタイル)

 

クセが強いのにボブにするのもそうですが
カットでどうにかしようってのには
限界があるわけですから
髪質を良く考え冷静な判断ができる美容師に
お願いするようにしましょう。。。

とはいえもう切ってしまったのだから
ショートにするか矯正するかの2択かと思います

 

例えばこちらの方

 

切りっぱなしボブにして【おかっぱ?金太郎?!】の修正施術例

 

ボブにするなら矯正が必須でしょう。。。

という髪質の方なわけですが
カットでどうにかしようとした結果
おかっぱ頭になってどーにかしてくれ
助けを求めて来られた方です。。。

僕だってカットでどーにかできるなら
そーしたいわけですが
カットって物理ですから
無理なもんは無理なわけです

 

 

ということで
ボブにしてはいけない髪質の紹介と
もうやっちゃったよ。。。
という時の対処法を書かせていただいたわけですが

やはりまずは
変な頭にならないことが大切ですよ

理想を求めるのもいいと思うのですが
それによってストレス抱えては
本末転倒ですからね

やりたい髪型よりもできる髪型を
まずは優先することをオススメします

 

【切りっぱなしボブは禁止?!】クセ毛で毛量が多い人が短くするときの注意点


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
イシカワ マサキ
イシカワ マサキ
神奈川県小田急相模原駅エリアで活動中の「クセ毛美容師」 クセ毛に23年間悩み、葛藤した末に得た”目からウロコ”の解決策や 髪の毛の悩みやストレスから解放され、人生をたのしむために必須の 【美容師が教えたがらない】本当の知識を常時発信。