パーマがかかりにくく取れやすいからキツくかけると後悔しかない理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

パーマがかかりにくく、とれやすいお客様が
よく言われることに
「しっかりめ。きつめにかけてくれ。」
というのがあります

実際に髪質的にかかりにくい
(または、かかる部分が少なくかからない)
方がいるのは事実ですから
そーおっしゃる気持ちもわかるのですが

基本的にはあまりオススメしていません

 

というのも
しっかり、きつくかけるということは
カールが細かくなるわけなのですが
まずそれってダサいです 苦笑
(個人的意見)

 

根元からガッツリかける外人みたいな
スパイラルパーマならいざしれず

 

普通のパーマをきつくかけると
多くの方が求める
雑誌やインスタに載ってる
ふわふわな感じとはかけ離れますし

そもそもかかりにくい人の
しっかりかけて。きつくかけて。の真意は
パーマのもちを良くしたい
だと思うのです

 

しかし、大事なのはパーマのもちというか
いい感じのヘアスタイルでいる期間の長さだと
思いますから
パーマのもちを良くするために
グリングリンにかけてダサい頭の期間を
過ごすのはいかがなものかと思うわけですよ

 

あくまで個人的に思うことですから
グリングリンにしたいのであれば
しちゃった方がいいとは思いますけど
もちを良くするためにキツくかけるのは
少し考えることをオススメします

 

ケーススタディ

 

 

こちらの方も
かかりにくく、とれやすい髪質のため
例のごとくしっかり、きつくかけてくれ
とのことなのですが

やりたいのはコテで巻いたようなカールなわけで
きつくかけたら巻いた雰囲気というか
昭和ヘアーの完成です 苦笑

 

なのでもちろん
もちが良くなるような工夫はさせていただきますが
変にきつくかけることはお断りさせていただきます
(きつくしたいならかけますが)

かかりにくい。とれやすい人は
残念ですが、それを多少受け入れて(取れやすいことを)
パーマスタイルを楽しむことをオススメします

パーマのもちを良くするために
グリグリの変な頭って本末転倒ですからね。。。

 

 

コテで巻いた風

ねじって乾かしてほぐしたらこんな感じなので
スタイリングは楽かと思います

とはいえ、必要以上にキツくはしていませんが
ちゃんとかかったので
すぐにとれることはおそらくないかと

 

それと余談ですが
パーマがかかりにくくとれやすい方に
よく言われることの1つに

「上の方からかけてくれ」ってのもあるのですが
それも基本的にオススメしてません 苦笑

頭の上の方からかければ
パーマが長い期間あたまに残るわけですから
この場合ももちが良くなると
お考えのことかと思いますが

これもやはり、外人みたいなグリグリの
スパイラルパーマじゃない限り
(またはショートのパーマ)
上の方からかけるとだいたい変になります

てか髪の毛は、重力で下に引っ張られますから
上からかけても上の方カールって基本出ないし
むしろ変なクセになって頭デカく見えがち。。。

上の方からカールが欲しいときは
ご自身で巻き足すことをオススメします

こちらを参考に

知らないと後悔する?!ロングのパーマの常識【上から大きいゆるふわカールは不可能です】

【上からゆるふわパーマ】をかけて失敗しないために知っておいた方がいい1つのこと!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です