ハネない扱いやすい縮毛矯正をするための必須条件?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さっそくですが

先日のお客様は
カットと縮毛矯正でご来店です

 

 

 

 

 

写真じゃわかりにくいんですけど
湿気のある日なんかは
パヤパヤ広がってしまうタイプのクセ毛です

約半年前に
縮毛矯正かけさせていただいてるのですが
今回のご希望は肩くらいのボブとのこと

 

 

しかし、縮毛矯正をかけて肩くらいのボブにすると

大体ハネておしまいです 苦笑

 

つい先日の記事にも書きましたが

くせが伸びたとしても
肩についたら物理的にハネますからね。。。

 

 

 

さらに言うのであれば
縮毛矯正って少なからず根元のボリュームなくなるわけで

”根元の立ち上がり”がないと
髪の毛は基本的にハネやすいです

 

さらにさらに
縮毛矯正がかかってる髪の毛を短く切ると
毛先ツンツンの金太郎になるのは言うまでもありません 苦笑

毛先が不自然にツンツンに、さらにハネるって
もうずっとまとめて過ごすこと間違いなしなので
もはや縮毛矯正とかする意味もないし
時間とお金の無駄ですからね 苦笑

 

そうならないためには

肩につかない長さで
根元のボリュームはなるべくなくさず
毛先はまっすぐになりすぎないようにちょっと曲げる感じに
縮毛矯正する必要があるわけです

 

これってけっこう難易度高めです。。。

そして
髪の毛のダメージが強いほど難易度が上がっていきます

 

 

結局何がいいたいかというと

やっぱり縮毛矯正をお考えでしたら

なるべく髪の毛を
傷ませないで欲しいわけです。。。

 

出会う美容師によって
言うことは違うかもしれませんが

 

カラーも様々な色楽しみたかったり
トレンドのハイライトカラーなどの
デザインカラーやりたかったり

わかるんですけど

髪の毛をあまり傷めつけちゃうと
どんどん扱いやすい
ヘアスタイルは難しくなってきますからね

 

ダメージが少なければこの通りです

 

 

 

 

乾かしただけ

カラーの色も落ち着きめだし
普段からケアも頑張ってるようですから
ご覧の通り美しいスタイルができるわけです

 

ヘアケアって
トリートメントすることだと思ってる方が多いですけど
本当のヘアケアは
なるべく傷めせないようにすることですからね?

痛んだら何しても治りませんから。。。

 

トリートメントは痛んだ髪を直すものではなく
痛んだ髪をキレイに見えるようにするものですよ

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です