カラー後の髪の毛がツヤツヤになる理由とその危険性とは?!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

知らねーよって話だとは思いますが

いつも家に帰るのが遅くなってしまうので
晩御飯はラップして置いておいてくれるのですが

先日の晩御飯は
ハンバーグが用意されていました

 

大人になってもやっぱり
ハンバーグってのは好きなもので(てか嫌いな人いないですよね?)

願ってもないな。。。 ということで
さっそくチンして食べてみると

 

 

 

里芋のハンバーグでした 笑

 

もちろん もういい大人ですから
里芋は里芋で旨いと思いますし
嫌いではないので何の文句もないし

僕が勝手に牛ひき肉と玉ねぎが混ざってる
あのハンバーグだと勘違いしたのが悪いのですが

ハンバーグだと思って食べたら里芋って
結構つらいですよね。。。苦笑

 

繰り返しますが
里芋だということに文句があるわけでもないし
むしろ用意してくれて感謝なのですが

肉だと思って里芋ってまじ萎えます。。。苦笑

 

ってことで今回の記事は何が言いたいかというと
見た目だけに騙されるな
ということです 苦笑

 

 

カラーするとツヤツヤになる理由

 

当然といえば当然なのですが
昨今のカラー剤は
以前のものに比べると非常に良いです

毎月のようにあらゆるメーカーから
新しいカラー剤が発売されるわけなのですが
どれも”ツヤが出る”ってのをうたっているものが多く

「艶カラー」 みたいな感じで打ち出してるサロンも多いし
実際に染めると髪の毛がツヤツヤになるわけです
(もちろん髪質次第だけど。。。)

 

ではなぜ髪の毛染めただけなのに
ツヤが出るかというと

髪の毛の表面になんかついているからです 笑

 

トリートメントと同じ
ツヤを出すなんかがついているから
ツヤが出たり手触りが良くなってるわけです

なのでカラーすると傷んだ髪の毛も
良くなった気がするほどに
手触り良くなるわけなのですが

それゆえ髪の毛の扱いが雑になることもあるので
それが危険なわけですね

 

見た目は良くなってるように感じるけど
実際は実際全然良くなってないから 苦笑

 

そもそも髪の毛はなにしたって
負ったダメージがなくなることはないわけだし
傷まないカラー剤もないので
カラーすればするほどどんどん痛むのは当然なわけです

 

そしてさっき言った通り
カラーしてツヤツヤになるのは
ツヤがでるなんかが表面についてるだけで
当然それはシャンプーしてたらどんどんとれていきますから

気が付いたら
いつも通りバサバサに痛んでいると思いますよ?苦笑

 

もちろんカラー剤が良くなってるのは事実なので
昔に比べたら低ダメージだし
多少繰り返してもやばいダメージってことは
あり得ないと思いますが

・傷みやすい髪の毛
・髪の毛を根本的に良くしていきたい
・パーマをしてる したい
・縮毛矯正をしてる したい

 

って方は
やはりダメージの管理は大切になってくるので
カラーについて見直しをもいいかもしれませんね

 

髪の毛は傷んでからでは遅いので

 

痛んでからではもう遅い!髪の毛は痛ませない予防が大切な理由

トリートメントしても痛みが改善されない方必見のヘアダメージから解放される唯一の方法!!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です