本気で美しい縮毛矯正をかけたい人以外は【絶対に読まないでください】矯正の必須知識

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

この記事を読む前に
ご理解いただきたいことが1つあります

今回の記事は
”お食事中の方は絶対に読まないでください“
ということです

 

そー言われると読みたくなちゃう?
みたいな心理効果を狙った記述では、まるでありません

シンプルに気分が悪くなると
思われるからです 笑

 

しかし、美しい縮毛矯正をかけたい

そんな方は必見の基礎知識ですから
覚悟して読み進めてください(責任取らないけど 苦笑)

 

ではいきましょう

 

美しい縮毛矯正のためにやってはいけないこと

意外と知られていないことかと思いますが
縮毛矯正を美しくかけるために
”最も大事なのはカット”です

 

弱酸性の縮毛矯正や
トリートメント成分90%で
できた薬剤を使った縮毛矯正
経験豊富なアイロン操作だか知りませんが

いくら矯正の薬剤知識や技術が豊富であっても
カットがう○こならば
仕上がりは、やはりう○こなのです 笑

世界に名前をとどろかせる1流シェフが
どう調理しようと
う○こは美食家の舌を唸らせるほどに
おいしくできないのと同じで(ある意味唸るだろうけど 笑)
何しようとう○こには変わりないわけです

 

美容室のブログで何言ってんだってことなのですが
こんな下品な例えをしてまで
深く心に刻んでいただきたいわけです

 

見ていただければ一目瞭然

 

 

左側がう○こカットに縮毛矯正
右側が正しいカットの縮毛矯正をかけた状態です

どちらも僕がかけた縮毛矯正なわけですが
誰もが右側の方が美しいと感じるのではないでしょうか

 

どちらの方も髪質は似ているし
ダメージ具合もさほど変わらない

そして、縮毛矯正をかける人間が同じでも
ここまで美しさに差が出てしまうのは
カットが原因に他ならないわけです

 

左側の方は、僕が切ったわけじゃないけど
こんな表現何度も申し訳ありませんが
う○こカットがされています。。。
いわゆる、すきすぎ

画像では伝わりにくいかもしれませんが
ふんがいするレベルですきすぎです

べんかいのよちなし 笑

 

言い訳に聞こえるのかしれませんが
すきすぎた髪の毛に美しい縮毛矯正とか無理ですからね。。。
(こちらの方はご理解の上、矯正させていただいています)

見ての通り
ストレートにはなっているけど
毛羽立ちやまとまりの悪さを感じるのはすきすぎが原因

 

縮毛矯正にできることは
くせ毛をストレートにすることで
すきすぎた髪の毛はどーすることもできないですからね

ぼくは特別、神がかったカット技術を
持ち合わせているわけではありませんが
う〇こか否かの判断はできる

 

別に、すくこと自体をクソとか言うわけではないのですが
”すきすぎると変な頭になる” ”矯正がキレイにかからない”
ってことを
声をにして伝えたいわけです

 

ということでぜひ、あなたも
う〇こカットをされないように

・量が多いのですいてください
・重たいので軽くしてください

こーいったことは言わないほうが賢明です

もれなくう〇こになるので 笑

 

また冷静なな判断のできる
あなたにとって信頼できる美容師を見つけてください

もちろん美容室、美容師選びは慎重に。。
テキトーに選ぶとババひくこともありますからね 苦笑

 

といった冷静とは思えない
ふざけた、きったないブログですが
内容はいたって大真面目
クセ毛のあなたが美しくなるための必須知識です

 

必読

↓ ↓ ↓ ↓

要注意!!「量が多いのですいてください」は変な頭への片道切符?!

変な頭になる前に知りたい?!髪の毛をすく理由

 

毛量が多い方に伝えたいカットのカラクリ?!〜変な頭になる前に〜


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です