縮毛矯正で不自然にまっすぐになった髪を直すための【絶対条件】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

毎日ブログを書いていると
ありがたいことに、質問やお悩み相談を受けたり
実際にこのブログ見て
ご来店いただけることもあるのですが

縮毛矯正に関しての記事が多いのもあり
縮毛矯正で毛先が不自然になってしまったのを
どーにかできないか?またはどーにかしてくれ!
って方が後を絶ちません。。。苦笑

 

そんな方々に
矯正で不自然になってしまった髪を
どーにかするための条件としてお伝えしているのが

・あまり痛んでない
・毛先に厚みがある

この2つです

 

というのも毛先の不自然な状態を
どーにかするためには
パーマをかけるか、カールがつくように再度
縮毛矯正をかける必要があり

そのためには

・あまり痛んでない
・毛先に厚みがある

この2つが必須条件なわけです

 

あまり痛んでない

これは当然の話なんですけど
痛みが強い髪の毛にパーマや縮毛矯正が
キレイにかかる理屈なんてありませんから
あまり痛んでないのは絶対条件です

上手い人ならなんとかかけてくれるのではないか?
やさしい薬剤なら。。。

そー思う気持ちもわかるのですが
痛みが強い髪って
そもそもパーマや矯正がかかる部分がないので
(髪内部のタンパク質)
上手い下手の問題や、薬剤の性能の問題でもなく
どーやってもかかりません 苦笑

 

毛先に厚みがある

これも当たり前の話なのですが
毛先に厚みがなくペラペラだと
そもそもまとまりが悪いし
パサついて見えがちだし
そんな部分にパーマしてもさらにパサつくだけです

もしかけようものなら、キレイなカールには程遠く
間違いなく思った雰囲気と違う!って
文句を言いたくなることでしょう 苦笑

 

で、残念なのですが
縮毛矯正して毛先が不自然な場合って
だいたいの方が
痛みも強いし、毛先がスカスカしてます。。。

なんなら
痛みが強く、毛先がスカスカだから不自然になる
っていってもいいでしょう

 

 

 

こちらの方は
半年ほど前にかけた縮毛矯正による
毛先の不自然な状態をどーにかしてくれってことで
まさにブログを見てご来店いただきました

そろそろクセが出てきてまとまらない
ってのと
毛先がまっすぐになりすぎてしまった部分に
自然なカールが欲しいとのこと

で、ぱっと見た感じそんなにクセ出てないのですが
めくってみるとこの通り

 

 

 

確かにうねりも気になるんですけど

そんなことより
例のごとく、すかれすぎでペラペラ。。苦笑
見ての通りまるで毛先に厚みがありません

 

ぶっちゃけこんなにすかれていたら
パーマしようと
毛先に自然な丸みなんて作れないし
そもそも髪型ですらない w

痛みもそれなりにありますから
毛先にカールが欲しかったり
普通の髪型するためには
短く切るしかありません

 

そうなのです。。。

縮毛矯正で不自然になった髪をどーにかするには
短く切らなきゃならないことがほとんどです
(だいたい痛んでるし、だいたい厚みがないから)

 

いやいや、こっちは伸ばしてるんだよ!
短くなんてしたくないよ!

もちろんそんな方もいらっしゃるでしょうし
それはそれでいいと思うのですが
それならご自身でアイロンを通して自然な形をつくるか
コテでカールを作ることをオススメします

 

美容室の技術で
不自然な状態をどうにかするには

・あまり痛んでない
・毛先に厚みがある

この2つが絶対条件ですからね

 

ということで少し短く切らせていただいて
こんな感じ

 

 

根元の縮毛矯正と
カールが作れるくらいの厚みが出る長さにカット

そしてデジタルパーマさせていただきました

 

少しパサつきが残ってしまったのが
申し訳ないところなのですが
痛みもそれなりにあり
完璧を目指すならボブくらいに切らないと
難しかったのでご理解ください

 

ということで
矯正で毛先が不自然になってしまった場合
それをどーにかするには

・あまり痛んでない
・毛先に厚みがある

が必要であり
正直、ほとんどの方がその条件を満たしてないので
短く切る必要がありますよ

それが難しいのなら
ご自身で巻いたりするようにしましょう

ってことです

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です