【ドライカットは地雷?!】カットで失敗しないための美容室の選び方の基本

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

つい先日、LINEより
「ドライカットやっていますか?」
といったお問い合わせをいただきました

ドライカットってのはそのまんまだけど
お客様がいらっしゃった髪が乾いた状態で
カットをする技術。

 

僕は基本的に、多くの美容師のように
ドライのまま切ることってあまりなくて

髪の毛を濡らせないなんらかの理由がない限り
ウエットの状態にしてから
カットさせていただいていますから
その旨お伝えするとお返事がなく。。。

 

というのは別に全然良いのですが
その”ドライカット”について
以前から物申したく思っていましたから
今回は筆をとった次第でございます

 

髪が乾いた状態でハサミを入れることで
うたわれる効果としては

・髪のクセを見ながら切るからまとまりが良い
・自宅での再現性が高い
・クセ毛にマッチした技法

ってことがよく言われます

 

お問い合わせの方も
おそらくそーいったことを期待してのことでしょう

 

しかしながら
クセに悩み続けてきた人間である僕の
“ドライカット”に対する感情としては

「クセ毛のなんたるかをまるでわかってねーな?!」

という気持ちでいっぱいなのです w

 

 

この胸いっぱいの気持ちを
吐き出してすっきりしたい。
といったただの自己完結の記事 苦笑

 

とはいえ
別にドライカットを否定したいわけではないし

当然ドライカットを求めるお問い合わせの方のことも
否定するつもりは一切ない。

そして、ためになる内容でもない
ということを読む前にご承知おき下さい w

 

だって、ドライカットが上手い人はいるわけだし
それに満足してるお客様だっているわけですから
その技術を誰が否定できる事があろうかという話だし

逆にいうと、万が一
僕がドライカットをディスり倒したとしても
それもまた一個人の一見解であり
誰も否定することはできない”個人の感想”
でありますから、クレームは受け付けません

放っておいて下さい w

 

【ドライカットは地雷?!】
カットで失敗しないための美容室の選び方の基本

 

さっきも言ったのですが
一般的なカットっていうのは
一度髪の毛をシャンプーなり濡らすなりするのですが

ドライカットは
乾いた状態で切るというもの

濡れている状態と
乾いてる状態で切るのとでは
どっちが痛むのか?という議論は今回はなし

 

確かに濡れているとクセも落ち着いたりするし
濡れた状態と乾いた状態とでは
シルエットも違います

そして、頭が濡れたまんま生活したいのは
カッパくらいでしょうから
われわれ人間の日常生活におけるデフォルト
”乾いた状態”で切った方が
クセが見えるし、仕上がりをイメージしやすい

というロジックは理にかなっていると
言えるでしょう

 

しかしですよ

クセ毛って日によって動き方違うから!

 

 

というのがクセ毛を代表して
ドライカットに対して物申したいワケでありますよ

 

われわれクセ毛ガチ勢からしたら
「それはクセじゃなくてただの毛の曲がりやん」
レベルの人であれば

クセを見ながら切るカットも通用するのでしょうが
ガチのクセ毛なめてくれるなよ? w

 

言っとくけど

・タオルドライ時の水分の残り具合
・乾かす際のドライヤーを当てる角度の少しの違い
・スタイリング剤の量やタイミング
・その日の湿度  などなど

これらのような、ほんの少しの変化で
クセの動き方って違うわけですよ

繊細なのですよ

 

 

それを、言ってしまえば
所詮長さの調整であるカットごときで
コントロールするなど傲慢にもほどがある w

 

僕自身の髪の毛も
ハリウッド俳優と間違えるほどの
ワイルドさを醸し出した雰囲気の
クセの出かたの日もあれば

お客さんの髪切ってる場合じゃねーだろ
というほど
ただただ広がり散らかした日もあるわけで
(ちゃんと切りますのでご安心を 苦笑)

クセを見ながら切るっていっても
明日は違う動きになるんだから
その時のクセを見て切ることに
何の意味があるのかわからないのです 苦笑

 

 

”生えグセ”と言われる
毛が生えている方向は
確認して切る必要はあると思います

 

生えている方向は
濡れていようが乾いていようが
変わらないわけだし(頭皮の中の問題なので)

それにより毛がたまる場所とか
ボリュームの位置とか決まる部分もあるので
それを考慮してカットするべきでしょう

 

しかしクセ毛の毛先の動きは予測不可能

というか
常識、物理を超えてるやん!?といったほどに
散らかることも珍しくはありませんから
予測すること自体がもはや無意味

 

 

というクセ毛の方にとって
血も涙もない話をしてきましたが
クセ毛はカットでどーにかすることは無理だよ
って死刑宣告がしたいわけではなく

魔法のような技法なんてなくって
ドライカットであろうと
クセがなくなるわけではないし

扱いやすくなるかはどうかは
”技法”ではなく
そのカットをする美容師次第でありましょう

ということ

 

 

ってことは
その美容師がやりやすいカットをすることが
もっとも大切なわけですから
ドライとかウエットとかどーでもいいのです 笑

ドライカットが得意というのなら
そーした方がいいわけだし
メリットがわからないなら
普通に切った方がいいわけですよ

 

美容室を選ぶ際は”技法”ではなく
”人”で選ぶようにしましょう

ドライカットをやってるからって理由で
行く意味は全くありませんから。。。 苦笑

 

クセの動き方は日によって違うんだから
その日のクセの動きを見てカットすることに
なんの意味があるんですか?
ってのはさっきから言っている通りだし

ドライカットでしかできないヘアスタイル
とかないですからね 苦笑

 

と、否定してるわけじゃないと言いつつ
否定してるやん!?な内容なわけですが

マジでそんな事はなく
ドライカットが良いって思っている人からしたら
良いものであることは間違いないんだし

そう思ってる人にウェットで切ったら
どんな仕上がりであれ満足はないでしょうよ

 

何を信仰するのか?
といった話みたいなものです

 

【美容業界の闇を大暴露?!】ウケる頭が誕生する理由とは?

【カット失敗?!】ステップボーンカットでキノコ頭の修正施術例


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です