パーマ失敗でバサバサになった髪を美しくする方法【実例】

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

今日はさっそく

 

先日のお客様はコチラの方

↓ ↓ ↓

 

根元の縮毛矯正と毛先のデジタルパーマ失敗の?解決策!

 

デジタルパーマの失敗&すきすぎにより
正直変な頭でした。。。苦笑

 

 

 

毛先バサバサジコジコのスカスカペラペラ。。。

 

僕は超絶テクニックを持ってる美容師でもないし
都内のカリスマ美容師でもありませんが
変な頭か否かの判断はできます

てか、だれがどう見ても変な頭かと思うのです 苦笑

 

ご覧の通り、急に毛先がなくなってますし
”アウトライン”という
髪型の輪郭がすきすぎによってボケボケです。。。

これはもはや、髪型というより
使い古された歯ブラシ。。。苦笑

てか歯ブラシならまだマシで、ただ買い換えれば良いだけですが
髪の毛は買い替えとかできないし
切るまでずっと付き合っていくしかないわけです。。。

 

とはいえ、これが約1年前で
今ではこんな感じの仕上がりになっています

 

 

 

 

 

 

なんとお美しい。。。

 

ご覧の通り、ツヤと毛先のまとまりは当然のこと
指通りの良さやしっとり感
そして、なんだか知りませんが石鹸のいい香りがしてきそうなほどの雰囲気が
画像から伝わってくるのではないでしょうか?

 

1年前の歯ブラシと比べると雲泥の差

 

 

 

 

ちゃんと髪型になってますし
振り返ってしまうほどの美しさ。。。

 

いったい何をすればこんなに変わるのか?というのが
気になるところかと思うのですが
1年間やったことは非常にシンプル

それはどんな髪の毛でも美しくするための基本です

美しい髪の毛を作るのに”裏技”なんてのは存在しないですからね

 

 

 

”変なことをしない”

これだけです 笑

 

 

美しい髪の毛を手に入れるために
都内の人気サロンに行ったり
高級トリートメントを毎月されている方や
何万円もする復元ドライヤーを購入してしまった方には
残念なことかと思いますが

 

実際にお客様が1年間やったことって

 

自宅で丁寧に扱い、しっかり乾かしていただき
ウチでは(美容室では)縮毛矯正のリタッチ
カラーのリタッチ(半年に1度全体染め)
毛先のカット

 

これだけですからね。。。苦笑

 

変なことってのは

・髪質やダメージを無視したパーマであったり
キレイに伸ばしたいのにダメージ大のブリーチを使ったハイライト

・髪質的に無理のあるヘアスタイル

・軽くしたい。楽になるように。
のような機能性を重視するあまりの意味不明なカット
(機能性を重視すればデザイン性が崩れるのは当然)

 

などのリスクのある行為です

 

 

それらを極力避け、ただ愚直に変なことさえしなければ
髪の毛なんてのはキレイになるわけです

 

もちろんそれぞれの美しさの限界はあるし
美しさの定義もそれぞれかと思いますが

変なことをしなければ
変な頭になることもないのです

 

こんなことを言ってしまっては儲からないのですが
髪の毛を美しくするために必要なのは

お金ではなく、『正しい知識とちょっとした努力』

これは自信を持って言えることです

 

 

いつまでも
『髪がキレイになるシャンプーないかな〜?』

なんて言ってないで努力してください 苦笑

 

そもそもの大前提ですが
シャンプーは髪をキレイにするものではなく
洗うものです 笑

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です