パーマで大きいカールが欲しかったのに細かいウェーブになってしまう理由と対処法?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

大きいカールを作りたかったのになんだか
細かいウェーブみたい。。。
思ってたのとだいぶ違う。。。

 

これって結構
パーマ失敗あるあるだと思います

 

ということで
こんな記事を読んでるってことは
もうすでに、細かいウェーブや
ソバージュや”鬼やっこ”みたいになっている方が
多いと思いますから、まずはその原因と
そして対処法についてもをお伝えしたいと思います

 

 

大きいカールを希望したのに細かいウェーブみたくなってしまう理由と解決策

 

細かいウェーブになる髪の毛はコレ

 

例えばこんな感じの

⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

大きいカールを作りたかったのに
やってみたらこんな感じ

⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

 

カールっていうか細かいウェーブ。。。

もっとひどい場合はソバージュみたいに
グリグリになってしまっている方も
いらっしゃると思いますが

理由は簡単で

そもそも大きいカールをつくれる
余力がない(ダメージが強い)髪の毛に
パーマをかけてしまった

ってことです

 

コレは美容師の”技術がない”とかではなく
判断ミスです

ダメージがあまりに強い髪の毛に
思った通りのパーマを
キレイにかけるなんて不可能ですから
いくら上手い美容師だって無理なもんは無理なわけ

 

「だったらパーマするの断ってよ」
って感じだと思いますし、その通りだと思います

 

しかし

まじで髪の毛の状況考えないアホみたいな美容師って
少なからずいるし
単価アップのために無理にパーマする美容師もいます

会社からの売り上げノルマのプレッシャーから
お客さんに必要のないパーマを
提案する美容師もいることも事実です

 

または、なんとかお客様の思う
理想の大きいカールを叶えてあげたいって思って
頑張ってみたけど、結果的に鬼やっこ。。。

もしくは、髪の毛の状態的に
パーマの仕上がりのクオリティの低さや
失敗のリスクを伝えた上で
それでもやってくれってお客様の要望通りにした結果
ジリジリのソバージュ。。。

ってこともあります

まあ結局は失敗なのでその美容師のせいだけど 苦笑
(リスクを知った上でもかけてと言ったならあなたの責任)

 

もちろんパーマで思った通りのスタイル作るには
美容師の腕や経験が必要です

例えば、最近はブリーチを使った
デザインカラーを得意としてる美容師って
すごく多いし
そればっかやってる美容室もありますから

そーいった美容師や美容室は
パーマとかほぼやりませんから
パーマお願いしたらそれなりの仕上がりになると思います
(そーいった美容師がダメっていってるわけではなく
パーマの経験がないから当然。逆に言えばカラー技術が1流)

 

しかし、パーマの経験や技術以上に大事なのが
髪の毛の体力の余力 ”ハリとコシ”
要するに痛みの少ない健康な髪の毛が必要不可欠なわけです

いくらイチローでもバットがなければ
ヒットを量産できるわけがないですよね?
それと同じです

 

特に大きいカールを作る場合
その大きいカールを形成できるだけの
ハリとコシが必要です。。。

それがないのにパーマをかけると
細かいウェーブみたいになっちゃうわけです

 

で、髪のハリとコシってのは
元々の髪質もありますが
基本的にダメージするたびになくなっていくもので
復活することはあり得ません

 

こんなことはもはや常識なのですが
ダメージした髪の毛って
何しても治らないですからね?

トリートメントにいくらお金かけようが
治ることはありません

変わるのは触った感じの手触りやまとまりで
髪質が変わったわけでもないし
ダメージが治って髪が復活したわけではありません

 

手触りやまとまりが変わるんだから
トリートメントはした方がいい場合が多いわけですが
ダメージが治ってるわけではない
ってことは、絶対に覚えておきましょう

多くの美容師はダメージが治る的なニュアンスで
トリートメントすすめてきますけど
それは嘘です 笑 もしくはアホ

 

だからパーマをお考えの方は
高級トリートメントなんかより
元々持ってる髪のハリやコシをなくさないための
なるべく髪の毛を傷ませないヘアケア
大切になってくるのですが

もう細かいウェーブになちゃってる方は
そんなこと今更言われても。。。
って話でしょうから対処法をお伝えします

 

 

細かいウェーブになってしまった場合の対処法

 

1番やってはいけないのが「かけ直す」

ハリとコシがないからそうなってしまったわけで
もう1度かけなおしたところで
大きいカールは不可能だし、よけい傷むだけです。。。

細かいウェーブがチリチリのち○毛になります 苦笑

 

残念ですけど最も有効な解決策は
「パーマをかけたところを切る」
ってことになります

 

さきほども書きましたが
髪の毛のハリやコシは
元通り復活することないですからね。。。

この先、いくら高級なトリートメントとかしても
キレイなカールになっていくとか
パーマの前の状態に戻ることはあり得ません

 

なので切ることが最も簡単で間違いない対処法です

 

 

とはいえ、切りたくないんだよ
って方もいらっしゃるでしょうからそんな方には

しばらくヘアアレンジなんかをして
毛先の鬼やっこ部分を誤魔化す
という方法をオススメします

 

これはできる人と
できない人がいると思いますが
まとめちゃえばある程度かくせますもんね

 

最後に

ある意味賭けかもしれませんが
ストレートに戻すって方法もなくはありません

求めてる大きいカールじゃないにしろ
ウェーブになるってことは
髪の毛の体力多少は残っている状態だと思います
(体力がまるでない場合はち○毛)

 

ウェーブが扱いにくいけど切りたくない
のであればストレートに戻すしかないです

 

しかし、間違いさらにダメージしますし
髪の毛の状態によってはやらない方が良かったり
もしかしたらさらに悪化することもあります。。。

 

もしストレートに戻すのであれば
悪化することも覚悟の上

技術や知識、経験のある信頼できる美容師さんに
お願いしてみてくださいね

 

【完全保存版】縮毛矯正が上手い美容師の見つけ方!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です