【これだけは言うな?!】カウンセリングで〇〇を言うと変な頭が確定する理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

”やりたい髪型の伝え方がわからない”

そんなお悩みを抱えている方も
多いかと思いますが

僕は、伝えるのではなく
まずはやりたい髪型の画像を(複数枚)
もっていくことを推奨しております

 

やりたい髪型が美容師に伝わらない原因と超簡単な伝え方!

 

特別やりたい髪型がなく
自身の髪の毛のコンプレックスの解消
スタイリングの楽さなどを求めるのであれば

そういったことを美容師に伝えれば
その悩みや要望に応じた提案を
してくれるかと思います

 

しかし、明確な髪型こうしたい!などの
想いがあるのであれば
やはり画像がまちがいないわけですね

 

 

“口は災いの元”と言いますが
イメージしているものを
口だけで伝えるのはあまりにも危険であり

あなたが口で伝えたヘアスタイルになれたら
その美容師はあなたにとって
理解してくれる美容師なわけですが

思ってたのと違う仕上がりになってしまったら
下手くそ美容師になるわけで

そんなのギャンブルとさほど変わりません 苦笑
(お互いに)

 

 

なので目で見てわかる画像を
持っていったほうが
互いの”イメージの共有”というものが
手っ取り早く済ませられるわけです

 

もちろん髪質頭の形毛量
同じ人なんていませんので
その画像通りになるわけがないのですが
大きく外す事はなくなるでしょう

髪の毛に何か問題を抱えている方の
どうせ画像もっていってもそれにならないし。。。
と、いじけてもっていかない気持ちもわかりますが
(僕もそうでした w)
好みを知るうえでは参考になるし
逆にこーなりたくない画像なんかもいいと思いますので
持っていくことをオススメします

 

誤解を恐れずにいうのであれば
要するに、画像を持っていって
余計なことは言うな!
ということです 苦笑

もちろん要望や好みなどは言うべきです

 

画像をもとに
この辺はもう少しこうがいい。
このスタイルのこの辺が好き。
または、こーゆーのは嫌い。とか

 

ここで言う余計なこととは

・表面を長くしてください
・内側をすいてください

といったヘアスタイルを作る上での
“プロセスへの口出し”です

 

 

偉そうに!何様だよ!?
との感想はごもっともかもしれませんが

だってあなたは表面を長くしたいわけではなく
やりたい髪型があって
それを再現するために表面を長く
と考えているわけで

“表面長く”はあくまで
目指す髪型を作るためのプロセスなわけ

 

しかしですよ

さっきも言いましたが
実際は人それぞれ髪質も違えば
顔の形も生え方も違いますから

やりたい髪型の画像を
持ってきていただいたとして
見たまんまそれ通りに切ったとしても(表面長く)
全くそれと同じ髪型になるわけないのですよ

 

 

もちろん努力はするし
理想に近づけるのが
美容師の腕の見せどころですから

あなたの頭でこのスタイルにするには
(要望を叶えるには)どう切れば良いのか?
思考することが必要なわけで

みんながみんな表面を長く切ったら
それになれるわけないのです

 

何が言いたいかというと
髪型や好みの要望は画像を通りして
美容師に伝えるべきですが

それを作るまでの手段、プロセス
今回で言うところの表面を長く
そーいうことは言うべきではない

ということです

 

 

何度も言うけど
頭が違えば画像通りに切っても
その通りになるわけがないから。

 

大事なのは、やりたい髪型や要望を
あなたの頭に当てはめて
美容師が考えることであり
表面を長くすることではないわけです

 

そこで、”表面長く”という
縛りができてしまったら
やりにくいったらありゃしない 苦笑
(美容師の人には共感いただけるかとw)

 

ということでちょー簡単にまとめると

画像を持っていって
余計なことは言わない

ということです w

 

偉そうに感じたら申し訳ございません。
なのですが、知っておくべき
変な頭にならないための秘訣でありますよ

 

【皆が知らない】美容室で似合う髪型や満足が手に入るとっておきの秘訣を伝授

ボブにしたいときのやってはいけないオーダーはこれ!【変な頭確定】

パーマのオーダーで言ってはいけない【禁句ワード】はコレ


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です