後悔する前に知っておきたい【縮毛矯正で作るボブのデメリット】とは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正をかけつつ美しいヘアスタイルを
保つ方法として
最もオススメなのが”ロングorボブ”

ってのは知っている方が多いかと思います

 

長い方が当然伸びてきた時の
クセ毛の影響を受けにくいわけだし
毛先も自然な雰囲気を作りやすい

そしてボブもまとまりの良いヘアスタイルなわけだし
クセの影響を受けにくいです

そしてクセ毛の憧れである
”ツヤ”も出やすい髪型になるので
クセ毛で縮毛矯正かけている方には
僕個人としては最もオススメしたい髪型です
(実際このブログの矯正の施術例はボブが多い)

 

てか扱いやすさとか
もちを考えるとボブに行き着いてしまうのですが
当然デメリットもあるわけです

 

ということで今回は
ボブをオススメしているにも関わらず
ボブのデメリットをお伝えする
という理解に苦しむ記事です 苦笑

 

しかし
いくらボブがオススメとはいえ

今日書くことを理解しておかないと
”デッドorアライヴ”。。。笑

地獄のような日々を過ごすことになるので
気をつけていただきたいところであります

 

縮毛矯正でつくるボブのデメリット

 

いつもお伝えしていることで
縮毛矯正をするなら
縮毛矯正が必要なら
「あんまりすくな!」

というのがあります

 

ヘアスタイルを作る上で
髪の毛の量はやりたいスタイルが決まった時点で決まってくるので
そもそも多いからすいてくれってのは
あり得ないオーダーなわけですが

縮毛矯正をするのなら尚更、毛量の指定は禁句です。。。

 

頭の中に短い毛をあまり作ってしまうと
その短い毛たちは伸びたらすぐにクセの影響を受けやすくなってしまうので
縮毛矯正したのに、すぐに広がったり
モチの悪い状況になってしまうわけです

そしてそもそもですが
短い毛がたくさんあると縮毛矯正のアイロン時に
キレイにクセが伸ばせません

専門的になってしまいますが
髪の毛に均一なテンションがかけられないので
クセの伸び具合もまだらになりやすいです

 

 

といった理由で
縮毛矯正をするならあまりすかない方がいいわけで

これがおそらく最大のデメリットなのですが

”基本重ためです”

 

シャンプーも大変だし
乾かすのも大変です

 

しかし
美しいボブスタイルをするのであれば基本中の基本で

もしあまりに
すいてしまってはこうなるわけです

 

 

 

これって一応ボブに切ってあるのですが
すきすぎによって毛先ペラペラの
意味わかんないスタイルになってます 苦笑

さらに毛先がペラペラの状態に
縮毛矯正かけると
毛先がまっすぐすぎのいかにも矯正した感じ

カッパのような状態になります。。。

 

これはもはや地獄以外の何者でもなく
伸びるまで我慢するしかないわけです。。。

 

毛先に自然な雰囲気や丸みを求めるのであれば
”毛先の厚み”は必要で
多いからとすいてくださいってのは
その厚みを削ることになるので

カッパにしてくださいって言ってるようなもんです 苦笑

 

またはカラーなど
原因はなんでもですが
毛先があまりに痛んでいてもカッパ確定です

ボブなどのヘアスタイルに限らず
痛んでいてはそもそもキレイに縮毛矯正がかかる理屈がないし
かけられたとしても
不自然感はいなめないカッパです

 

ということで
縮毛矯正をかけつつ美しいボブスタイルをお望みであれば
毛量に関してはご理解ください

 

もしくは、すきまくって
変な頭になってください 笑

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です