パーマかけたのに乾くとカールがなくなるのは当たり前!!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容師をしていて良くあることの1つに

お客様『パーマかけてください』
美容師『いやいや。。全然パーマ残ってんじゃん』

ってのがあります

 

確かにご来店時は
パーマなくなっちゃったかな?

って感じでも、1度濡らしてみると
全然カールが残っているわけです

 

お客様も「濡れるとカール出るんだけどね~」
とか言ったりするのですが

それってのは
当たり前の話なのであります

なぜならパーマはそういうもんだから!! 苦笑

 

濡れているときにカールが強く出て乾くとカールが弱くなる

 

実はこれはパーマの原理原則なわけで

「濡れるとカール出るんだけどね~」
ってのは当然の話

 

濡れてるとカールが出るけど
乾くとなくなるのは
パーマがかかってないわけでも取れたわけでもなく
パーマってのはそーゆーもんなのです 苦笑
(美容師も先にそれ言えよ!という話ですが。。。)

この”タバスコ”辛いんですけど!
って言われても
タバスコってそーゆーもんですから
嫌ならかけないでくださいって話なわけです

 

ではどうしたら良いのかというと

パーマしたら朝濡らしてください

というシンプルな話。。。

 

そしたらカールが出るわけですから
そこにセット剤をつけて形を固定してください

 

方法はコレしかないし
てかこれがパーマのセットの基本

それをしたくない。できない。のであれば
パーマなんてかけるべきじゃないわけです

嫌味とかじゃなくて
パーマってそゆーもんで
だって乾いたらなくなっちゃうんだから。。。 苦笑

 

パーマしたのに
濡らしもしないしセット剤も使わないんじゃ
意味ないです

DVDプレーヤー持ってないのに
DVDレンタルしてくるのと同じくらい意味ないです 笑

 

 

確かにパーマかけて2カ月もすりゃ
髪の毛は伸びてくるので重たくなります

するとパーマが出にくい状態にはなりますけど
パーマは残っていることがほとんどでございます

 

【閲覧注意】パーマかけたけどスタイリング剤を使いたくない方へ説教します

先日のお客様

 

 

例のごとく
パーマが出ないから
パーマをかけてってことだったんですが

パーマかけてからまだ3カ月とのことで

濡らしたらやっぱりカール全然残ってたので
今回はカットとカラーのリタッチだけ
させていただきました

 

 

 

濡らしてセット剤もみこむだけですけど
まだまだ動きを出すことは可能かと

 

もちろん美容師によってはかけてと言われれば
パーマが残っていようがかけてくれると思います

そういったことを繰り返していくと
いつの間にか髪の毛バサバサ
パーマもキレイにかからなきなってきた。。。
気がついたらチリチリ

なんてこともありますからね

 

というか、乾くとなくなっちゃうから
ってことで再度かけるってことは
もっと強く(細かく)かけることになると思うのですが

強くかけようが乾いたらまたカールはなくなるし
当然キレイに動いたりせずに
ぶっちゃけ、もれなくパッサパサの
頭が完成しますよ。。。 苦笑

 

ということで
パーマをかけたのに乾くとカールがなくなっちゃうと
感じているのであれば
もう1度濡らして
カールがある状態にスタイリング剤をつけるように
心がけましょう

 

またはデジタルパーマ
ご検討ください

 

デジパーは普通のパーマと違って
逆に乾くとカールが美しく出るパーマの種類

通常のパーマに比べると
薬剤と熱を使ってかけていくパーマになるので
ダメージが大きい

そしての機械を使うのと
時間と手間がかかるので多少高額になるのですが
形状記憶パーマとか比喩されたりしますから

乾くとカールがなくなっちゃうと
お嘆きのあなたにとっては
良きパーマかと思います

 

↓  ↓  ↓

デジタルパーマまとめ


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。