パーマで【大きいカールができる絶対条件】と失敗しない方法?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

昨日の記事でも書いたのですが
髪の毛に”大きなカール”を求めてる方って少なくないと思います

 

大きいカールって曖昧だし、それぞれイメージするのは違うかと思いますが
コテで巻いた感じ
って言ったら伝わるかわかないのですが
例えばこんな感じ

 

 

 

そんなカールが欲しければ
昨日の記事の通りデジタルパーマが必須になるわけです

 

普通のパーマではいくらキレイにかかっても
基本的にスタイリング剤は必須だし
どうしてもパサついた雰囲気が出ることが多いです

しかしデジタルパーマであれば
大きいツヤのあるカールがスタイリング剤なしに再現できるので
その選択をすることは大事なのですが

実は。。。

そんなことよりももっと大事なものがあるわけです

 

 

それは

大きいカールを形成しつつキープできるだけの
髪の毛のハリとコシ

 

要するに、髪質や髪の毛の状態がパーマに対応できるのか?ということです

 

元の髪質やヘアダメージなど理由はそれぞれですけど
(基本的にこの2つだけど)
ハリやコシのない柔らかい髪の毛は
いくらパーマかけようがデロ~ンってしちゃって形をキープできません

 

これは残念ですが
パーマの技術とかのお話ではなく

パーマした形状をキープできるかのという
”前提のお話”になってしまうので
どうにか大きいカール作ってくれと言われてもどうすることも出来ません。。。

ルウもスパイスもないのに
どーやってカラーライス作れというのでしょうか? 苦笑

 

無理なもんは無理で

プラス料金のいい薬剤使っても無理だし
神業テクニック使っても無駄(そんなのないけど)
ダメージが抑えられる前処理剤使っても意味ないし
当然いかなるトリートメントしても
大きいカールなんて作れません。。。

 

てかそれを無視し、ハリやコシがない髪の毛に無理にかけると
大きいカールどころが細かいウェーブになったり
最悪チリチリですからね。。。

 

 

パーマで大きいカールが欲しかったのになんだか細かいウェーブみたいになってしまった方へ!

 

 

そんな場合はご自身でコテで巻くのが賢明な判断で
パーマなんてかけるもんじゃないのです

 

しかしその判断を素人が出来るわけないので
その正しい判断が出来る
あなたにとって信頼できる美容師を探すことと
その美容師が言うことを理解することが大事なことなのです

 

中には無理にかけちゃう美容師もいるので気をつけるべきだし
リスクを説明されたうえ
それでも、前はキレイにかかったとか言って、パーマかけてくれっていう方もいて
無理にかけて、案の定よくわかんない頭。。。それは自業自得 苦笑

 

ということで
大きいカールをパーマで作りたいのであれば
まずは信頼できる美容師を探してください

 

そして

こんな時はこんなパーマがいい的なことを
このブログで散々書いているので
そんなこと書いておきながらですが

 

素人が色々調べてパーマの種類とか知る必要ないのです 笑

 

結局は出来るか出来ないかの判断や
実際施術するのは美容師ですから
信頼できる美容師を探して、その美容師に要望などを伝えてあとは任せる

それがパーマで失敗しない方法です

 

 

パーマしてバサバサになってしまった時の現実的対処法?!

【パーマ失敗の修正】パーマでバサバサになっちゃう原因と解決法?!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です