ショートの縮毛矯正はあまりクセを伸ばしすぎない方が良い理由?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

 

さっそくですがケーススタディ

 

 

こちらの方のお悩みはというと
毛量が多くクセ毛で広がりやすいということ。。。

そこで広がると結局縛ってしまうので
今回はバッサリ切りたいようです

 

しかし、クセ毛で広がる髪の毛の方が
バッサリ切るときは注意が必要でありましょう

 

というのも
長さがあることであった”重さ”
なくなるわけなので
さらに広がる可能性が非常に高い。。。
(くせ毛あるある)

 

そして切ってみないとどのくらい広がるかは
わからないのが正直なところ。。。
(そこが美容師の経験がものをいうところですが
完璧な予想できる美容師なんていない w)

 

なので広がるクセ毛がバッサリ切るときは
縮毛矯正をかけて広がりを抑えるのがベスト
と僕は考えております
(結果的に広がらないならかけなくても良いし
矯正のデメリットも当然ありますが)

 

これから湿気や汗の影響も
受けやすい時期になっていきますからね

湿度対策のオイルやシャンプーも
これからドラッグストアなんかで
目にする機会が増えるかと思いますが

どれも結局は油で髪の毛重たくして
広がりをおさえるものなので
べたつきやすい。。てか効果はたかが知れてる

 

ストレートアイロンやブローで
クセを伸ばすにしても
毎日大変だし湿気には勝てない。。

 

って考えると、やっぱり縮毛矯正が
楽だし湿気の影響も受けないので
オススメではあるのですが

お客様、今回は時間がないとのこと。。苦笑

ってことで
今回はとりあえずカットだけ

 

 

 

軽くブローはしましたが
なんとなく収まりよくできたと思います

ちなみに、毛量の多いくせ毛の方は
ボブなんかよりこのくらい切っちゃった方が
収まり良い場合が多いです

必読 ↓  ↓  ↓

必見!!絶対にボブにしてはいけない髪質と【失敗した時の対処法】

 

しかし湿度が高い日や汗かいたりしたら
やはり広がりやすいと思うんで
縮毛矯正できると楽だと思いますよ

 

ということだったのですが
その1ヶ月後

やはり広がるってことで
縮毛矯正させていただきました w

向き逆ですけど
治り、ツヤはまるで違うのが確認できるでしょう
そして楽。

 

ちなみにちなみに
個人的にはショートの縮毛矯正は
あまりクセを伸ばしすぎない方が良い
考えています

 

実際にお客様にもそーさせていただいたのですが
まず、ぺったってしてしまっては
カッコよくないし

ショートってそもそもバランス崩れるが
早いのもあるし
クセをしっかり伸ばして
地毛とのギャップをあまり作ってしまっても

さらにヘアスタイルとして
もちが悪くなりますからね

 

伸びてきたときに
地毛のくせ毛と既矯正部の馴染みがいいように
あまり真っ直ぐにしすぎない方がいいよね

ってことです

 

もちろんあまりクセが強ければ
しっかり伸ばさないと
スタイルにならなかったりもしますので
髪質を選ぶかけ方ではありますが

「あまりクセを伸ばしすぎない」
というのも人によってはアリですよ
ということです

ぜひ参考に

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。