【パーマかけて絶望する前に読め?!】ショートのパーマでおばちゃんにならない方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

パーマかけたらおばさんみたいになりました

そんな悲しい事態に陥ってしまった方も
少なくないようで
こちらの記事は結構前のものなのですが
比較的に人気記事です

 

気をつけろ!パーマをかけたらおばさんになってしまう原因と対処法!?【保存版】

 

パーマをかけておばさんになる理由と
ならない方法を書いているのですが

おばさんになる理由の1つに
かかりすぎ(パーマ強すぎ)ってのがあるわけです

 

しかし思ったのですが
これって素人が知ったところで
かかりすぎにするか、そうでないようにするかは
美容師次第ですから
あなたにできることは1つもありません 苦笑

あまり強くしないでください
っていうくらいでしょう。。。

 

しかしそんなこと言われても
美容師としては、かからなすぎたら
すぐとれっちゃったよ!って言われるのも嫌だし
せっかくパーマかけるんだから
それなりに動きをつけたいわけですよ

なので今回は
強い。弱い。ではなく
そもそもおばさんにならないパーマの
オーダーの方法をお伝えしたいと思います

ちなみに今回はショートのパーマに関してです

なぜならショートのパーマが
最もおばさんになりやすいからです w

 

おばさんにならないパーマケーススタディ

 

 

こちらの方は伸ばしてたのですが
やっぱりドライヤーも大変だし、暑いし
バッサリ切りたい

そして動きがある感じのパーマを
かけてみたいとのこと

で、こちらの方のような
見ての通りそれなりに毛量のある方は
パーマをかけると
人一倍おばさんになりやすいです 苦笑

それなりにボリュームのある髪に
少なからずボリュームの出る技術である
パーマをするわけですから、下手したらこんな頭です

 

 

w

そして、ショートのパーマで
おばちゃんっぽくなるのは

ヘムラインと言われる生え際の部分の
かかりすぎやボリュームの出すぎ
が原因がの場合がほとんどで
その場合もこーなります

 

 

w

なのでショートのパーマで
おばさんにならない方法としてオススメしてるのは

”トップだけかける”

という方法です

 

もし、あなたがやりたいとお持ちになった
ヘアスタイル画像の髪型が
トップ以外にも(顔わまり)動きがついている場合でも
パーマをかけるのはトップだけにしてください

こんなこと言ったらアレなのですが
あなたは雑誌のモデルではありません 苦笑

 

超絶に顔が小さいわけでも首が長いわけでも
髪質がちょー恵まれてるわけでも
雑誌に出ちゃうくらいオシャレでもないですよね?
(もしそーだったらすいません)

そもそも一般人が
モデルと全く同じようなヘアスタイルを
するのが無理があって
参考にする程度なら問題ありませんが
全く同じに真似すると、むしろ変になるだけ。。。

 

例えば、僕は背が低いのですが
雑誌のモデルのような
殺し屋みたいな黒いロングコートとか着ちゃうと
まじでウケる感じになること間違いなし w

なぜならスタイルがまるで違うからです

 

髪の毛も同じで
モデルだから(顔が小さくて髪質もいいから)
イケてる雰囲気になるわけです

残念だし、残酷な話ではあるのですが
前提が違えば同じになるわけないのです

 

 

 

バッサリショートにさせていただき
トップだけかけました

テキトーに乾かしてワックス揉み込むだけ

 

楽だし、動きもついて個人的にはいい感じ
おばさんぽくもないかと思いますよ

 

ということで
ショートのパーマでおばさんになりたくない人は
トップだけかけてください
美容師に伝えるようにしましょう

 

もちろんあなたがモデルような
骨格に髪質でオシャレな雰囲気なのであれば
色々チャレンジしていいと思いますが

そーじゃないって思うのであれば
気をつけましょう

 

おばさんみたいとか
変な頭ってストレスですもんね。。。

理想を追うのもいいことだし
僕も応援したいのですが
絶望はして欲しくない

からこんなブログ書いてるわけ


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です