縮毛矯正かけたのに【ハネてしまうのは当たり前】な理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

 

縮毛矯正してもハネるのは治らない?!【知らないと損する髪の毛の常識】

 

こちらはこのブログでは
比較的読まれている記事になり

『縮毛矯正 ハネる』
といった検索ワードで見ていただけているようです

ということは
期待して縮毛矯正かけたのに
ハネてお嘆きになられている方が
多い証拠なのではないでしょうか

 

しかし上の記事で触れてるわけですが
縮毛矯正かけたのに髪の毛がハネるなんて
実は当たり前のことなのですよ。。。苦笑

なぜなら髪の毛がハネる原因って
クセ毛だけではないですからね

 

【クセ毛以外で髪の毛がハネる】4つの原因と対処法!?

 

例えば”朝スタイリングしません”なんて人
ハネて当たり前じゃないですか?!

人間、頭を横にして睡眠を取れば
頭蓋骨でどっかしらの髪の毛を
潰すことになるわけで
それによりできたクセを
我々は”寝癖”と言いますが

それを治す行為であるスタイリングを
しなければハネて当然なのですよ 苦笑

 

または”ハネる長さ”ってのもありますよね

 

ケーススタディ

 

半年に1度(顔まわりは3ヶ月に1度)
縮毛矯正をかけさせていただいてるお客様

前回かけたのも
半年ほど前になりますから、そろそろ広がるし
ハネて仕方がないとのことでご来店

 

ということで縮毛矯正させていただくのですが
断言しましょう

縮毛矯正かけたところで
ハネるのはおさまりません w

 

断言するのもどうかと思いますが
事実なので正直にお伝えします

 

なぜなら
肩に当たる長さなわけですよ

もちろんクセをストレートにすれば
扱いやすくなるだろうし
広がりからは解放されるでしょう

なのでかけた方がいいと思うし
この後、実際かけたわけですが

クセが伸びたところで
肩に当たる事実は変わりませんから
ハネないことを期待されたら
ちょっと困っちゃうわけです。。。苦笑

 

あくまで縮毛矯正は
クセを伸ばして扱いやすくするのが
目的であり効果ですからね

矯正かけたら髪の毛がハネなくなる
わけではございません
(ハネる原因がクセ毛のみなら話は別ですが)

 

 

 

乾かしただけ

ハネてないように見えますが
それはハネないように頑張って乾かして
ハネてない風に写真を撮ったからです 苦笑

写真なんてただの停止画の世界

現実世界で生活していたら
ハネること間違いなし w

こんなことを自信持っていうのも
美容師としておかしな話ですが 苦笑

とはいえ広がりも無くなったし
扱いやすくなることは間違いありません

ハネに関しては、諦めて無視するか
ご自身でブローやアイロンを駆使して
ハネないようにスタイリングするしかありませんが。。。

 

”縮毛矯正したのにハネる”

もちろんこれは矯正のかかりがあまかったり
なんらかの美容師の失敗で(カットが汚いとか)
ハネてしまうこともあり得ますが

あくまで縮毛矯正は
クセ毛をストレートにする技術
ってのは忘れないようにしましょう

朝スタイリングしなくていいとか
いうわけではありませんので

 

とはいえやっぱり楽になるのは事実なので
クセで扱いにくくて困ってるなら
かけることをオススメ


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。