【失敗しない?!】縮毛矯正をしてる髪の毛に動きをつける2つの方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正といえば
あの忌々しいクセを現在最も効果的に
真っ直ぐにする技術であることは
こんな美容師のブログ読んじゃってる人は
誰もが知っていることでしょう

 

しかし実際にかけたことがある人は
感じたことある人も多いと思いますけど
便利な技術であることは
間違いなのですが、矯正かけることにより

・ペタってする
・真っ直ぐすぎる
・動きが出ない

などの悩みを新たに抱える方も
少なくありません

 

ノーペイン・ノーゲイン
(痛みなくして得るものなし)

クセをなくすというメリットを享受する代わりに
多少の痛みも必要なわけですね

 

うるせー何がノーペイン〜だよ?!
カッコつけてんじゃねーよ!
矯正かけて動きが出ないのに悩んでんだよ
どーにかしてくれよ!

ってお客様です
(そんなこと全く言ってないけど w)

 

 

 

半年ほど前に縮毛矯正をかけたそうですが
さっき書いた通り
やっぱり動きが欲しい
ブログ見てご来店です(ありがたい)

 

縮毛矯正がかかった髪の毛に
動きを出す方法は
(てか矯正じゃなくても直毛に動きを出すなら)

・ご自身でアイロンやコテを使って動かす
・パーマをかける

基本的にはこの2つです

 

もちろん髪の毛が動きやすいカット
施すことも大切なのですが
真っ直ぐな髪の毛をカットで曲げるとか
どー考えても不可能なので

アイロンやコテを使ったスタイリングやパーマが
必須になってくるわけです
(カットはその土台づくり)

 

そしてその2つ選択肢

オススメなのは圧倒的に前者です 苦笑
(アイロンやコテで動かす)

 

なぜなら間違いがないから

 

めんどくさいし
ある程度技術は必要かと思いますが
アイロンやコテを使ったからって
とんでもない頭になるわけでもないし
洗えば元どおりですからね

しかし
縮毛矯正がかかった髪の毛にパーマの場合
下手したらチリチリ頭になる可能性があるし
チリチリじゃなくても
美しくかかる可能性が低いのが現実です。。。

 

髪の毛からしたら
真っ直ぐにされたり、クセをつけられたり
それなりにストレスだし
結構ダメージ蓄積されるわけですよ。。。
(ダメージ強いとパーマきれいにかかんない)

しかも広がるのが嫌だから縮毛矯正したのに
今度はクセをつけるわけですから
元どおりに広がる可能性もあるわけで
正直オススメしたくはない(美容師の本音) 苦笑

 

とはいえお客様の場合
カラーもしてないしダメージも少なかったので
パーマかけても大丈夫だろうって判断で
パーマさせていただきました

 

 

 

 

乾かしただけですが
なんとなく動きはつきました

 

とはいえやっぱり
この程度の動きですし
(あまり動きをつけようと無理をすると広がるだけだから)
今回はお客様の髪質と髪の状態が良かっただけ

痛みが強かったり
痛みやすい髪質の方は
ご自身でアイロンやコテで動きをつけた方が
絶対に間違いはありませんので
お気をつけください

 

【失敗する前に知りたい】縮毛矯正がかかっている髪にパーマができる4つの条件

縮毛矯正がかかった髪の毛に美しくパーマをかけるための【絶対条件とは?!】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。