白髪染めで【生え際がすぐ白髪になるからしっかり塗って】とか言わない方がいい理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

 

「生え際はすぐ白髪になるからしっかり塗ってほしい」

 

 

言ったことある人も
言わないにしても思ったこともある人も
たくさんいると思います

実際にこれは美容師なら
白髪染めの際によくうかがう
あるある要望の1つなのですが

 

今日はコレに関してぶっちゃけ言わせていただきます

それ新たに伸びてきた白髪ですよ。。。苦笑

 

すぐ白髪になるからしっかり塗ってほしい
とか言わない方がいい理由

 

まず、白髪染めだろうが
ファッションカラーだろうが
髪を染めた結果は(色味の問題を抜きにして)

染まっているか?
染まっていないか?

のどちらかなので
その時染まっているなら
しっかり塗るもなにもないわけです 苦笑

 

もちろん染まっていないのなら
塗り残しや、薬剤の塗布量、放置時間の問題で
美容師のミス。申し訳ないことなので
しっかり塗ってくれよーってのは
おっしゃる通りなのですが

染まっているのなら
しっかりも何も。。。という話
(薬たっぷり塗ったらもちがいいとかないです)

 

顔まわり(生え際)の白髪がすぐ気になるのよね~
ってことで
「しっかり塗ってほしい」
って方が多いわけですが
気になっているのは”伸びてきた白髪”

 

 

それって前回染めた部分の色が
ぬけてしまっているのではなく
新しく生えてきた白髪がやん。。。
ってことが非常に多いわけです

 

極端に明るい白髪染めなのであれば
色がすぐに抜けちゃって気になる。。。
なんてことあるかと思うのですが

そうでない一般的な白髪染めなら
すぐに落ちちゃったなんてことないはずです

 

なのでその場合しっかり塗ったところで(染まっていれば)
白髪は新たに伸びてくるには変わりないわけですから
気になるまでの期間はかわらないわけですよ

 

むしろしっかり塗ってくださいなんて
アホな美容師に頼むと

それを真に受けて
親切に?生え際にしっかりとたっぷりの
カラー剤塗ってくれると思います

 

しかし薬剤には適量というものがありますから
少なすぎても染まらないし
逆に多すぎると、無駄にダメージを
強くうける可能性もあるわけです

 

ただでさえ生え際である顔周りの髪の毛って
細かったりするし
ブローなどを一生懸命する場所なので
熱や摩擦で、痛みやすかったりします

そこに必要以上のカラー剤をつけるなんて
デメリットでしかありませんよ

 

さらに
ダメージのムラになるわけですから
そしたらパーマや縮毛矯正にも
悪影響が出てきますからね

パーマのかかりもムラでキレイにかからなかったり
顔周りの毛がチリチリになったり。。。

 

ってことでまとめると

生え際の白髪がすぐに気になるからって
しっかり塗ってもカラーは
染まっているか
染まっていないか
なのでそんなこと頼んでも意味ないです

それどころか
色んなことに悪影響を及ぼすこともありますからね

しっかり塗ってくださいなんて
言わない方がいいですよ?

ってことでした

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。