縮毛矯正とカラーどっちを先にやるべきか?の最適解

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「縮毛矯正とカラーを考えているのですが
その場合どちらを先にやった方がいいですか?」

これは良くある質問の1つ

つい先日もこのブログを読んでくださった方から
その質問があったこともあり
今回はこれにお答えしていきましょう

 

縮毛矯正とカラーを考えている人はもちろんのこと
もしかしたら
まだやり方や価値観が凝り固まっていない
若手美容師の方にも参考になる記事かもしれません

 

映えだ。てぃっくとっくだ。言ってるこのご時世

時代錯誤も甚だしい
長ったらしいほぼ文章のこのブログを
若手美容師が読んでいるとは思いませけども。。。 苦笑

 

縮毛矯正とカラーどっちを先にやるべきか?の最適解

「縮毛矯正とカラーどっちを先にやった方がいいですか?」

まず、この質問をすると9割の美容師が
思考停止で縮毛矯正が先ですよ♩
と言ってくるかと思います 苦笑

 

理由はカラーした後に縮毛矯正をかけると
”色が落ちるから”

 

確かにそれは事実であり
若干の色落ちは考えられるでしょう

なのでカラーの色味にこだわりがあり
なるべくその色をキープしたいのであれば
その9割の美容師が言う通りに
縮毛矯正を先にしてカラーをおこなうべきでしょう

悩む余地なし

今すぐにこのブログをとじて
先に縮毛矯正をかけに行ってください w

 

しかし、色が落ちるからと
思考停止でカラーを後にするのは
いかがなものかと僕は思うわけです

 

なぜなら、カラーの後に縮毛矯正をして
カラーに不具合が起こるなら

縮毛矯正の後にカラーしても
縮毛矯正に不具合がないのかといったら
そんなわけないからでありますよ

 

ということで、あなたが少しでも

・縮毛矯正のクオリティを求めたい
・なるべくダメージを少なくしたい

そんな想いがあるのでしたら
読み進めることをオススメします

 

例えば良くあるこんなパターン

前回の縮毛矯正から約4ヶ月
カラーしてから2ヶ月としましょう

髪の毛はこんな感じ

 

 

矯正かけてから4ヶ月経ってますから
根元のうねりがでてきております
(ピンクがカラーしてるところ)

わかりやすく番号をつけてみると

①縮毛矯正がかかっててカラーもしてる
②カラーだけしてある
③何もしてない

するとそれぞれ
ダメージ具合が違いますから
本来、使用すべき薬剤は①②③の場所ごとに
それぞれ変わってきます

 

ものすごく簡単に説明すると

ダメージがない髪の毛(③)には強い薬
少しダメージしてる髪の毛(②)には中くらいの薬
強くダメージしてる髪の毛(①)には弱い薬(またはかけない)

って具合に薬剤を選ぶわけです

(別にダメージが少ないからといって強い薬剤使わないこともあるし
もっと色んな要素を複合的に考えるわけですが、ちょー簡単に言うと)

今回の場合はクセが出ている②と③に
縮毛矯正をかけたいので
②と③にそれぞれあった薬剤を使用するべきでしょう
(低ダメージな施術のために)

しかし
正直それが困難なわけです。。。

 

というのも

前回の縮毛矯正から4ヶ月ということは
だいたい4センチくらい伸びいてるわけで
すると②と③はそれぞれ2センチくらいでしょう

そして縮毛矯正って(今回の理由は割愛しますが)
頭皮から1センチくらいは薬剤をつけないのが通常です

 

ということは1〜2センチ単位の幅で
薬剤の塗り分けをする必要があるわけですよ

で、そんなのぶっちゃけ現実的ではありません 苦笑

 

もしできたとしても
細すぎる作業ゆえに時間かかりまくって
矯正で5万円以上はもらわないと
ビジネスとしてが成立しないし w
薬剤の放置時間にも大きなムラができる

 

では美容師はどーしているかというと
塗り分けはせずに
新しく生えてきた髪の毛のクセが
しっかり伸びるような薬剤を選定します
(伸びないと困るので)

 

③のダメージしてない髪に合わせた選定です
(強めの薬剤)

するとどうでしょう

カラーの履歴があり多少痛みのある②の髪は
本来、中くらいの薬剤でも十分なのに
③のダメージしていない髪の毛に合わせた
強めの薬剤でかけられてしまったわけです

 

要するに
無駄なダメージを負うってことでありますよ

 

しかしそんなとき
カラーを先にしていたら?(リタッチ)

①縮毛矯正がかかっててカラーもしてる
②カラーだけしてある
③カラーだけしてある

②と③の髪の毛の条件が同じになるわけです
(ダメージ具合が近づく)

 

ということは
現実的ではない細かい塗り分けをすることなく
②のクセが伸びるであろう
中くらいの薬剤で①も施術ができるのです

 

ややこしすぎる説明で
もはや誰も読んでる気がしませんが
(これでも頑張ってるんです 苦笑)

 

カラーを先にして条件を同じにしてしまった方が
ダメージ的観点でみれば有利なわけです

 

ちなみにこっちの方がダメージ少ないってのは
自信を持って言えるのですが

この手法をとったからといって
”人生変わるくらい劇的に”
髪の毛が変わるわけではないですよ?w

 

下手したら1回の施術で
違いがわかることでもないかも知れません。。。

しかしこーゆーのってチリツモだし
髪の毛は痛んだら何しても治ることはありませんから
なるべく痛むようなことは極力避けるのが
美しくなるためには大切な考え方と思うのです

 

コンビニのATMの”現金引き出し手数料”なんて
たかが知れてるかもしれませんが
毎月引き出してたら
数年後には高級ディナーいけちゃうような金額ですよ

良くわからない例えですが
つい最近コンビニで現金引き出したら
いつの間にか手数料が300円になってて
キレそうになったので。。。苦笑

 

ということでまとめると

「縮毛矯正とカラーを考えているのですが
その場合どちらを先にやった方がいいですか?」

の答えは
あなたはどちらを優先したいですか?

というシンプルな答えです w

 

でもそれが最適解

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。