髪の毛を崩壊させずに【デジタルパーマを繰り返せる唯一の方法!?】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

デジタルパーマといえば
比較的コテで巻いたような大きいカールが作れ
スタイリング剤を使わなくても
それなりにイケてる雰囲気のスタイルが
作れやすい便利なパーマてことで

多くの方にかけさせていただいているのですが

 

基本的にデジタルパーマは
「1度かけたところに
またかけたりしない方がいい」
ということをお伝えしています

 

というのは
デジタルパーマって
パーマの中でもダメージ強いですから
同じところにかけつづけると

最悪
こんな感じになったりするからです。。。苦笑

 

 

 

こうなってしまったら
もう切るしかないですからね

なのでなるべく繰り返さない方がいいわけです

そもそもデジパーは
髪質によっては1度かけると
全然とれないのでかける必要ない場合も多いのですが

 

先日のお客様です

 

 

クセ毛なので縮毛矯正させていただいてまして
毛先にデジタルパーマがかかっています

写真ではわかりにくいのですが
根元は細かいうねうねしたクセが出てきているので

伸びてきたところだけ
縮毛矯正のリタッチ(根元だけ)
をさせていただくのですが

毛先のデジタルパーマは
何の問題もなく残っているので
そのままでいいかなと思ったのです

もう少しカールが欲しいとのことで
再度デジタルパーマをご希望です。。。

 

確かにパーマかけた部分は
どんどん下にさがっていきますから
カール感が物足りなく感じるかもしれません。。。

だからといって
そもそも縮毛矯正しているところに
すでに1度デジパーしてる時点で
髪の毛的には負担が大きいのに

さらにそこにもう1度デジタルパーマ???

 

危険。。。

危険すぎる!!

 

 

 

 

多くの美容師は
最近の薬剤は傷みが少ないだとか
この処理剤使えば、傷まないしむしろハリが出る
とか言ったりするんですけどね

そんなのウソです 笑

 

パーマしたら絶対痛むし
何を使おうが過度なダメージを負うと
しつこいですけどこうなります 苦笑

⇓ ⇓ ⇓

 

 

だから大事なのは
最新の薬剤とか処理剤ではなく”やり方”なわけです

 

ってことでそんな時使える方法がこちら

⇓ ⇓ ⇓

 

前回デジタルパーマをかけた
上の部分のみにデジパーをかけていく方法
(かけてないところ)

そもそも毛先にはカール残ってるので
かける必要ないし
その上にカールを足してあげる感じですね

これなら毛先にはダメージさせることなく
カール感を増やしてあげられるわけです
(薬剤流すときにうっすら毛先にも薬ついちゃうので厳密にはダメージゼロってわけではないです)

 

とはいえ
縮毛矯正がかかっているところに
パーマするわけなんで簡単ではないし
施術は慎重です

こういったパーマのかけ方だと
毛先の馴染みが
いまいちだったりするんですけどね

なんとかうまくできたと思います

 

 

 

 

もちろん根元も
キレイにストレートになっています

キレイになったけど
痛んでないわけじゃないしキープするためには
自宅でのケアも大事ですから気を付けてくださいね

なるべく痛めずにデジパーを繰り返したい方は
ぜひ参考に


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です