パーマかけたときの本当の夜のケアの仕方とは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

パーマをかけた方の朝のスタイリング方法は

”1度濡らしてスタイリング剤つけて自然乾燥”

ってのをお伝えさせていただいています
(デジタルパーマ以外)

なぜならそれが最も美しくパーマスタイルを
再現できる方法だからです

 

そーいったスタイリングの説明をすると
「夜はどうしたら良いですか?」
と言う質問をいただくことがあります

確かに美しいスタイルを作ってもらいたいがために
セット方法も主に話をしてしまうことが多いのですが

当然夜の扱い方も
ヘアケアの一貫ですから大事なことです

 

しかし、大事なことなのですが

「あまり言うことない」

ってのが正直なところで
だって、ただ乾かしてもらえば良いだけだからです 苦笑

 

ヘアケアとはなるべく痛ませないこと

 

これもいつも言ってることですが
ヘアケアとは
高級シャンプーにトリートメントを使うことではなく
なるべく痛ませないようにすることです

 

もう言うのも恥ずかしいくらいの常識ですが
痛んだ髪の毛は何しようが回復はしないですから
(回復したように見せることは可能)

今の髪の毛の状態をキープする=痛ませない

ってのが最重要でそれが本当のヘアケアなわけです

 

ですから夜は別にスタイルをキメる必要ないでしょうから
”なるべく痛ませないような行為”
『ドライヤーでしっかり乾かす』

これが最も大事なことです

 

もう知ってると思いますが
濡れている髪の毛は摩擦に弱く痛みやすいからですね

その際に
なるべく摩擦を避けるためにトリートメントをつける必要はありますが
絶対に高級トリートメントじゃなきゃいけないわけでもないし
間違っても髪の毛を復活させるために使うものではありません

あくまで髪の毛の滑りをよくし、摩擦軽減によるダメージ予防が本来の目的です

その付加価値として、たまたま
痛んでないようなツヤや手触りがついてくるわけで
それはあくまで付加価値で本来の目的ではありません
(それが目的ならワックスなどのスタイリング剤を使うべき)

 

それをシャンプーやトリートメントの目的にしてしまう
シャンプージプシーとなり

業界の”カモ”になるわけです

 

なのでパーマをかけたら
夜はトリートメントつけてしっかり乾かす(できればなるべく早く)

これだけです

 

無理にひっ張ったりしてして乾かしたら
パーマのもちが悪くなるかもしれませんがそんな人いないですよね?

なので何にも考えずに乾かすだけで良いです

 

てかこれってパーマに限ったことじゃなくて
髪の毛生えてる人全員です 苦笑

パーマスタイルに関してしいて言うのであれば
使うトリートメントは軽めのものにしましょうね
ぐらいです

 

重たいの使うと
重たさでパーマがダレちゃうことは考えられますからね


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です