美容室で失敗して【ギャグみたいな頭】にならないためのメソッド

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて、本日は
ご来店いただいたお客様の仕上がりから
見ていただこうと思います

 

 

いかがでしょう

毛先だけ軽くアイロンを通していますが
ツヤもあるし、多くの方が
普通にキレイなボブ
感じていただけるのかと思います

しかし、見ていただきたいのは
どちらかというとこっち

 

 

前回。初めてのご来店時

すかれまくりで
もはや人の頭とは思えないヤバい状態です 苦笑

ジリジリのゴワゴワ。。。

 

【クセ毛・矯正毛】すきすぎでスカスカゴワゴワの悩み解消の最適解

 

今年の忘年会で披露する出し物の
つかみを取るためギャグなら
この頭も100歩譲って理解できますが

当然、お客様はそんなこと望んでないし
てか忘年会で絶対ウケないだろうし
そこまで体を張る必要のある会社なのか?
って話ですから
やっぱり10000歩譲っても理解できません w

 

 

「そこまで体を張る必要のある会社なのか?」

これに関しては超絶に失礼であり
余計なお世話でしかありませんので
申し訳ございませんなのですが

こんな頭を作ってしまう無礼者と比べたら
僕の失言など可愛いものでしょう w

 

 

・量が多いからすいてくれ
・ボリュームが出るから軽くしてくれ
・乾かすのが大変だから内側を出来るだけすいて

こーいったことを美容師に言ってしまうと
スカスカのすだれヘアー
なるのはあるあるなのですが

お客様は別にそんなの頼んでないようですので
嫌がらせでしかありませんから
無礼にもほどがあるでしょう 苦笑

 

もちろん嫌がらせをするメリットなんて
美容師側にも1ミリもありませんでしょうから
そんなわけないのですが

そう疑ってしまうほどの仕上がりですよ。コレ

 

 

そして、すきすぎって

・すきすぎ部分が伸びるの待つ
・すきすぎ部分がなくなるまで短くする

この2択でしか解決はありませんから
それがなんとも辛いところ。。。

どーにかしてくれって言われても
上の解決策以外、どーにもできないわけです

だってあるべき毛がないんだもの。。。苦笑

 

 

お客様の場合
“縛れる長さは必要”とのことですから
伸びるのを待っていただいている状態で

キレイに見えますが、まだまだスカスカだし
アイロンしないと人間がやるべき髪型とは
言い難いご様子なのが正直なところ

 

 

辛すぎ。。。どうしてくれんねん?!

と、前回の記事に引き続き
これやってくれた美容師さんを
またもやディスってきたわけですが

そんなことしても髪の毛は戻ってこないわけだし
僕の印象も悪くなる一方ですから
そろそろ辞めておいて 苦笑

 

結局、何が言いたいかというと

このブログでは一貫して
言わせていただいておりますが

髪の毛の毛量というのは
やりたいヘアスタイルが決まった時点で
削る適切な量というのがありますから
事情は何であれ

・たくさんすいてくれ。
・軽くしてくれ。
・ここをすいてくれ。
(・すかないでくれ。)

などの注文(すく量と場所の指定)は
言わない方が賢明でしょうということ

 

 

残念ですがカットは
ラーメンの「濃いめ。硬め。油多め。」
などのように
好みでカスタマイズできるようなものではなく

「長さ。アウトラインの形。段差の入り方。量。」
などが全て連動して
1つのスタイルになるわけですよ

 

そして、頼んでもいないのに
すかれてしまう場合もあるでしょうから

”美容師選びは慎重に”という
至極あたりまえのこと。。。

上手い。上手くない。もあるだろうし
もし上手くても”合う合わない”もありますから
(そっちの方が重要なくらい)

いつまでもホット◯ッパーなんかで
美容室を選んでいる場合ではございません

 

 

あんなもん良いことばっか書いてるわけですし
ヘアスタイル画像とかも
あれ、どっかから買えますからね 苦笑

口コミも”書いてくれたらトリートメントサービス”
とかやってますから
そんなものに何の信憑性があるのでしょう?苦笑

 

それだけで、自分に合う美容師か判断するには
あまりにもギャンブル要素が大きい
と、個人的には思っていて

そうじゃなくて個人のメディア

 

 

インスタでもYouTubeでもブログでも
何でも良いのですが

その人の作るリアルなヘアスタイルと
そして”美容師としての在り方”などを見て
共感できる人のところに行くべきですよ

 

実際に業界のデータとして
ホットペッ〇ーなどの集客媒体よりも
個人メディアからご来店いただいた
お客様の方が圧倒的にリピート率が高い
(定着率が高い)
ことがわかっているわけで
それはお客様満足度の違いでありましょう

 

美容室で失敗したくなかったら
満足したかったら
リサーチすることがちょー重要ですよ

全ての人を満足させれる美容師なんて
いないわけですからね
(僕のこと無理な人も多いでしょうw)

 

しかしながら、1度痛い目をみないと
(変な頭になってみないと)
こーゆーことに気がつけないのが
なんとも歯がゆいところ。。。 苦笑

 

【皆が知らない】美容室で似合う髪型や満足が手に入るとっておきの秘訣を伝授


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です