【パーマ落とし】デジタルパーマの失敗でゴワゴワ頭の修正施術例

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて、

デジタルパーマといえば
比較的コテで巻いたよう動きや
大きいカールをつけることが
可能な技術であることを
ご存知の方も多いでしょう

しかし、「デジタルパーマが美しくかかる条件」
というのは知らない方も多いはず

 

てか知らなくてもいいのですが
(知っておいた方がいいけど)

・健康な髪の毛
・物理的に正しいカット
・パーマの知識

美しくデジタルパーマをかけるためには
これらが必須です

どれかが欠けてもいけません

 

美味しいチャーシュー麺を作るには
チャーシューと麺とスープが必要で
どれかが欠けても
美味しいチャーシュー麺にならないのは
ご理解いただけますよね

麺ががなければチャーシュー汁。
チャーシューがなければ
ただの殺風景なラーメン。

スープがなければ
汁なしチャーシュー麺
それはそれでありか。。。w

 

別に必要でもない
よくわからない例えですが
要するに

・健康な髪の毛
・物理的に正しいカット
・パーマの知識

これらの条件を無視して
パーマをかけるとこんな頭が完成するわけです

↓ ↓ ↓

 

 

こちらの方は
約1週間前にパーマして
スフィンクスのようなシルエットに
なってしまわれたお客様。。。

カールも出ないしゴワゴワの広がりまくり
これはヤバいと色々調べてこのブログにたどり着き
助けてくれ。とご来店いただきました
(写真ではそこまで酷く見えませんが
あなたが思っているゴワゴワ×3くらいゴワゴワ 苦笑)

 

まず、”美しい状態”とは
個人が定義することだと僕は思っているので
スフィンクスみたいなシルエットが好きなら
それはそれでいいと思うし
他人がどーこーいう問題でもないと思うのです

また、美容の技術に正解はありませんから
僕がこのブログで言ってることが
全て正しいとも思っておりません

なのでこれから、この頭を作ってくれた美容師さんを
ディスっていくわけですが
あくまで僕が個人的に思っていることであり
攻撃をする主旨ではないことは
ご承知おきください 苦笑

 

【パーマ落とし】デジタルパーマの失敗でゴワゴワ頭の修正施術例

 

まず初めに
なぜゴワゴワになってしまったかというと
先ほど言った通り
パーマがキレイにかかる条件を
満たしてないのにかけたからです

上手い下手じゃなくて。。。

 

正直申しますと
お客様の髪の毛は縮毛矯正の履歴もあり
健康な髪の毛とは言えない状態。。。

その状態のパーマは
ラーメンでバンジージャンプするくらいの
勇気と覚悟が必要ですよ
(僕なら無理)

てか勇気ふりしぼっていただいても
失敗したらお客様に被害が及ぶだけですから
迷惑でしかありません 苦笑

 

そしてカット。

偉そうにいうわけではありませんが
これまた物理的に正しいカットとは
言えないでしょう

なぜなら
まるで段差が入ってないわけですよ

 

パーマで髪の毛に動きをつけたいって言ってるのに
ボブみたいな最も動きが出にくいヘアスタイル。。。

そこに無理やり動きをつけようと
すきまくって軽さを作っているのですが
これってパーマの知識に乏しい美容師が
良くやりがちな失敗です

 

僕は、特別カットが超絶上手い
とかいうわけでもありませんし
パーマの知識も自慢できるほど
多いわけでもありませんが

変なカットや変なパーマかどうかの判断はできます

 

今回のお客様の髪の毛は
明らかにすきすぎであり

すきすぎれば、毛先がペラペラになるわけで
そんなのパサつくし広がるし
パーマかけようと
美しくカールがつくわけないんですよ

 

 

・健康ではない髪の毛
・物理を無視したカット
・おそらくパーマの知識が乏しい

申し訳ありませんが
こんなん失敗しかないですよ 苦笑

 

 

・健康な髪の毛
・物理的に正しいカット
・パーマの知識

これらの
どれかが欠けてもダメだって言ってるのに
全てが欠けちゃってるわけで

チャーシューも麺もスープもないのに
どーやってチャーシュー麺つくんねん
って話なのです

 

ということで、どーにかするしかないのですが
パーマ部分を切り落とすのが間違いないわけですが
そしたらショートですから
切りたくない人からしたら絶望しかありません。。。

お客様としても
なるべく長さは残したいようでしたので
そしたら”パーマを落とす”しかございません

 

しかし、これまた注意が必要で
”パーマ落とし”って、また薬剤塗って
弱い縮毛矯正みたいなことするわけですから
下手したらゴワゴワがチリチリになります 苦笑

 

ちなみに今回のお客様
パーマしてゴワゴワになって
その美容師さんに相談したところ
「トリートメントストレート」
パーマを落とすこともできる

とのことだったらしいのですが
トリートメントストレートってなんやねん?!
トリートメントで
ゴワゴワパーマがなくなるわけねーでしょ?!

という話で
間違いなく薬剤つかっていくわけですよ

その手段が悪いわけではなく
(薬剤使うしかないわけで)
「トリートメントストレート」
という表現を使うのが個人的には信用ならない 苦笑

そんなところには
近づかない方が賢明です

選ぶのはあなたですけど

 

 

 

乾かしただけ

毛先の動きは少し残しつつ
広がるパーマは落とさせていただきました

スフィンクスシルエットもイケてなかったので
段差をつけて
多少まともなヘアスタイルにも
なったのではないでしょうか

すきすぎによるペラペラ感は
まだ少し健在ですが、徐々に整えていけば
もっとキレイになると思います

 

ということで今回は
”パーマ落とし”をさせていただいたわけですが

それは不幸中の幸いでゴワゴワでしたが
まだ髪の毛に余力の残ってる状態だったから。

 

残念ですが
デジタルパーマでビビり毛とか言われる
チリチリの状態になってしまった髪の毛は
治す方法は基本ありませんから
切ることをオススメします

 

市販のストレートとかやっちゃって
もっとヤバい状態になる前に
まずはご相談ください

 

というかまずは
パーマで失敗しないことが大切だけど。。。

 

【失敗する前に読みたい】デジタルパーマを美しくかけるための2つの必須条件!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です