【パーマをかけたい全ての人に伝えたい】美しいパーマをかける極意とは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです

 

 

美しいパーマをかけるのに
必要なものとは何でしょう?

低刺激な薬剤や美容師の技術なんかを
イメージされる方が多いと思うのですが
実はそんなものは二の次です w

 

じゃあ何なんだって話なのですが
最も大切のものはどー考えたって
パーマがかかる髪の毛です 苦笑

パーマがかかる髪の毛自体が
とんでもないことになっていては
美しくかかる技術があっても無理なわけですよ。。。

 

それを知らずにか、無視してかわかりませんが
無茶なパーマをして
バッサバサな頭になってしまっている方が
何と多いことか。。。

 

パーマを失敗されるたった一つの理由と対処法【パーマ失敗の修正】

パーマしてバサバサになってしまった時の現実的対処法?!

 

 

この記事らは無茶なパーマをして
とんでもない頭になってしまった方を
紹介しています

 

パーマの失敗って9割くらいが
かけてはいけない髪の毛にかけた場合に
起こりますからね。。。

 

 

美しいパーマの極意ケーススタディ

 

 

こちらの方はパーマをご希望だったのですが
縮毛矯正とカラーとで
毛先がダメージしてしまってバサバサな感じ

写真だけではわからないかも知れないけど
僕の感覚からすると結構なダメージなわけで

ここに無理にパーマをすると
余計にバサバサになり
スタイリングもしにくくなるわけですよ。。。

 

なので毛先のパーマは諦めていただき
今回はバサバサ部分を切り落とし
根元の縮毛矯正だけさせていただきました

 

 

実はこれが1年前

それからカラーは基本はリタッチにするなど
なるべくダメージしないように施術。
自宅でもなるべく痛まないように扱っていただき

その後4か月たってこんな感じに

 

 

その後1度、縮毛矯正もリタッチ(根元だけ)
をさせていただいて
(写真探したんですけど見当たらずすいません)

今回です

 

約1年髪の毛を大事に扱っていただき
ようやくパーマかけられる状態になりました

 

これが美しいパーマのための極意

『状態が整ってからパーマをかける』

 

フラれないと確信してから告白するような
なんとも、臆病な戦略なわけですが
失敗しないためには大切なことですよ

 

恋愛なら1度フラれようが
まだ挽回は可能かも知れませんが
髪の毛の場合は挽回もなにも
数ヶ月とんでもない頭で過ごすハメになりますからね

それこそ嫌われてしまうかも知れません w

 

 

 

 

縮毛矯正かかってましす
カラーもしているので
ダメージしてないわけじゃないですけど
以前のバサバサの状態とは違いますから

仕上がりはこんな感じ

 

 

キレイにかかったと思うのですが
やはりこれは
健康な髪の毛ありきなわけですよ

 

美容師も痛んだ髪の毛にパーマをかける方法
いろいろ考えがちですが
どー考えたって
健康な髪にかけた方がキレイにかかるし
スタイリングもしやすいですからね

なのでパーマをお考えなお方は
痛んでいてもパーマをかけてくれる人を
探すのではなく

髪の毛を健康に保つように心がけることを
お勧めします

 

仕上がり全然違うので


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です