失敗?!縮毛矯正でクセが伸びてない理由と対処法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正の失敗といえば

・ダメージでチリチリ
・真っ直ぐすぎて不自然
・根折れ(根元の毛がカクって折れてるように見える状態)

 

などがありますが

今回は”クセが伸びていない”

この失敗について書いていこうかと思います

 

クセを伸ばすために縮毛矯正したのに
クセが伸びていないって確かに失敗なわけです

 

もちろんクセを伸ばしたいというか
扱いやすくしたいってのが本来の目的でしょうから
扱いやすい状態を作るため、クセは伸ばしすぎないように
狙ってクセを残す場合もあるので、その場合は失敗とは違います

 

そして、しっかりクセを伸ばしたかったのに伸びていない場合も

くせ伸びてねーじゃん!あのヘタクソ美容師!って思う前に
1つだけ理解していただきたいことがあるのです

これは実は変な頭にならないためには
大切なことなのです

いや、失敗は失敗なんですけどね。。。苦笑

 

縮毛矯正でクセが伸びてない理由と対処法と変な頭にならないために知っておくべき知識

クセの伸びがいまいちな理由

 

まずクセが伸びなかったってのはどーゆーことかと言うと

薬剤の選定に塗布量、その放置時間にアイロン操作
と色々原因は考えられるわけですが

基本的にはパワー不足です

 

具体的に言うと

薬剤選定→髪質に対して弱すぎた
塗布量→少なすぎた
放置時間→短すぎた
アイロン操作→スルーの時間が短すぎた、少なすぎた、アイロンする幅が太すぎた

などが考えられるわけなのですが
正直、要素が多すぎて
クセの伸びがいまいちになる原因としてはわかりにくいので

今回はわかりやすく薬剤選定以外は全て同じ”
ということで考えていきたいと思います

薬剤選定以外は全てベストな施術とお考えください

 

で、薬剤なのですが
理想はクセがしっかり伸びるけど
なるべく低ダメージな薬剤の選定です

 

あまり薬剤を強くしてしまうと
クセはしっかり伸びるけど
余計なダメージを負ってしまうし

あまり弱いと
低ダメージかもしれませんが
クセの伸びがいまいちになってしまったり。。。

ようするに
クセは伸びるけどなるべくダメージしないという
ストライクゾーンを狙って薬剤を選ぶわけです

 

で、何がいいたいかというと
毎回このストライクゾーンに入れるのって難しいわけです 苦笑

 

入れるのがプロだろ!
って言われたらそれまでなんですけど

髪質や髪の毛の状態やこれまでの髪の履歴を見て
使う薬剤を判断するわけですが
実際に髪の毛の中見れるわけではないので
言ってしまえば”勘”なわけです 笑

ここで経験というのが問われるわけですが
だとしても毎回100%ストライクゾーンに
入れれる人なんておそらくいないですよ。。。 苦笑

 

もう何年も担当していて
あなたの髪質や履歴を知り尽くしていたりすればあり得ますが

初めての方だったり(詳しい履歴がわからない)
ホームカラーをされてる方(痛みがムラ)
などの場合

ストライクゾーンも、ものすごく狭くなるわけで
やはり100%は無理なわけですよ
(ホームカラーの場合は仕上がりに妥協していただきます)

 

1流の野球選手だって
大事な場面でフォアボール出すわけだし
サッカーの代表選手だってPK外すわけですから

その辺の美容師や
都内の人気美容師でも当然あり得る話です

 

ですから
そのギリギリのストライクゾーンを狙った結果
一部のクセの伸びがいまいちだったって場合
当然しっぱいはしっぱいなんですけど

許容していただきたい失敗なのかなと思うわけです
美容師がこんなこと言っていいわわかんないけど。。。 苦笑

というか、
じゃなきゃ美容師なんてやってられないってのが本音です 笑

 

こんなことを言うと
失敗していいと思ってるのか?
とか思われそうですけど、もちろんそんなことはなくて

お客様の貴重な時間を使ってきてもらうわけですから
失敗はしてはいけないと思いますし
当然その努力は惜しみません

 

しかし冒頭で書いたような

・ダメージでチリチリ
・真っ直ぐすぎて不自然
・根折れ(根元の毛がカクって折れてるように見える状態)

という失敗に比べたら
クセの伸びがいまいちって場合は
薬の効きが甘い(ダメージは少ない)から伸びてないんだろうし
かけ直せばいいだけですからね
(時間と手間はとらせてしまいますが)

大失敗しないための失敗。というやつです

 

逆にクセはしっかり伸びてるけど
ダメージを必要以上におわせてしまった場合

その時はいいかもしれませんが
後々そのダメージの問題がでてくるわけで
ダメージでチリチリや真っすぐ不自然の原因になるわけです

そしてそれは治すのとか基本的に無理ですからね

 

ということで
縮毛矯正かけたけどクセの伸びがいまいちだなって
思った場合は、普通に美容室の連絡してかけ直してもらいましょう

失敗は失敗なんですけど
それでその美容師が下手だと判断するには
ちょっと早いし、そこまで重大な失敗ではないですからね
(痛ませ過ぎてチリチリとか数年を棒に振るので重大な失敗)

 

ちなみに
最近、この失敗してその言い訳してるわけではありません 苦笑

クセの伸びが一部いまいちってことは
あなたの未来の髪の毛を思ってのことですよ

ってのが言いたいわけです
(まるで伸びてない場合は別)

失敗は失敗だし、しないにこしたことないんですけどね 苦笑

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です