縮毛矯正がかかった髪の毛を切って【毛先ツンツン】になったのを治す方法?!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正って
クセ毛の方にとっては
欠かせないメニューでありますし
すばらしい技術だと思うのですが

 

「不自然なスタイルになりやすい」

 

ってのも事実あります

 

普通の美容師であれば
ただクセを伸ばすだけではなく

なるべく自然な縮毛矯正を心がけますし
その技術を追求します

 

しかし
今のところどんな技術をもった美容師でも

「縮毛矯正をかけている方が短く切るとき」

そんな時は
どうしても不自然なスタイルになってしまいます。。。

 

先日のお客様です

⇓ ⇓ ⇓

 

 

縮毛矯正をかけていないみたいに
縮毛矯正かけさせていただいています

クセ毛の種類やクセの強さによって
出来る出来ないはありますが

毛先にいくにしたがって
ゆるく縮毛矯正をかけているわけです

それによって
自然な雰囲気に見えると思います

 

逆に言えば

根元から中間にかけては
クセをある程度伸ばさないと
広がるしまとまらないので
しっかり縮毛矯正してるわけですが

 

短く切るってことは
しっかりクセを伸ばしているところが
毛先になるわけです

 

すると
当然不自然なツンツンのストレートになります

 

 

 

髪質的に
全体的にゆるめの縮毛矯正で
対応できるのであれば

短く切ってもそこまでツンツンにならないとは思いますが

 

そうでなければ
ほぼツンツンになります

 

有名な縮毛矯正の巨匠でさえ
そう言ってます

 

今回のお客様も短く切らせていただいたのですが
見事に毛先ツンツンに
なっておられました 笑

 

こんな感じです

 

 

ですから
短く切ったらツンツンなるのですから
それを回避するためには

ツンツンの毛先を
毎日ブローやアイロンで自然な動きを付けるか

パーマで曲げるか

の2択になるわけです

 

 

ブローやアイロンを
出来るのであれば問題ないのですが

 

実際は不器用だからできない
朝そんな時間ない

って方がほとんど

 

なので
毛先曲げるパーマになるのですが

髪の傷みが強いとパーマができない

 

これが
常々いっている
なるべく傷ませないようなケアをしろ

という所以です

 

髪の傷みが強いと
やりたいことができない

ってのが多々ありますからね

縮毛矯正かけている方は尚更です

 

 

ってことでお客様

短く切ったら
ツンツンになったので毛先にパーマしてこんな感じ

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

乾かしただけ

ダメージはなかったことないので
少しパサつきは残ってしまいましたが
毛先ツンツンの不自然なスタイルは逃れられました

 

縮毛矯正されているかたは
ぜひ普段からの髪の毛の扱いに気を付けてください

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です