【知らないといつか後悔?!】パーマで大きいカールができる条件とは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「大きいカールを作りたい」

パーマにおいてそんな要望も
少なくないのですが
(ゆるふわとか言ったりしますよね)

 

大きいカールを作るために大事なのは
もちろん美容師の技術です

まずはカットから始まり
その人の髪質や髪の状態を見極め
パーマの種類や薬剤を選択し
巻くロッドの大きさや本数、そして放置時間など

様々な要素により仕上がりが決まるわけですから
美容師の技術や知識、判断力は
ちょー大事なわけですね

美容師の技術がクソならば
クソみたいな髪型になるのは
紛れもない事実でしょう。。。

 

しかしそんなものより
もっと大事なものがあるのを
ご存知でしょうか?

 

それは

あなたの髪質です 苦笑

 

先日書いた記事

言ってはいけない髪の毛の残酷すぎる真実【ヘアケアは無意味?!】

 

残酷な話ではありますが
美容の技術なんてまじで髪質ありきです

僕だってそんなの言いたいわけじゃないし
美容師の技術で
全てのお客様を満足させたいにきまってますよ

しかし、現実問題
髪質的に無理のもんは無理なわけで
雑誌のモデルのゆるふわな雰囲気や
大きいカールを作れるかどうかも
例外ではないのです。。。

 

パーマで大きいカールが作れる条件とは?

 

大きいカールが作れる条件としてあるのが

今さっき言ったように
美容師の技術髪質です

 

で、特に髪質が重要なわけですが
それは大きいカールが作れる髪質じゃないと
いくら技術が上手くても
できるわけないからです 苦笑

 

当たり前の話なのですが
大きいカールが作れる髪質に
美容師の技術が加わることで
イケてる大きいカールスタイルができるわけで

大きいカールができない髪質に
イケてる大きいカールスタイルを作れるのは
美容師ではなく魔法使いです w

 

じゃあ大きいカールができる髪質ってどんなの
って話なのですが

ハリとコシのある髪の毛です

 

 

 

 

例えばこちらの方は
髪の毛が硬く、ゴワゴワしやすい髪質

なので、それがコンプレックスに感じる方も
いらっしゃいますが
硬いということは、ハリとコシがしっかりあるので
大きいカールは作りやすいです

 

 

 

スタイリング剤つけて自然乾燥ですけど
こんな感じに大きいカールが再現できるわけです

 

逆に髪が細く柔らかい方なんかは
髪の手触りが良かったり
ツヤが出やすかったりしますが
ハリやコシがない場合が多く
大きいカールを作ろうとしても
できないってのは良くあることです

無理にかけても大きいカールというか
むしろ、細かいウェーブになってしまったり
ただのバサバサヘアーになったりします 苦笑

 

パーマで大きいカールが欲しかったのに細かいウェーブになってしまう理由と対処法?!

 

そしてハリとコシって
元々の髪質もありますが
ダメージすればするほどなくなっていく
ものですから(またはエイジングにより)

大きいカールをパーマで作りたかったら
なるべく髪の毛が痛んでない状態に
キープしておくことが大切です

なくなったハリやコシを
復活させる方法とかないですからね 苦笑

もちろんトリートメントしても復活することは
ありえません。。。

 

で、大きいカールを作れる程度のハリやコシが
あるかどうかの判断って
”髪が濡れた時にどのくらい髪の毛に芯を感じるか”
ってところで判断することが多いのですが

そんなの素人にわかるわけないよな。。。
って今思ってしまいました w

 

ということで
パーマで大きいカールを作りたかったら
なるべく痛ませないようにしておくことと
信頼できる美容師を探すことが大切です

という当たり前の話になってしまいました。。。苦笑

 

パーマで失敗しないために上手い美容師よりも判断力のある美容師を探せ!

美しくなりたい方必見!上手いカットよりも【無理をしないカット】が大事な理由?!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です