【絶望しているあなたへ】パーマで失敗したときの対処法まとめ

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

この記事を読んでいるあなたは
まさに今、パーマを失敗されて
わらにもすがる思いで
パーマ失敗の対処法の情報を
集めてることと思います

 

しかしご安心ください

この記事さえ読めば
どのトリートメントを使えばいいの?
なんてことに、もう悩む必要はございません

 

パーマの失敗の正しい対処法が
ご理解いただける内容となっておりますので
ぜひ参考にしてみてください

 

【絶望しているあなたへ】パーマで失敗したときの対処法まとめ

 

パーマの失敗って

・かかりが弱い。強い。
・思ってたのと違う
・広がりまくる
・バサバサのボサボサ
・チリチリ

などなどあるかと思いますが
失敗の仕方によって
とるべき対処法が違いますから
それぞれ見ていきたいとおもいます

 

かかりが弱い。強い。

これに関しては基本的に
パーマかけた美容室に連絡すれば
かけ直したり、パーマを少し弱めてくれたり
してくれると思います

行くのめんどくさいし、また薬剤使うので
少なからず痛みが増すわけですが

かかりが弱い場合なんかは
そもそも薬剤の浸透があまかったから
なわけですから
そこまで、ダメージの心配はいらないかと思います

 

とはいえ、痛みゼロではないし
そもそも一発でキメるべきだし
それがプロというものかもしれませんが
プロもプロである前に、人間ですから
失敗することもなくはありません
(その確率が低いのが一流というやつ)

なので、少しかかりが弱い。強い。
といった失敗は
多少は許容していただきたいのが
美容師の本音です 苦笑
(失敗していいとか思ってないし、しない方がいいし、
迷惑かけて大変申し訳ありません。なのですが)

 

思ってたのと違う

これも良くある失敗のひとつ

いくら美しくパーマがかかっていても
お客様の好みでなかったり
想像と違ったら失敗でしょう

しかしその場合
そもそも求めてるスタイルが
パーマでは再現不可能な場合がほとんどで
そんなときはどーにもできません

パーマではできないスタイルなので。。。
巻いてください 苦笑

 

残念ですが、パーマをかけるという選択の時点で
失敗確定ですから
かけた美容師を恨んでください

または、美容師からの
「思った通りにならないですよ」
という提言があったにもかかわらず
かけてくれとお願いしたのであれば
反省してください 苦笑

 

例えばインスタでよく見る
映えちゃってる動きのあるヘアスタイルとかって
ほぼコテで巻いてるスタイルですから
パーマでそれを目指すと
だいたい思ってたのと違うスタイルになります

また、パーマをかけたら”スタイリングしなくて良い”
って勘違いされてる方も少なくないのですが
そんなわけなくて
ちゃんとスタイリングしないと
思ってるようなヘアスタイルになれるわけないんですよ

 

てか、「こんな感じにしてください」と
お持ちただいた写真のヘアスタイルは
スタイリングしてそれになってるわけですから
スタイリングしなけりゃそれになれるわけないのです

 

”髪質”というパーマをかける前提も
人それぞれ違うんだから
ある程度頑張ってスタイリングしないと
思ったヘアスタイルにはなりません

 

とはいえ、もうかけてしまったのなら仕方ないし
もちろんパーマで再現可能なスタイルを
ご希望だったのにも関わらず
まるで違うじゃん。。。ってこともあるでしょう

そんな時は、単純に美容師の失敗であり
対処法としては

・我慢する
・パーマを落とす
・切る

の3つの方法になります

 

ちなみに思ってたのとまるで違う場合は
かけ直したりしない方がいいですよ

おそらくカットの時点でまるで違うので
かけ直したところで
仕上がりは、またまた
まるで違くなること間違いなし

そして
・広がりまくる
・ボサボサのバサバサ
って場合も、同じく
かけ直すとか考えない方がよろしいでしょう

 

