パーマかけたけど乾くとボサボサになっちゃう方必見の【今すぐできる対処法】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

パーマかけたら
ボサボサになってしまいました

こーいったお悩みをお持ちの方は
非常に多いと思いますし、実際に

パーマかけたらボサボサになってしまいました
どーにかしてください
といった方がいらっしゃることも少なくありません

 

そしてこんな記事を読んでいるあなたも
パーマしてボサボサになっちゃて
わらにもすがる思いで
情報収集してることと思いますので

そんなあなたのために
今回は今すぐできる
パーマのバサバサをどーにかする方法を伝授いたします

 

パーマかけたけど乾くとバサバサになっちゃう方必見の【今すぐできる対処法】

 

まずパーマによりボサボサになっちゃう理由ですが
2つあります

 

パーマでボサボサの原因1

1つ目は
そもそもパーマをかけてはいけない髪の毛に
パーマをかけてしまった場合です

美容の技術に万能な方法なんてのはありませんから
かけてはいけない髪質や
かけてはいけないほど痛んだ髪の毛って場合
どーかけてもボサボサになります 苦笑

 

例えば、広がりやすい髪の毛に
パーマしたらさらに広がるのは当然だし
(ボリュームのでる技術なので)
あまり痛んだ髪の毛って
パーマが美しくかかる理屈がありませんから
かけるという選択をした時点で
ボサボサ確定でしょう。。。

 

美容師のパーマが上手ければ違うのではないか?
薬剤が優れてればキレイにかかるのではないか?
都内の高級サロンに行けばかかるのではないか?

と、思う方もいるとおもいますし
確かに技術の差は、美容師ごとにあるわけですが
やはり髪質や髪の状態により
仕上がりのクオリティは、ほぼ決まります

 

なので、個人的には
パーマの上手い美容師って
技術力があるというより
パーマをかけて大丈夫かの判断力がある人だと
思ってるくらいです

 

その判断ができない美容師
もしくはあなたの髪より私の売上って美容師によって
ボサボサヘアーが作られるわけですから。。。

 

パーマでボサボサの原因2

そして2つ目が
ちゃんとスタイリングしないって場合です

インスタや雑誌のモデルのパーマスタイルをみて
パーマかければ自動的にそれらのスタイルになれる
って勘違いしてる方もいらっしゃるのですが

残念ですけど、そんなことありえません 苦笑

 

そもそもそれらの写真はゴリゴリに
プロがスタイリングしてるわけですから
ゴリゴリにスタイリングしないと
それになれるわけないのですよ。。。

 

パーマをかければ、何もしなくてよくなる
なんてのは夢物語で
ちゃんとスタイリング剤を使って
スタイリングする必要があります
(楽になる方も多くいますが)

 

このブログでは散々お伝えしているのですが

パーマをかけたのに
スタイリング剤を使わないのって
車を持ってないのに駐車場契約するぐらい
意味ないですからね。。。 苦笑

 

パーマってそもそも、何もしないと
ただ広がるクセ毛みたいになりますからね
ボサボサです

 

例えばこちらの方

 

 

パーマかけてますけど
何もしないとこんな感じ

だれがどう見てもボサボサです w

 

 

ということで
肝心の解決策なのですが
上の2つの原因のいずれにせよ

 

 

ドライヤーで乾かさない
(パーマ部分)ということです

 

なに言っちゃてんのこいつ?
ドライヤーはセットの基本でしょ 

って思う方がほとんどかと思いますが
乾かすからボサボサになるんですよ 苦笑

 

実際にご自身の髪の毛を見ていただきたいのですが
濡れてる時は
ちゃんとカールやウェーブになっていませんか?
んで、乾かすとボサボサになってきてません?

であれば、乾かななければ良いんです 笑
なんてシンプル。。。

 

乾かさないと痛むは嘘?!

 

乾かすな。なんていうと
痛むじゃないか!って反論がきそうなので
お伝えするのですが

もちろんドライヤーでしっかり乾かすのは
ヘアケアの基本中の基本ですが、それは

”髪の毛は濡れている時の
摩擦によるダメージを受けやすい”
からなわけで

濡れたまんま寝たりしては
枕や髪の毛同士の摩擦が起こりますよね?
ってことで、しっかり乾かして
おやすみになって欲しいわけです

 

なので、少しわかりにくいかもしれませんが
髪の毛は乾かさないから痛むのではなく
乾かさないで寝るから痛むのです

 

不可能かと思いますが
濡れたまんま座って寝れば
もしくは寝なければ
摩擦は起きないので痛まないってことです 苦笑

 

なので、寝る前はドライヤーは必須ですけど
朝のスタイリング時にはそんなことないわけですよ

 

ただ、ドライヤーをかけた方が
髪の毛のまとまりも良くなるしツヤも出ますから
スタイリングとして
ストレートスタイルの人はドライヤーは必須です

しかしパーマスタイルの人は
パーマかけた時点で、動きが欲しいわけで
まとまりやツヤは放棄してるようなもんですから
セット時にドライヤーは必要ないですよね
って話なわけです

 

そもそもパーマのスタイリングの基本は
1度濡らしてスタイリング剤つけて自然乾燥
ですからね
(デジパー以外は)

 

パーマのセットは【自然乾燥】が基本中の基本!!

 

パーマをかけたけど
ボサボサになってしまう人は
朝1度濡らしてから毛先のパーマ部分は乾かさずに
スタイリング剤をつけて自然乾燥させてみてください

 

ちなみにさっきの方は
こんな感じになります

 

 

ドライヤー乾かしたのは
根元から中間のパーマがかかってない部分

それ以外はスタイリング剤つけて自然乾燥ですが
ちゃんとしたパーマスタイルになってるかと思います

 

ちなみにちなみに
スタイリング剤流さないトリートメント
混同してしまってる方も少なくないのですが
スタイリング剤というのは

ワックスやムースなどの
セット力のあるもののことです

 

流さないトリートメントってのは
摩擦防止などのダメージ予防って
意味合いが強いですから

パーマのセットに使うものではありませんので
スタイリング剤を使うようにしましょう

 

 

誰でも簡単にわかる!スタイリング剤の種類と選び方!

自分に合ったスタイリング剤がわからない方必見の簡単なスタイリング剤の選び方!?

 

 

と、パーマのボサボサの今すぐできる対処法
書かせていただいたわけですが
当然ボサボサ具合にもよるわけで

例えばこんな感じの

 

 

ボサボサというかもはやチリチリ

またはソバージュみたいになっている場合は
どーにもできないですから
残念ですが切ることをオススメします。。。

トリートメントとか無意味ですし
そもそもヘアスタイルになっていない

 

そして今すぐには出来ないかと思いますが
どうしてもパーマのスタイリングが
うまくできないのであれば
パーマを落とす選択肢を考えてもいいかもしれません

 

その場合、薬剤や熱を使ってパーマを落として
ストレートスタイルのしていくわけですから

多少なりともダメージはするのですが
現状がどうしても無理なのであれば
落としちゃった方が良かったりしますよね

 

とはいえ上のチリチリヘアーの方のように
なってしまっている場合は
さらにチリチリになる可能性もなくはないので
やっぱり切ることをオススメします

 

あと自分で市販の薬剤で落とすことだけは
やめましょう

取り返しのつかないこともあり得ますからね。。。

 

こちらの記事も必読

↓  ↓  ↓

【絶望しているあなたへ】パーマで失敗したときの対処法まとめ

【パーマ落とし】デジタルパーマの失敗でゴワゴワ頭の修正施術例

パーマしてバサバサになってしまった時の現実的対処法?!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。