【ショートの縮毛矯正でカッパ?】失敗しないために知るべき3大条件!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

あなたは

”ショートにしたら縮毛矯正できない”
もしくは
”縮毛矯正したらショートにできない”

なんてことを、聞いたり
言われたことはありませんか?

 

確かに縮毛矯正とショートって
相性がいいかといったら、そんなことないので
積極的にオススメはしたくないのは事実です 苦笑

 

とはいえ、出来ないかと言われたら
そんなこともないわけで、全然可能です!

 

しかしながら
全ての人ができるかといったら
そんなわけもなく
やっちゃいけない人がやったら
カッパみたいな変な頭が完成します 苦笑

 

プロ野球選手になることは可能なことですけど
全員がなれるわけはなく、なるためには
才能や努力や運などの条件が必要なことは
誰もが知ってることですよね?

そして残念ですけど、あまりに運動に向いてない人が
プロ野球選手を目指すのは
個人のすき好きですけど
あまりにも辛いことになるでしょう。。。

 

ショートの矯正も同じ。。。
残念ですけど向いてない人がいるのも事実ですからね

ということで今回は
ショートの縮毛矯正ができる”3大条件”
ってのも持ってきました

 

ショートだけど縮毛矯正しようか悩んでる
方の参考になればと思います

この条件を満たしていないのに
ショートの縮毛矯正なんかしたら
まじでカッパですからね

 

そして基本的にカッパになったら
坊主にする以外、人間に戻れないと思ってください w

 

美しいショートの矯正の三大条件

 

1・痛みにくい毛質。痛んでない髪の毛。

いきなり残酷なお知らせです w

髪の毛が細く柔らかかったりして
痛みやすい毛質の方は矯正して
ショートとか考えてはいけません

てかショートに限らず
縮毛矯正ってあまりに痛んでる髪の毛に
キレイにかけるの不可能なわけですが

特にショートの縮毛矯正って
ロングに比べると
自然にかけるの難易度高いわけですから
(カッパになりやすい)
あまりに痛んでないことが絶対条件になるわけです

 

どのくらい痛んだらダメなのか?

その痛み具合ってのは
実際見てみないとわからないのですが
わかりやすい例をあげるとするなら

ホームカラーハイライトを入れたカラー
やってたらダメだと思ってください 苦笑

・コロナで美容室に行きにいから自分で染める
・流行だしお洒落だからハイライトを入れたい

気持ちはわかりますが
どっちも縮毛矯正との相性は最低な
ダメージの強い施術であり
美しくありたいならやってはいけない行為です

 

 

2・3ヶ月に1度の縮毛矯正

縮毛矯正をかけている場合
髪の毛が短いほど
頻繁にかけなくてはならないのはご存知かと思います

なぜなら短い方が
伸びてきたくせ毛の影響を受けやすいですからね

3ヶ月もしたら
クセの影響をうけて暴れだすので
美しさを保つためには
矯正する必要があるわけですね

それが嫌ならオススメできません

 

3・毛量の指定とかしない

・量が多いのですいてください
・軽めが好きなので内側をたくさん減らしてください

こーいった毛量の指定をすると
変な頭が完成します 苦笑

コレはいつも言ってることですけど
そもそも髪の量は好みで減らすものではなく
やりたいヘアスタイルが決まった時点で
減らす量も決まってきますからね

 

そして縮毛矯正をする場合も
縮毛矯正用のカットってのがあって

・量が多いのですいてください
・軽めが好きなので内側をたくさん減らしてください

っていうのは
「縮毛矯正用のカットしないでください」
って言ってるようなもんです 苦笑

 

当然、やりたいヘアスタイルや
何か要望があれば伝えるべきかと思いますが
くれぐれも毛量の指定はしないようにしましょう

 

ショートの矯正ケーススタディ

 

 

こちらの方は定期的に縮毛矯正させていただいてて
いつもは”扱いやすいボブ”
に切らせていただいてますが
今回はどうやらショートっぽくしたいとのこと

基本的に縮毛矯正と相性が良いのは
ロングかボブで
大体の美容師も同じこと言うと思います

しかし、ずっと同じも飽きる気持ちも非常にわかる

 

とはいえ安易にショートにすると
カッパになって”飽きる”以上に
辛い思いすることになるので
3大条件の確認が必要なわけですね

 

逆に条件を満たしているのであれば

 

 

ご覧の通り
縮毛矯正してても美しいショートはできるわけです

 

といことで、ショートにする前に
”3大条件”確認してきてください


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です