かけて広がりまくりのボサボサのバサバサって
その場合も、そもそもパーマをかけてはいけない
髪質や髪の毛の状態にも関わらず
かけてしまったことと思いますので
もう一度かけても
100%と言っていいほどいい結果は望めません

むしろ悪化するだけ 苦笑

 

そして多くの方が頼りがちな“トリートメント”

これもたいしてパーマの失敗の解決には
貢献してくれません。。。

 

だってトリートメントって
髪の毛の手触り良くしたり
まとまりを良くするもので
かけたパーマの形状を
どうにかしてくれるわけでもない。。。

パーマで痛んだ髪を
直す効果もまるでありませんから
パーマで失敗したときに
どのトリートメントがいいのかなって検討するのは
そもそも間違いと、言わざるを得ません。。。
(多少まとまりが良くなることはあると思うけど)

 

というか、パーマの失敗の対処法は
前記したちょっと強い。弱い。って失敗を除くと
基本さっきの

・我慢する
・パーマを落とす
・切る

この3つのどれかです
(それぞれ見ていくとかいったけど 苦笑)

 

我慢する

必要以上に雑にシャンプーしまくったり
毎日アイロンやブローで無理やり伸ばしまくれば
早く落ちるとは思うのですが
髪の毛に負担がかかるので控えていただくとして

パーマはそのうち落ちるものです

それまでヘアアレンジやスタイリングで
なんとかごまかして
パーマが落ちるまで我慢しましょう

という、まるで解決策になっていない提案 苦笑

 

なので現在の状態をどうにかしたいなら
パーマを落とす切るかの二択になるでしょう

 

パーマを落とす

思ってたのとまるで違う
パーマかけたら広がるんですけど
バサバサのボサボサなんですけど
どうしてくれんねん?!

という場合は
パーマを落とすことをオススメします

 

落とすってことは
また髪の毛に薬剤をつけることになるので
少なからず痛みは増すわけですが
パーマを落とすことにより
現状よりキレイに見えるならそーした方がいいでしょう

 

こんな感じに

パーマを失敗されるたった一つの理由と対処法【パーマ失敗の修正】

【パーマ落とし】デジタルパーマの失敗でゴワゴワ頭の修正施術例

 

その際に気をつけたいのは
髪の毛の状態次第では
余計にとんでもないことになる
ということです 苦笑

パーマしてチリチリになっちゃいました
なんて場合がまさにそれ

 

この状態をどうにかするのは
基本的に不可能ですからね。。。

無理に治そうとすれば
現状が可愛く見えるほどに
もっとひどいことになるでしょう

 

あまりに痛みがひどいようであれば
残念ですがもう一つの選択肢

『切る』を選ぶしかありません

 

パーマのかかってる位置が高かったり
髪の長さによってはショート〜ベリーショートに
なってしまう可能性もなくはありませんが
切らないことには
バサバサ状態が元に戻ることはないですからね

 

スタイリング剤やトリートメントで
多少誤魔化すことはできるかもしれませんが
美しい状態とは言えないでしょうから
切った方がいい場合が多いでしょう

 

 

パーマしてバサバサになってしまった時の現実的対処法?!

 

こちらの方も
無茶なパーマにより
髪の毛がご臨終されてしまっていましたから
美しく見えるために
切らせていただきました

 

まとめ

ということでまとめると

 

かけたパーマが少し弱い。強い。
って場合はかけ直してもらいましょう

普通の美容室なら
心良く引き受けてくれるでしょう

しかし
思ったのと、まるで違ったり
広がりまくったり、バサバサボサボサなのであれば
パーマ落としを検討してみてくださいね

その際に、あまりにダメージをおっているのであれば
パーマ落としも危険ですから
まずは、その判断が適切にできる美容師にお願いをし
無理そうなら、残念ですが切ることをお勧めします

 

ということです

ぜひ参考に

またはラインからご相談ください

相談は無料です


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です