やりたいヘアスタイルの画像を美容師に見せても【なんか違う頭になる理由】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて、昨日の記事では
やりたいヘアスタイルを
美容師に伝える時に

言葉のみで伝えようとすると
とんでもない頭になる可能性がありますから
画像を持っていくようにしましょうね

とお伝えしました

【変な頭にならないための】やりたいヘアスタイルを美容師に簡単に伝える方法!

スタイルの雰囲気で伝えたり
なりたい女性像なんかで伝えたり
身振り手振りで使えたり

そんなことされても
それでイメージするのって人それぞれ違いますから
言葉のみでのイメージの共有って
限界があると思うわけですよ

 

なので画像を持っていくことを
おすすめしてるわけですが

今日の記事では
”画像を持ってきたところで
そのヘアスタイルにはなれるわけないよ”

という矛盾に満ち溢れた内容を
お伝えしたいと思います w

 

なぜなら
髪質も頭の形も違えば
それらの画像のスタイルって
プロがゴリゴリにスタイリングしてますからね

そんなの素人ができるかって話だし
そもそも“静止画”だし 苦笑

 

静止画だから映えてるわけで

男ウケ抜群☆ふわふわ
フェミニンなんちゃらレイヤースタイルも
流行の韓国なんたらヘアーも

通勤通学のための自転車や
電車やバスの発車時刻に間に合わせるための
鬼ダッシュで風にあおられたら
1撃でおしまいだし

現実世界ではフィクションのような髪型。
あり得ないものも少なくないのですよ

 

ケーススタディ

 

 

例えばこちらの方

この約半年前に
カットと縮毛矯正させていただいており
キレイな状態をキープされているようなのですが

半年もたちますからね
クセが出てきてボリュームが気になるようなので
縮毛矯正をご希望

 

 

そして、やりたいスタイルがあるようで
持ってきていただいた画像がコチラ

 

 

画像ありがたいですね

こういったくびれた感じの
スタイルも流行っているみたいだし
可愛いと思いますよ

 

無理だけど w

 

っていうのも
もってきてくださった画像の人は
見た限り、髪の毛細くもなく太くもない
多くないし柔らかいしクセもない
(神様から選ばれし髪質をお持ちの方)

しかしお客様の場合は
申し訳ありませんが
髪の毛太い多い硬いクセある
っていう真逆の髪質です

それが悪いわけではないのですが
縮毛矯正でクセはどーにかできるにしても
あまりに髪質が違いすぎる。。。

 

よくある勘違いで
これみたいに軽いスタイル

 

 

量が多いならすけば軽くなるんじゃない?
って思っている方多いのですが
カットはそんな単純なものではなく

髪の毛多い人が無理にすきまくれば
ただのパサパサの
まとまらないスタイルになります

 

てか、縮毛矯正をかけるので
そもそもあまりすかない方が良い。。。

あまりすいてしまうと
縮毛矯正キレイにかからないし
モチも悪く、すぐまとまらなくなりますからね

 

他にも色々あるのですが
そういったことで
画像通りにするにはまず無理なわけですよ

 

しかし、画像のような段の入った
軽い雰囲気のスタイルが
できないわけではございません

画像のヘアスタイルをガチで目指すと
おそらく絶望しかないのですが

お客様の髪質で画像のヘアスタイルを
”当てはめて”って考えるのが大切で
そうするとこのような感じでしょう

 

 

 

根元は縮毛矯正で
表面毛先だけ動きを出すのにパーマしましたが
ご覧の通り全く別物になります 笑

 

なぜかというと、先ほどから申し上げている通り
髪質と頭の形が違うから同じにするのは不可能で

それを無視して
無理やり画像のようなヘアスタイルを目指すと
たいていこんな感じになっちゃうからです w

 

 

こんなの辛すぎでしょう 苦笑

 

ということで
目指すスタイルと髪質などを考慮したときの
”落としどころ”というのが重要なわけで
今回の方の落としどころは
こんな感じというわけです

 

 

無理をすれば変な頭になりますけど

無理をせず
その髪質なりのヘアスタイルをすれば
希望と違いは出てきますが
とりあえず変な頭にはならないですからね

あなたはどちらが良いでしょう?

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
イシカワ マサキ
イシカワ マサキ
神奈川県小田急相模原駅エリアで活動中の「クセ毛美容師」 クセ毛に23年間悩み、葛藤した末に得た”目からウロコ”の解決策や 髪の毛の悩みやストレスから解放され、人生をたのしむために必須の 【美容師が教えたがらない】本当の知識を常時発信。