【縮毛矯正の不自然な毛先】を自然な内巻きにする2つの方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正をした髪の毛を
短く切ったら大変なことになった

もはやこれは
縮毛矯正あるあると言っても
いいのではないのでしょうか?

 

縮毛矯正は1度かけたら
基本的にずっとまっすぐですからね
それがメリットのようなデメリット。。。。

美容師が教えたがらない【縮毛矯正のデメリット】を徹底解説

 

だいたい縮毛矯正の施術を行う時
根元から中間はしっかりクセを伸ばし
毛先はゆるくかけるか。内巻きにするか。

そうすることによって
自然な縮毛矯正ができるわけです

 

しかし
その後ヘアスタイルチェンジのため
短く切る際に

クセをしっかり伸ばした
中間部分で切ってきまうと
毛先がツンツンになっちゃうわけですね

 

 

これは縮毛矯正かける方の宿命みたいなもんで
イヤって言われても
そーゆーもんなので。。。
としか言いようがない 苦笑

それを回避したければ
短く切らずに長いままをキープするか
そもそもの縮毛矯正を
”ゆるめにかけておく”という方法があります

 

その場合クセの伸びがイマイチってことですから
それはそれで困っちゃう人もいるので
人を選ぶかけ方でしょう

  1. そんなこんなで
    短く切って不自然な状態の髪の毛を
    自然な内巻きにしたい
    って要望も少なくないのも当然でしょう

 

そしてそれはカットでどうこう
できるものではないので、解決策としては

・自分でブローやアイロンで動きをつける
・もう一度縮毛矯正をして毛先を丸める
(もしくはパーマ) 

の2択かなと。。。

それかあきらめて
縮毛矯正してるところが
なくなるまでしばらく我慢 苦笑

 

ケーススタディ

縮毛矯正をかけた髪の毛を
短く切ったら大変なことになったお客様です

 

 

毛先が変にまっすぐ過ぎて
まとまらない。はねる。と言ったお悩みです

 

 

解決策はさっき言った通り

・自分でブローやアイロンで動きをつける
・もう一度縮毛矯正をして毛先を丸める
(もしくはパーマ) 

の2択になるのですが

前者の場合は
もちろん自分である程度
セットする必要があるので
大変に感じる人は大変でしょう

後者の場合は
全く何もしないでヘアスタイルになるわけでは
ないけど、セットは比較的楽

しかし
ダメージが強いと無理!という側面もあります

 

縮毛矯正ってただでさえダメージ強い
メニューですからね

そこにさらにもう一度かける
ってことですからそれなりに
リスクもございましょう

 

下手したらチリチリバザバサで
さらにまとまらない
扱いにくいってことも考えられますからね。。。苦笑

 

なので「縮毛矯正の不自然な毛先を
自然な内巻きにできますか?」
って言われたら
髪の毛の状態によるとしか
お答えできないのが正直なところです

 

とはいえお客様の場合は
カラーもしてないし
ダメージも比較的少なかったので
自然な内巻きになるように
縮毛矯正させていただきました

 

 

ハネやすい長さではあるので
根元をふわっと持ち上げるように
乾かすのがコツになりますが
自然な内巻きになったかと

 

今回のように1回でキレイな
内巻きは難しい場合もありますが
基本ダメージがなければ可能ですからね

毛先がツンツンの不自然な頭になっている方は
1度ご相談くださいませ

 

【縮毛矯正の失敗】毛先ツンツンの恥ずかしい頭は治せるのか?!「条件あり」

縮毛矯正の毛先ツンツンを治す2つの方法?!

すかれ過ぎツンツンしすぎの縮毛矯正失敗の修正

縮毛矯正の毛先の不自然さから解放されるための3つの手段!これ以外ないです

縮毛矯正で不自然にまっすぐになった髪を直すための【絶対条件】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。