パーマのオーダーで言ってはいけない【禁句ワード】はコレ

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

このブログで幾度となく

美容室でのカウンセリング時に
髪型やどうなりたい、どうなりたくないなどの
希望は伝えるべきですが
『髪の毛の毛量は指定するな』
ということをお伝えしています

変な頭が確定する?!美容室でやってはいけないオーダー【まとめ】

 

特に縮毛矯正をするのなら
すいてください(毛量の指定)なんかは禁句

それには

・クセが均一にキレイに伸びない
・縮毛矯正のもちが悪い
・自然な縮毛矯正ができない
などの理由があるわけです

しかしコレって
クセを伸ばす縮毛矯正だけではなくて
動きを出すパーマでも同じこと

 

量が多いのですいてくださいとか言っちゃうと
だいたい毛先ペラペラのスッカスカのパッサパサ 苦笑

ヘアスタイルにすらなることはございません

 

ケーススタディ

 

 

ご覧の通り毛先がスッカスカ。。。

この数カ月前にパーマされたらしいのですが
動きが出にくいとのことで
僕が思うに原因は”カット”

 

どんなカットかというと「ワンレングス」
って感じに切られてるわけですが
まずワンレングスってのは
全部が同じ長さのカットです

 

ぶっちゃけ動きを出すパーマには
1番不向きなカットです 苦笑

なぜなら段差などが一切入っておらず
最もまとまりが良く
動きが出にくいカットですからね

 

パーマって動きがつきやすいカットをした上に
かけるからカールが活きるわけで
動きが出にくいカットの上にパーマしたところで
動きはしないし、むしろ変なクセになるだけ 苦笑

 

要するにパーマで動きを出すには
レイヤー(段さ)は必須なわけです

にもかかわらずレイヤーは入れずに
ワンレングスで無理やり軽さを出すために
必要以上にすきまくるられている状態。。。

前回の美容師さんは
どういった理由でワンレングスに切ったのか
僕には理解できないのですが

動きが出にくい
ワンレングスのカットがベースにあるので
そんなんいくらすいて軽くしても
パーマは出にくいし

すきすぎているとカールを形成できないし
パサつきやすいですよ

結果、軽いけど
パーマが出にくいヘアスタイル。。。

 

こういう状態の方って
「長さは変えたくないけど軽くしたい」
こんなオーダーを
されている方に多く感じます

 

お客様の「軽くしたい」の真意は
とにかくセットを楽にしたかったり
軽い雰囲気のスタイルにしたかったり
文字通りとにかく量を少なくして欲しい
など色々あると思うのですが

ぶっちゃけすくことで得られるのは
『量が減って軽く感じる』ってことだけで
セットが楽になるとは限らないし
すきまくったら、そもそもお求めのスタイルに
なったりしないわけです

 

だからやっぱり
「すいてください」「軽くしてください」
などのオーダーは危険なわけです

 

そんな事よりもあなたが伝えるべきことは
”やりたいヘアスタイルや髪の毛の悩み”であり

すくすかないは
その要望や悩みをうかがったときに
美容師が判断するべきもので
偉そうかもしれませんが
あなたが決めることではありません 苦笑

 

一応僕も含め
美容師って一生懸命練習や勉強をして
技術を学んだプロですから

そのやりたいヘアスタイルや悩みの改善は
どうしたらできるか?ってことを
考えてくれると思います

 

 

 

 

パーマで楽にセットできるように
したいとの事でしたので

パーマが活きるようにしっかりと段差をつけて
再度パーマもさせていただきました

1度濡らして
スタイリング剤つけて自然乾燥でいいので
楽にパーマ出せると思います

 

もちろん僕が全て正しいなんて思っておりませんし
美容師それぞれに
考えた方や価値観がありますからね

あなたが信頼できる人の言葉を
信じましょう

 

しかし
すいてください、軽くしてくださいって
オーダーする方の髪の毛って
総じてスカスカのパサパサで
さらに悩みを深刻にしていることは
紛れもない事実ですから

どうかお気をつけくださいませ

 

「量が多いのですいてください」ってオーダーすると変な頭が確定する理由


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。