【人生初の縮毛矯正】で気を付けた方がいいこと!?

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

先日のお客様です

⇓ ⇓ ⇓

 

 

広がってまとまらないから
常に縛ってしまうとのことで

人生初の縮毛矯正をご希望です

 

写真ではわかりにくいのですが
大きくうねるクセというより
髪の毛1本1本が捻じれていたり
細かいクセがある髪の毛です

そういった髪の毛って
そのクセの重なりによって広がったり
してしまいますからね

 

対策としては
やはり縮毛矯正が手っ取り早いです

 

トリートメントなんかは
手触りは良くなるけど
髪の毛の形状を変えることはできないですから

長く広がりを抑えたいのであれば
縮毛矯正がベストです

てかそれしかない

 

 

ってことで
縮毛矯正させていただきました

 

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

乾かしただけ

当然キレイに
広がりを抑えられちゃいます

 

カラーもしてないし
特別ダメージが強いわけでもないし
人生初の縮毛矯正ですからね

正直普通の美容師なら
誰がやってもキレイにできると思います 笑

 

気を付けることと言ったら
毛先が不自然にならないようにすることぐらい。。。

 

あとは
なるべく低ダメージで施術すること

それに関して言えば

薬剤選定
薬剤の塗布の仕方や量
放置時間
アイロンの温度 スルー速度と回数やプレス圧
2液処理 残留アルカリ除去

など たくさん気を付けることがあるのですが

 

残念ですが
素人の方がダメージを感じるのって

「手触り」だけです

 

手触りがいい=ダメージ少ない
手触りが悪い=ダメージが大きい

ってな具合

 

 

初めての縮毛矯正って
さっきも書きましたけど
普通の美容師にやってもらえれば

キレイにかかるしほぼ手触り良くなります

 

クセ毛がストレートになるわけですから
手触り良くなるの当然だし

最近のカラーや縮毛矯正の薬剤には
手触り良くする成分がてんこ盛りですから
当たり前なわけです

 

しかし

逆に言えば
本当のダメージ具合がわからないってことです

 

ダメージってのは本来

その時の手触りだけではなく
その後の髪の毛の状態で判断していくもので

やはり何も考えずに
ストレートにするのと

後先を考えてストレートに
していくのとでは

その後の髪の状態に大きな影響を与えます

 

ですから
何が言いたいかというと

初めての縮毛矯正や
久しぶりの縮毛矯正
あまり髪の毛にダメージのない

などの
比較的縮毛矯正することの
仕上がりのリスクが少ない場合であっても

 

なるべく縮毛矯正の知識が豊富な
美容師さんにお願いした方がいい

ということです

 

 

マジで結構いるんですけど
健康な髪の毛だからといって

薬剤も強いものを(時間短縮のためだったりする)
アイロンも高温でスルー回数1回(時間短縮だったりする)

そんな美容師。。。

 

正直な話
健康な髪の毛であればそんなやり方でも
ある程度キレイになっちゃいます。。。

 

しかし

長い目で見たときの髪の毛の状態は明白で
1度ダメージを負ってしまってからでは遅いですからね

 

ぜひ
美容師選びには
気を付けてください

⇓ ⇓ ⇓

【完全保存版】縮毛矯正が上手い美容師の見つけ方!

 

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です