コテで巻いたみたいなカールはパーマは再現できるのか?【結論:髪質次第】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

パーマのお客様を担当させていただくことが
多いのですが
そんなパーマをご希望のお客様のほとんどが

 

無理なヘアスタイルを望んでおられます 笑

 

っていうのも
”やりたいヘアスタイルのイメージ画像”ってのを
もってきていただくことが良くあるし

コチラとしても、とてもわかりやすいので
ありがたいのですし
むしろ美容室にはそーいった画像を
持ってくことを推奨しています

 

しかし

 

残念ですがそれらのイメージ画像を
パーマで再現することはほぼ不可能です 笑

 

なぜなら
それらは99%、コテで巻いているスタイルで
パーマなんてかけてないわけです

 

巻いた方がツヤも出るし
キレイなカールも作れるし
ヘアスタイルとしてクオリティが高い

インスタ映えを考えたら
コテで巻きまくった方が圧倒的にキレイです

 

ってことは、コテで巻いた方が
間違いなく理想のヘアスタイルに近づけるわけです

 

ですからコテで巻いてください 笑

 

 

って言いたいところなのですが
コテで巻いたりが苦手だったり
朝そんな時間がないから
楽にそういったスタイルをできないかってことで
パーマをご希望なわけですよね

 

で、結論なのですが

コテで巻いたのと
全く同じにするのは不可能ですけど
髪質次第では近い雰囲気は作れます

 

先日のお客様

 

 

 

例のごとく、毛先にコテで巻いた感じの
大きいカールをご希望です

そんな方のためのパーマが
ご存知デジタルパーマ

 

 

ダメージはそこそこしますが
比較的コテで巻いたスタイルに近いものが
再現可能です

 

ちなみに最近では、低温デジタルパーマなどの
なんだか髪の毛に優しそうな
メニュー名にしているサロンもありますが

ただのネーミングだけの
イメージなので注意してください

デジタルパーマはパーマの中でも間違いなく
1番ダメージ強いですからね

 

そうでなければおそらく詐欺パーマ

デジパーとかいって
機械使って工程を複雑にして
普通のパーマかけてたりしますからね 苦笑

 

偽デジパーに気をつけろ!?本当のデジタルパーマはこれだよ!

 

本当のデジパーと偽デジパーの違い?!

 

これらの記事にも
書いてあると思うのですが
デジタルパーマは比較的ダメージが強いわけですが
コテで巻いた感じの
ツヤのあるカールをつくるには必須の技術なわけです

 

しかしそれも『髪質次第』ってことは
忘れてはいけません。。。

残酷な話ではありますが
美容の技術って髪質の依存するものばかりで
例えば、チリチリしてる髪質の方であれば
デジタルパーマをかけようがコテで巻いた感じどころか
変なくせ毛になるだけだし

髪がちょー細い人も
デジパーだろうがパーマ自体がかかりにくいです。。。

なのですべての人が
コテで巻いた感じにはなりませんが
お客様のような、あまりクセもなく
細すぎない髪の毛であれば

 

仕上がり

 

 

ねじって乾かしただけですけどコテで巻いた感じ

もちろんコテで巻いた方が
もっとキレイだと思います

あくまでコテで巻いた風ですからね。。。

しかし、乾かすだけなので圧倒的に楽でしょう

 

もう一つ忘れてはいけないのは
パーマは髪質以外に
『髪の毛の状態にも依存する』ということです

要するに、ダメージ強い
痛んだ髪の毛にはキレイなパーマは無理ですよ
って話です

いくら髪質がパーマに向いていようが
痛みが強ければコテで巻いた雰囲気どころか
ソバージュみたいな頭になりますからね 苦笑

 

追伸

それと
毎日コテで巻くのとデジタルパーマどっちが痛む?
みたいなこと聞かれることもあるのですが

普段使っているコテの使い方
(温度 巻いている時間)などでも違いますが

デジタルパーマの方が痛みは少ないです
(あくまで持論です)

 

っていうのもデジタルパーマは基本的に
1度かけたらほぼとれないですから
同じところに何度もかける必要ないし
そしたらそれ以上痛むことはないですからね

コテは巻けば巻くほど痛むわけで


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です