縮毛矯正してもハネるのは治らない?!【知らないと損する髪の毛の常識】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容室に行っても
いつも思い通りにならない

失礼かもしれませんが、そういった方って
そもそも勘違いしてる場合が多いです

 

例えば、”いつも要望通りの髪型にならない”って場合

その人はカットでどうにかなるもんだと
勘違いをしており、実はそもそもその髪型が
鬼神のごときスタイリングテクニックを要する
髪型だったり、そもそも髪質ありきの髪型だったり

美容師のカットで
どうにかなる問題ではなかったりするのは
良くあることです

 

または、”いつもカラーの色がすぐに抜けてしまう”
って場合も
色が抜けないカラー剤があったり
色持ちが良いカラーの色が存在していると
思ってる方多いのですが
残念ですけど、そんなものないわけです。。。 苦笑

その勘違いを正さない限り
思い通りになるわけないですからね

 

そして今回は、たまにいただくオーダー

「毛先がハネるから縮毛矯正をしたい」

 

この一見はハネるのがおさまりそうな
勘違い解決策について深堀していこうと思います

 

縮毛矯正してもハネるのが治らない(むしろハネる)理由

そもそも縮毛矯正とは?

 

さらっと残念なお知らせしてしまってますけど
縮毛矯正で髪の毛のハネが治ることって
ほぼ無いです 苦笑

というのも
縮毛矯正はクセをまっすぐにする技術であって
ハネるのをなくす技術じゃないですからね

もちろん結果的に
ハネるのおさまる人もいますけど
ハネる原因なんてひとそれぞれ。。。

ハネる原因がクセ毛なら解決策は縮毛矯正ですが

例えば

・肩にあたってハネる
・髪の毛の生え方(毛根の向き)でハネている

って方が縮毛矯正をしたところで
縮毛矯正では肩にあたる長さは変わらないし
生え方も変えることはできないですからね

 

なので
肩にあたってハネているのならその解決策は

・肩にあたらない長さにする
・パーマなどで はねてもおかしくないスタイルにする
・肩にあたってもはねないようなスタイリング技術をみにつける
・あきらめる 

ってところです

 

だから縮毛矯正をしたところで
ハネの解決策にならないですから結局ハネたまんま

むしろ縮毛矯正をかけると
髪の毛硬くなるから
セットしにくいってこともありえます

 

 

そんなお客様ケーススタディ

 

 

少し前に縮毛矯正をしたけどはねるとのことです

クセ毛もないわけではないみたいですが
はねる原因は

クセ以外にやはり
”肩にあたる長さ””生え方”がありますから
矯正でクセをなくしても
ハネるのは解決されないわけです。。。

 

とはいえ長さは変えたくない
ってこともあるでしょうから
そしたら生え方を理解して
スタイリングをする必要があります

 

【縮毛矯正したのにはねる】5つの原因と対処法!!

 

この記事にも書いてますけど
ハネをなくすには、根元のボリュームを出しながら
乾かす必要があります

”ドライヤーは上から下ではなく下から上に”
内巻のスタイルの基本ですね

 

 

 

毛先のシャキーンってのが
嫌みたいだったので
毛先だけパーマさせていただいてます

内巻きになってますけど
これはパーマしたからじゃなく
根元にボリュームを出すようにブローしたからです

これをしないと絶対ハネます

 

パーマはあくまで
毛先シャキーンってのに
柔らかさを出すためにさせていただきました
(あまりダメージ強いとできないけど。。。)

 

頑張って乾かしてみてください

 

縮毛矯正かけると余計にはねるパターンはこれ!

意外と知らない事実?!縮毛矯正したのにはねるのは当然

何をしても毛先がはねる人の共通点!!

髪の毛伸ばしてるけど【肩に当たってはねる!?】の3つの解決策!!

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です